Game information試合情報

試合日程・結果

2016.07.24 明治安田生命J2リーグ 第25節

vs 愛媛FC

徳島ヴォルティス VS愛媛FC
2 1 前半 0 0
1 後半 0
11分 カルリーニョス
56分 渡 大生
得点
77分 山 凌吾 → 佐藤 晃大
82分 アレックス → 藤原 広太朗
88分 大 淳矢 → 木村 祐志
交代 62分 西田 剛 → 阪野 豊史
72分 河原 和寿 → 近藤 貴司
84分 三原 向平 → 玉林 睦実
83分 渡 大生 警告 31分 三原 向平
退場
試合会場 鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアム キックオフ 18:04
天候 晴、弱風 気温 26.8℃
湿度 74% ピッチ 全面良芝、乾燥
入場者数 8,962人 主審 榎本 一慶
試合時間    

スターティングメンバー

徳島ヴォルティス チーム 愛媛FC
長島 裕明 監 督 木山 隆之
31 長谷川 徹 G K 1 児玉 剛
26 橋内 優也 D F 2 浦田 延尚
5 石井 秀典 15 茂木 力也
25 冨田 大介 23 林堂 眞
22 広瀬 陸斗 M F 6 三原 向平
8 岩尾 憲 8 小島 秀仁
6 カルリーニョス 9 安田 晃大
10 大 淳矢 14 白井 康介
20 河原 和寿
3 アレックス F W 10 瀬沼 優司
16 渡 大生 18 西田 剛
17 山 凌吾
GK 1 相澤 貴志 SUB  GK37 原 裕太郎
DF 4 藤原 広太朗  DF3 玉林 睦実
MF 14 濱田 武  DF4 西岡 大輝
MF 19 内田 裕斗  DF22 深谷 友基
MF 23 前川 大河  MF5 藤田 息吹
MF 7 木村 祐志  MF7 近藤 貴司
FW 18 佐藤 晃大  FW17 阪野 豊史

コメント

text by ヴォルスタ

■長島 裕明監督記者会見
【試合総括】
『3連戦の3試合目ということ、四国ダービーということ、あとはリーグ戦の1ゲームということ。いずれにしても負けた後のゲームだったのですが、今日までの3日間で選手が上手く準備をし、そして勝つことが出来たのは良かったと思います』

【質疑応答】
Q=起用した選手をベースに、今日の愛媛戦にはどのような準備をしてきましたか?
A=『考え方はいつもと同じです。とはいえ、4名の選手が新たにスタメンに加わりました。その4名については、とにかく自信を持ってのびのびプレーしてほしいと。あとの選手たちがそれを活かすようなプレーが出来れば勝てるという話をしました。高さに欠ける部分があるので、フリーランニングを大事にしてほしいとも言いました。渡、大浮ヘ特にそれが活きると思いました』

Q=冨田選手をセンターで起用しましたが、ボールをよく動かしていましたね。
A=『冨田の場合はいつどこで使っても、安定した、状況に合ったプレーが出来る選手なので、今日みたいな時はピッタリだと思いました。相手も3トップの特徴とうちの今のチーム状況を考えたら、真ん中で使った方が彼の良さを出せるし、チームが締まると思いました』

Q=リードした後のゲーム運びを課題に挙げていらっしゃいましたが。
A=『まずは受けないこと。そして、相手は最後まで諦めないチームなので、相手のやってくることを整理して粘り強くゼロに抑えていると、必ずチャンスが来てそこを仕留められると話をしました。ただ、リードしたゲーム運びはまだまだです。もっと安定させていきたいなと思います』

Q=大舞I手をはじめ、前線でのプレスがとても効いていた印象です。
A=『大浮ニ渡はその点が特に良さですし、山浮ノついてもその良さがあります。連戦、しかも夏の暑さの中では、前から行くのはとても大変なことです。熊本戦でなかなかそれが出来ませんでした。その反省を活かして、もう一度選手それぞれの特徴や良さを考え今日のメンバーを選び、彼らは実際に表現してくれました』


■カルリーニョス選手
『今日はダービー戦でしたが、初得点を今日ホームで決めることが出来ました。このような結果になり神様に感謝しています。
セットプレーからの1点目は練習でやった通りです。周りの選手やスタッフのお陰で取れた得点だと思います。私の打ったシュートが2点目につながりましたが、ボールを受けたらまずはゴールを意識するようにしているので、結果に出て良かったと思います。
今日は何名かの選手が替わってスタメンで出ましたが、ピッチの中では特に何かを変えるということはなく、いつもの通り我々のサッカーをすることに集中しました。その選手たちのお陰で周囲も刺激を受け、勝利を呼び込むことが出来たと思います。誰がメンバーになっても今日のような戦いが出来るということは、我々が強いチームであるということを証明するものです。
(今日は夏休みで多くの子供達が来場していました。未来のサッカー選手を目指す彼らへメッセージをお願いします。)まずはサッカーを楽しんでください。そして諦めない気持ちを持って頑張ってください。苦しい時も調子の悪い時も、それらを乗り越えた先には良い事がたくさん待っています。』


■渡 大生選手
『今日は大舞I手と近い距離でプレーし、良い連係も出せたと思います。あのようなプレーの回数を増やしていければ、チームとしても良いサッカーが出来ていくと思います。自分も活かされるだけではなく、周囲を活かす動きをしたいと思います。
自分はロングボールを収めたり、体が強くてタメを作れる選手ではありません。しかし、点を取ることに関しては誰にも負けないと思っているので、1トップという厳しいポジションですが、その部分はこだわりを持ってプレーしたいです。その中で得点やアシストを増やし、チームに貢献したいです。』


■大撫~矢選手
『今日のゲームでは個人的にもいい守備が出来たと思います。僕はシャドーを長くやっているので、攻撃も守備もこのポジションでやるべきプレーを理解しているつもりです。それを今日のゲームでは落とし込めました。前線でプレーしたい自分自身にとっては好きなポジションですし、しっくりきていましたね。また次も監督に使ってもらえるように、練習からしっかり取り組みたいです。
(攻撃についてもチャンスメーカーになっていましたね)ワントップの大生(渡選手)に対しては、僕に入った時のフリックやオーバーに反応してほしいと口酸っぱく言っています。得点にはなりませんでしたが、ハシ君(橋内選手)から僕に入って大生へ送ったようなシーンをもっと出せるようにしなければいけないと思っています。逆に、そのようなコンビネーションを出しやすいのが今のシステムの最大の特徴でもあります。フリックやオーバーによって相手DFの目線が変わるので、前の3人を中心にコンビネーションの質を上げていきたいです。』


〜ハーフタイム監督コメント〜
・いい入りで得点を取れた。相手がどんどん出て来ているが冷静に対処して追加点を狙おう。
・守備は根気よく相手ボールを奪うこと。流れの中から上手く自分たちのリズムで出来るようにしよう。


〜試合前日コメント〜
■アレックス選手
『今年はまだ90分プレーしていませんが、しっかり練習も出来ていますし、3試合出場して試合のリズムもつかめています。チームとしても後半戦に入って勝てていますし、勝ち方も掴んできていると思います。これからも絶対勝利が増えていくと思っているので、自分としてもそのためにアシストやゴールを決めてチームのために頑張っていきたいと思います。
次の試合は「ダービー」ということで、絶対に勝利したいです。応援よろしくお願いします。』


公式ファンサイト ヴォルティススタジアム

試合後の監督記者会見コメント、選手コメントはクラブ公認ファンサイト「ヴォルティススタジアム」により、提供されています。なお、「ヴォルティススタジアム」では、監督記者会見はもちろん選手5名以上のコメントが試合当日に掲載になります。「ヴォルティススタジアム」にぜひご登録いただき、ご覧ください。

page top