Game information試合情報

試合日程・結果

2016.05.22 明治安田生命J2リーグ 第14節

vs ザスパクサツ群馬

徳島ヴォルティス VSザスパクサツ群馬
1 1 前半 0 1
0 後半 1
41分 石井 秀典 得点 51分 高橋 駿太
64分 渡 大生 → 長谷川 悠
75分 山 凌吾 → キム キョンジュン
90分+2 木村 祐志 → 前川 大河
交代 60分 小林 竜樹 → 常盤 聡
85分 中村 駿 → 舩津 徹也
90分 乾 大知 → 川岸 祐輔
警告 23分 一柳 夢吾
32分 小林 竜樹
退場
試合会場 鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアム キックオフ 13:05
天候 晴、弱風 気温 25.3℃
湿度 64% ピッチ 全面良芝、乾燥
入場者数 3,649人 主審 野田 祐樹
試合時間    

スターティングメンバー

徳島ヴォルティス チーム ザスパクサツ群馬
長島 裕明 監 督 服部 浩紀
1 相澤 貴志 G K 1 清水 慶記
5 石井 秀典 D F 19 一柳 夢吾
2 福元 洋平 5 乾 大知
26 橋内 優也 24 高瀬 優孝
22 広瀬 陸斗 4 坪内 秀介
6 カルリーニョス M F 6 小林 竜樹
8 岩尾 憲 25 山岸 祐也
19 内田 裕斗 32 中村 駿
16 渡 大生 30 松下 裕樹
7 木村 祐志 13 高橋 駿太
17 山 凌吾 F W 26 瀬川 祐輔
GK 29 杉本 大地 SUB  GK21 鈴木 雄太
DF 25 冨田 大介  DF3 青木 良太
MF 14 濱田 武  DF16 川岸 祐輔
MF 11 キム キョンジュン  MF2 舩津 徹也
MF 10 大 淳矢  MF11 永井 雄一郎
FW 23 前川 大河  MF17 常盤 聡
FW 9 長谷川 悠  FW18 小牟田 洋佑

コメント

text by ヴォルスタ

■長島 裕明監督記者会見
【試合総括】
『幸先よく先制点を取れましたが、後半早い時間に失点してしまいました。そこは相手の狙っていたところだと思いますし、僕たちも準備していたところなので、そういう意味で非常にもったいない失点だったと反省しています。それから、ゴール前まで運べるようになっているので、流れの中から2点目、3点目を取って突き放すことが出来れば、チームとしてもっと良くなると思います。その2点を課題として、また次に向かっていきたいと思います。』

【質疑応答】
Q=失点し追い付かれてしまう原因をどう考えているか?
A=『今日の群馬は、僕らが前掛りになったところで入れ替わることを狙っていたと思います。また、積極的にボールを奪いに行ったところを、鼻先でかわすようなことをやってきていました。ずっと押し込まれた状態で緊張を維持しながら守るということではなく、攻守の両面がある状況の中で、攻撃から守備に移る流れでの対応が失点につながりました。人数が揃っていない時にラインが段々下がってしまったことが課題としてあります。あとはボールの失い方です。』

Q=追加点を取るのか、失点を無くすのかというと、どちらに比重を置いて戦っていくのか?
A=『もちろん2点目を取りに行きたいと思っています。ただ、取れない時の手堅さというか、そこは伝え続けなければいけないことだと思っています。まだまだ認識が甘いと思っています。今後、そういった相手と対戦することもありますが、しっかり詰めて同じミスを繰り返してはいけないと思っています。』


■石井 秀典選手
『ほぼ狙い通りのCKで、上手く合わせることが出来ました。セットプレーは練習をしているので大きなチャンスだと思っています。
試合は先制しましたが、自分たちのミスでピンチになったり、なりかけたりする場面がありました。結局失点も自分たちのミスだと思います。相手の攻撃に対して事前に準備してきたことを出せませんでした。前から積極的な守備をしているため後ろで1対1の場面が増えますが、そこはDFの関係性で対応したいです。攻撃だけではなく守備においてもミスはありますが、それらはすべて自分たちで改善できることだと思うので、今日ピッチで現れたことを次の試合に活かすことが大事だと思っています。』


■カルリーニョス選手
『前節に続いて皆しっかりと戦えました。相手の厳しいプレッシャーはありましたが、チャンスを何回も作ることが出来ました。ただし、細かなところに甘さがあって、勝ち切れなかった試合でした。私自身の今日のプレーは完璧ではないながらも、悪くもないと思います。コンディションはまだ100%と言えませんが、前節(清水戦)よりも上がっていると感じています。これから次節に向けて、トレーニングの中でさらにコンディションを上げる努力をしていきます。
とてもシンプルですが、今後チームに必要なのは点を取ることです。チームの調子は上向きだし、練習でやっていることをゲームで出しています。今日は追加点を取れませんでしたが、貪欲に追加点を取ることが今後必要だと思います。』


■渡 大生選手
『今日は立ち上がり、サイドから上手く攻めることが出来ていました。うちはサイドを起点に攻撃を組み立てていますが、攻撃は試合をするにつれて良くなっていると思います。
ただ今日は追加点を取らなければいけませんでした。決定機はまだ少ないし、自分も含めて前の人はもっと仕掛けなければいけないと思います。自分は今日点を取っていないので、それがすべてです。今日はドローでしたが負けなかったということでポジティブにとらえ、また次節、一戦必勝で走りたいと思います。』


〜ハーフタイム監督コメント〜
・前半の流れを続けて、0-0のつもりで戦うこと。次の1点が大事だぞ!
・トップは顔を出すことと、裏を意識してボールを受けること


〜試合前日コメント〜
■カルリーニョス選手
『まずはピッチに立ったら、徳島のために100%の力を出すことと、ホームのサポーターの目の前で勝利のために頑張ります。それを出来ることが一番大事ですが、その中でも自分の良いプレーをみなさんの前で出したいです。パスを多く成功したり、ボールを相手から奪ったり、そういうところでも活躍したいです。
何よりもホームでの勝点3を第一に考えないといけないですし、試合の入りが前節のように良い形であれば、勝利に近づくと思います。連勝をすることがJ1昇格という目標に近づくことなので、ここから勝点3を取り続けたいと思います。』


公式ファンサイト ヴォルティススタジアム

試合後の監督記者会見コメント、選手コメントはクラブ公認ファンサイト「ヴォルティススタジアム」により、提供されています。なお、「ヴォルティススタジアム」では、監督記者会見はもちろん選手5名以上のコメントが試合当日に掲載になります。「ヴォルティススタジアム」にぜひご登録いただき、ご覧ください。

page top