Fan zoneファンゾーン

Vol.112 特別編 小西雄大/藤原志龍

vol.112 #33藤原志龍 × #32小西雄大『俺たちが徳島をもっと熱くさせる!』

徳島県で生まれ育った、小西雄大選手と藤原志龍選手。2人の“阿波っ子”が地元・徳島ヴォルティスでプレーし、徳島のために戦っている。

7月21日(土)J2第24節大宮アルディージャ戦は、「徳島県民デー」として開催される。徳島県人選手として10年ぶりとなるゴールを決めた小西。そして、史上最年少でトップチームデビューを果たした藤原。県人選手2人の「想い」を対談形式でお届けする。

まずはこれまでのサッカー歴をおしえてください。

小西雄大(以下:小西) サッカーを始めたのは小学校1年生の後半くらいです。きっかけは兄2人がサッカーをしていて、自分もサッカーをするのが好きになったので始めました。4年生からはプルミエール徳島SCでお世話になって、中学生からガンバ大阪ジュニアユース、高校もガンバ大阪ユースに行って、それからヴォルティスに入りました。

藤原志龍(以下:藤原志) 小学校1年生の時に幼なじみに誘われて始めました。小学校の間は北島FCに所属して、中学生の時に声をかけてもらってヴォルティスのジュニアユースに入りました。

小西 志龍がいた頃は、ヴォルティスのジュニア(U-12チーム)ってまだなかったの?

藤原志 なかったですね。でもスクールはあったので行っていました。

小西 僕もスクールには行っていましたね。1~2年くらいです。

ヴォルティスに入る前に、2人はどこかでお互いの名前を聞いたり、会ったりしたことはありましたか?

小西 僕は練習会や練習試合の時に、志龍の名前を知りました。

藤原志 僕の父がプルミエール徳島SCの関係者と仲が良かったので、会ったことはなかったですけど、雄大君の名前は知っていました。

お互いの印象はいかがですか?

小西 サッカーの面では、ドリブルが上手いし独特な雰囲気があって、他ではあまりいない選手ですね。サッカー以外ではかわいい後輩ですね。もう少ししっかりしてほしいですけど(笑)。

藤原志 トップチームの中でも、真ん中で堂々とプレーしているなと思います。僕から見るととてもしっかりしているなと思います(笑)。

ちなみに2人は仲が良いんですか?

小西 ぼちぼちです(笑)。

藤原志 こんな感じです(笑)。

サッカーの話に戻りますが、小西選手が5月12日の京都サンガF.C.戦で、徳島県人選手10年ぶりのゴールを決めました。藤原志龍選手の感想は?

藤原志 あれには鳥肌が立ちました。凄いなと思ったと同時に、悔しいというか自分もやりたかったなという気持ちでしたね。

10年ぶりというのは知っていましたか?

小西 僕は知っていました。

藤原志 僕は知らなかったです。

実際にゴールを決めた感想はいかがでしたか?

小西 10年ぶりということには、特別な感じはなかったです。(プロ初ゴールだったので)率直にうれしかったのと、ホッとしたという気持ちです。

藤原志龍選手は、2月25日ファジアーノ岡山とのJ2開幕戦でデビューを果たしました。その時の小西選手の気持ちはどうでしたか?

小西 悔しい気持ちはありましたけど、素直に凄いなと思いました。徳島ヴォルティスからそういう選手が出てくることは、また新たな歴史に名を刻むことですし、このままヴォルティスと言えば「藤原志龍」と呼ばれるような選手になってくるんじゃないかと思います。

デビュー戦の日は、他の選手からも声をかけられましたか?

藤原志 レオ君(大崎玲央選手)からは「デビューじゃん!」と声をかけられました。

小西 もっちゃん(大本祐槻選手)にベタ褒めされてたよな(笑)。

ピッチに入る瞬間は覚えていますか?その時の心境とか。

藤原志 緊張はなかったですし、やってやるぞとしか思っていなかったです。

小西選手は同じ所でアップしていて、藤原志龍選手の名前が呼ばれた時、びっくりしましたか?

小西 リカルド監督はそういう(いきなり起用する)雰囲気を出すので、(志龍を入れると)感じていました。とりあえずは、志龍より先に点を取ったので安心しています(笑)。

小西選手は中学校から大阪に移りました。徳島県を出たきっかけは何ですか?

小西 初めは外に行くつもりはなかったのですが、ガンバ大阪とヴィッセル神戸のセレクションに受かりました。どうするのか両親と話をした時に、その頃のガンバ大阪ユースには宇佐美君(宇佐美貴史選手)がいて有名でしたし、育成で評価されているチームでした。ガンバ大阪に行った方がより成長できるんじゃないかと思って決めました。

藤原志龍選手は県外に出たい気持ちはありましたか?

藤原志 怖かったので、県外という選択肢はなかったです(笑)。大学に行くよりもヴォルティスでそのまま(トップチームへ)上がれたらなという一心でしたね。

今、振り返ってその時の選択はどう影響を与えていますか?

小西 メンタルなどいろいろな面で鍛えられました。それに、上には上がいるなと思いましたね。上手い選手がたくさんいる中で勝ち取らないといけない競争を、ガンバ大阪時代に経験しました。それを乗り越えたからこそ、今ヴォルティスでプレーできているのかなと思います。

藤原志龍選手はユースに上がって、昨年プリンスリーグ四国で得点王になりました。そのほかプレミアリーグ参入戦など初めての経験をしましたが、良かったと思ったことはありますか?

藤原志 自由にやらせてもらったのが、良かったのかなと思います。今は直さないといけないところですが、ユースの時は楽しんでプレーできていました。だからこそ得点王になれたのかなと思います。

Jリーグ所属クラブの下部組織にいるからこそ、トップチームでできるメリットを感じますか?

小西 メリットはありますね。見ているのとやるのとでは全然違います。想像以上にトップはフィジカルが強いし、プレースピードも速いです。そういう体験から、ユースでやっている練習の質ではダメだと気づかされて、自分自身がレベルアップできるようになるんだと思います。

藤原志 僕も雄大君と一緒ですね。足りないことやできないことばかりだったので、ユースに戻ってから意識して練習したり、みんなに伝えたり、自分がプレーで示していかなくてはと感じました。

トップでの初めての練習は覚えていますか?

小西 覚えていますね。僕は練習試合で10分くらいしか出なかったですけど、試合の半分以上出たくらいに疲れました。身体能力も足りなかったし、いろいろな面でキツかったです。

藤原志 僕も最初に練習に参加した時は、めちゃくちゃキツかったですね。

ヴォルティスから声をかけられた時の気持ちはどうでしたか?

小西 めちゃくちゃうれしかったです。でも初めは変な気持ちでしたね。いつかは戻りたいと思っていましたけど、地元でサッカーができるとは想像していなかったので。プロ1年目からリカルド監督のもと、本当にいろいろな経験ができています。中盤も厚いですし、面白いサッカーもやりますし、ヴォルティスに来て良かったと思います。

声をかけられた時、迷った点はありましたか?

小西 迷いはなかったですね。即答でした。ヴォルティスしか受けていなかったので、ヴォルティスがダメだったらどうしようかと思っていたくらいです。

実際にトップチームに呼ばれた時の心境はいかがでしたか?

藤原志 ずっと目標だったので、素直にうれしかったですね。

地元でプレーするのはいかがですか?

小西 子どもの頃は想像もしていなかったですね。友達や家族が気軽に見に来られるのはメリットですし、自分も頑張ろうと思えますね。

藤原志 ずっと前からスタンドで見ていたので、ピッチに立てることはとてもうれしいですね。中学生の時は応援団に入って、上半身脱いで応援していました(笑)。

小西 僕が試合を見に行っていた時は、バックスタンドがまだ芝生でした。羽地さん(現:羽地登志晃ユース監督)がPKを外したのを覚えています。

当時、印象に残っている選手はいますか?

小西 羽地さんを一番覚えていますね。

藤原志 ドゥンビア選手がとても印象に残っています。あとは(内田)裕斗君が出ている時はスタンドで観戦していて、「うまッ!」って思いましたね。それと、(藤原)広太朗君とかですかね。

将来の夢や目標を聞かせてください。

小西 まずはこのチームでコンスタントに試合に出られることが目標ですし、どんどんステップアップしていきたい。昨年のシーズン終了後に、スペインのクラブチームの練習に参加して感じたんですが、最終的には海外でもやりたいですね。それにワールドカップに出たいですね。

藤原志 ヴォルティスで結果を残して、貢献していきたいです。ワールドカップは出たいと思いますけど、とりあえずここで結果を残さないといけないなと思っています。ずっと育ててもらった場所でもあるので。

どういう後半戦にしたいですか?

小西 まだ1点しか得点していないし、アシストもしていないので、どんどん点に絡みたいですね。「戦い続ける」といつも言っているので、全試合に出られたらいいなと思います。

藤原志 とりあえず一試合でも多く出られるようにして、自分の得意な魅力のあるプレーをして得点を取りたいです。

大宮戦は「徳島県民デー」ということで、小中高生を無料招待します。サッカー選手になりたいと思っている小中高生にメッセージをお願いします。

小西 見て学ぶことがいっぱいあると思います。それを自分たちがサッカーをする時のために、自分たちの良いように吸収していってもらえたらいいですね。

では最後に、お互いに対してひと言お願いします。何でもいいですよ。

小西 ん~、志龍は食べ方をきれいにしてほしいな(笑)。

藤原志雄大君はな~、もっと上まで行ってお手本になってほしいですね(笑)。

小西 なんで上から言う?!(笑)

PAGE TOP