イタリア遠征日記(ジュニアユースU-14)4日目

2018-03-31 11:00

イタリア遠征の4日目は、いよいよ大会が始まります。

朝はホテル周辺を散歩しました。
朝食を食べてから試合会場が近いため徒歩で移動しました。

予選リーグの1試合目は、Liventina Caltio(イタリア)です。
試合の立ち上がり、相手に少しボールを持たれて押し込まれ、シュートの処理のミスから失点をしてしまいます。
時間が経つにつれてボールを持つ時間が長くなりリズム・テンポも良くなりチャンスを作りますがシュートを決めれず、前半は0-1で折り返します。

ハーフタイムに修正を加えて後半に入り、早い時間に連続得点で逆転することができました。
しかし、またすぐにカウンターから失点し同点に追い付かれます。
同点に追い付かれてからもボールを動かし下がった相手を崩しにかかり、2点を追加できました。

結果は、4-2(0-1/4-1)得点者:廣永2、新田、藤原
初戦を勝利することができました。
試合の入り方やカウンターの対応に課題はありますが、自分達のスタイルを発揮し逆転で勝利につなげられたことは良かったと思います。


試合後に昼食をとった後、同じグループのEmpoli(イタリア) vs Santa Cruz(アメリカ)の試合を観戦しました。
明日は両チームとの対戦なので、よい準備をして試合に挑みたいと思います。


イタリア遠征日記(ジュニアユースU-14)3日目

2018-03-30 15:00

イタリア遠征3日目は、午前中は大会の会場本部のポルデノーネにバスで約4時間半の移動。

ホテルにチェックイン後にすぐにまたバスで移動し、伝統のあるクラブであるウディネーゼのU14とトレーニングマッチをおこないました。


昨日のACミランとのトレーニングマッチではもったいない試合をしてしまったので、修正、改善ができるよう、また、自分達のスタイルや拘りにもう一度チャレンジしようと試合に挑みました。


試合ではボールを動かすテンポもよく、主導権を握って試合を進めることができよい形で先制点を奪いました。相手の速い攻撃やシンプルな攻撃も昨日の反省を活かした守備で粘り強く凌ぐことができていました。

後半はこちらが少しパワーダウンしたことや相手もより圧力をかけてきて押し込まれることが多くなりましたが、全員で粘り強く守り、少ないチャンスから点を奪い合計2-0(1-0/1-0)で勝利することができました。


明日から始まる大会に向けてよい相手とよい内容の試合ができ、自信を持って大会に挑むことができると思います。良い結果と経験になるようみんなで戦いたいと思います。


イタリア遠征日記(ジュニアユースU-14)2日目

2018-03-29 09:00

2日目の3月28日(水)は午前中にトレーニング、午後はトレーニングマッチをおこないました。

午前中のトレーニングの様子です。約1時間、午後のトレーニングマッチに向けて汗を流しました。

午後からはイタリアの名門、ACミランのアカデミー施設でACミランのU-13とトレーニングマッチをおこないました。

20分×3本おこない、1-2、1-0、1-3の結果でした。
自分達のミスから、というより逃げや考えのないプレーからの失点を多くしてしまいもったいない試合になってしまったように思います。
イタリアに来た意味や、試合の中で何をしなければいけないのか、またはしてはいけないのかをもっともっと考えてプレーしなければ成長はないのだと感じました。
明日もトレーニングマッチがあるので、今日よりも成長できるように取り組み、よい状態で大会に挑みたいと思います。


イタリア遠征日記(ジュニアユースU-14)1日目

2018-03-28 22:00

ジュニアユースU-14チームは、3月30日(金)からイタリアのポルデノーネで行われる、「フランコガッリーニメモリアルトーナメント」に参加するため、3月27日(火)の早朝に徳島を出発しました。

関西国際空港からオランダのアムステルダムを経由して、イタリアのミラノ空港に無事到着しました。

到着後、宿舎までバスで移動し、宿舎に到着後すぐにトレーニングを行いました。
長旅のせいか少し体が重そうでしたが、明日のACミランとの練習試合に向けて汗を流しました。