Game information試合情報

試合日程・結果

2016.07.31 明治安田生命J2リーグ 第26節

vs 松本山雅FC

徳島ヴォルティス VS松本山雅FC
2 0 前半 1 2
2 後半 1
62分 木村 祐志
90分+1 渡 大生
得点 24分 石原 崇兆
71分 高崎 寛之
69分 大 淳矢 → 山 凌吾
80分 木村 祐志 → アレックス
88分 佐藤 晃大 → 渡 大生
交代 69分 宮阪 政樹 → パウリーニョ
77分 工藤 浩平 → 山本 大貴
88分 高崎 寛之 → 三島 康平
76分 岩尾 憲 警告
退場
試合会場 鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアム キックオフ 18:04
天候 晴、弱風 気温 30.1℃
湿度 69% ピッチ 全面良芝、乾燥
入場者数 4,642人 主審 野田 祐樹
試合時間    

スターティングメンバー

徳島ヴォルティス チーム 松本山雅FC
長島 裕明 監 督 反町 康治
31 長谷川 徹 G K 1 シュミット ダニエル
26 橋内 優也 D F 6 安藤 淳
5 石井 秀典 13 後藤 圭太
25 冨田 大介 4 飯田 真輝
11 喜山 康平
22 広瀬 陸斗 M F 5 岩間 雄大
8 岩尾 憲 15 宮阪 政樹
6 カルリーニョス 17 飯尾 竜太朗
19 内田 裕斗 23 工藤 浩平
20 石原 崇兆
10 大 淳矢 F W 29 高崎 寛之
7 木村 祐志
18 佐藤 晃大
GK 1 相澤 貴志 SUB  GK25 白井 裕人
DF 4 藤原 広太朗  DF24 那須川 将大
MF 14 濱田 武  DF33 安川 有
MF 3 アレックス  MF14 パウリーニョ
MF 23 前川 大河  FW8 ウィリアンス
MF 16 渡 大生  FW19 山本 大貴
FW 17 山 凌吾  FW39三島 康平

コメント

text by ヴォルスタ

■長島 裕明監督記者会見
【試合総括】
『上位の松本相手に勝利を目指して臨みましたが、勝つことが出来ずに残念です』

【質疑応答】
Q=シャドーに入った二人が流動的に動いていたのは指示したことなのか?
A=『そこはその通り、流動的にやってもらいました。彼らの良さを活かすことを考えた時に、僕が特別に動き方の指示をしたのではなく、彼らが状況に合わせて柔軟に上手くやってくれたと思います。問題ありませんでした』

Q=松本は徳島のストロングを抑えてきたし、中盤の守備も厳しかった。ハーフタイムに入れた指示は?
A=『負けていたので、僕たちから仕掛けようということです。あと、抑えられている時にその近くにサポートに入って、そのサポートを受けた選手が役割を果たせられるような指示をしました』


■木村 祐志選手
『1失点しましたが、前半はそこまで怖い場面はありませんでした。一発のカウンターと、トップに放り込んできたあとのセカンドボールだけでしたので、うちも上手く対処できていました。後半同点にした後、良い時間がありながら失点したことは課題だと思います。
自分の得点場面は、淳矢(大撫~矢選手)がタメを作ってくれたので僕は流し込むだけでした。良い得点だったと思います。2点目も完全に崩し切っていたので、あのような形が増えてくれば得点も増えてくると思います。
(前半は中盤でパスコースをかなり限定されていたように見えました。どんなことを考えてプレーしましたか?)確かに中は閉められていました。しかし個人的には相手のボランチ近辺で一度ボールを受けて彼らを動かすことを意識していました。そこからワンタッチで落としたり、トップの佐藤選手のところに入っている時はチャンスになっていたので、それを根気よく続けようと思っていました』


■渡 大生選手
『相手は上位でしたので、自分たちが上にあがるためにも、叩いて勝たなければいけない試合でした。ピッチに入った時は残り時間も少なかったので、シュートを打つことを考えました。得点の場面は無意識で体が動いた感じです。陸斗(広瀬陸斗選手)からいいボールが来たし、落ち着いてひとつタメを作れました。シュートは逆サイドを狙いましたが、GKの股に飛んでしまいました。結果的に入ってくれて良かったです。調子が良くシュートが決まる時は、どこへ蹴っても入ります。少しですが、今はそのような状態になっているのかなと思います。
今後も負けられない試合が続きますが、スタメンでもベンチでもとにかく点を取ることが自分の仕事なので、ぶれることなくチームの勝利に貢献出来るゴールが取れるように頑張ります。今日は良い感じで得点出来ましたが、まだまだ前線の連携は高めないといけないので、週明けのトレーニングからしっかりと取り組みます』


■冨田 大介選手
『前からの守備がハマってカウンターを出せるシーンはありましたが、先に失点してしまってから相手に引かれて、なかなか前に運べず攻めあぐねた前半でした。後半は、追いかける立場なので、リスク管理しながら思い切って仕掛けていくようにしました。ある程度のところまで行った後に思い切って仕掛けることでチャンスが生まれ、結果的に得点につながりました。
同点に追い付けて良かった反面、チームとして反省しなければいけない点もあります。負けられない試合が続きますが、今日の勝点1をポジティブにとらえて次に進みます』


〜ハーフタイム監督コメント〜
・ボールを保持した時に、慌てずに落ち着いてまず1点返そう
・切り替えと球際で負けないこと。入りから行こう!ここからだぞ!


〜試合前日コメント〜
■大 淳矢選手
『久しぶりに先発出場して、個人的にも動けているように感じましたし、コンディションは良いと思います。自分の持ち味は運動量豊富に動き回って、泥臭くプレーすることだと思っているので、そこを発揮していきたいです。相手は2位ですが、上位相手に勝たないと上には行けないという意識でやるだけです。
前節は多くの人が来てくれて、やはり観客が多いと燃えるので、ぜひこれからも多くの人にスタジアムに来てもらえたらと思います。明日も応援よろしくお願いします。』


公式ファンサイト ヴォルティススタジアム

試合後の監督記者会見コメント、選手コメントはクラブ公認ファンサイト「ヴォルティススタジアム」により、提供されています。なお、「ヴォルティススタジアム」では、監督記者会見はもちろん選手5名以上のコメントが試合当日に掲載になります。「ヴォルティススタジアム」にぜひご登録いただき、ご覧ください。

page top