Game information試合情報

試合日程・結果

2016.09.18 明治安田生命J2リーグ 第32節

vs モンテディオ山形

徳島ヴォルティス VSモンテディオ山形
1 1 前半 2 2
0 後半 0
23分 大 淳矢 得点 11分 ディエゴ
41分 アルセウ
63分 大 淳矢 → 山 凌吾
68分 佐藤 晃大 → 渡 大生
78分 木村 祐志 → キム キョンジュン
交代 88分 伊東 俊 → 石川 竜也
警告 63分 アルセウ
退場
試合会場 NDソフトスタジアム山形 キックオフ
天候 雨のち曇、弱風 気温 20.2℃
湿度 89% ピッチ 全面良芝、水含み
入場者数 4,772人 主審 柿沼 亨
試合時間    

スターティングメンバー

徳島ヴォルティス チーム モンテディオ山形
長島 裕明 監 督 石崎 信弘
31 長谷川 徹 G K 31 富居 大樹
4 藤原 広太朗 D F 4 宇佐美 宏和
2 福元 洋平 15 栗山 直樹
5 石井 秀典 3 渡辺 広大
6 山田 拓巳
22 広瀬 陸斗 M F 7 松岡 亮輔
6 カルリーニョス 5 アルセウ
8 岩尾 憲 10 伊東 俊
19 内田 裕斗 11 ディエゴ
17 鈴木 雄斗
7 木村 祐志 F W 8 林 陵平
10 大 淳矢
18 佐藤 晃大
GK 1 相澤 貴志 SUB  GK21 中村 隼
DF 25 冨田 大介  DF13 石川 竜也
MF 28 井澤 惇  DF27 高木 利弥
MF 13 佐々木 一輝  MF25 汰木 康也
MF 11 キム キョンジュン  MF29 ク ボンヒョク
FW 17 山 凌吾  FW9 ディエゴ ローザ
FW 16 渡 大生  FW33 大黒 将志

コメント

text by ヴォルスタ

■長島 裕明監督記者会見
【試合総括】
『山形さんの気持ちの入ったプレス、それとリスタートの精度の高さ。そこで失点してしまったのと、そこをかいくぐって得点につなげるということがなかなかできず、勝つことができなくて非常に悔しいです。徳島からもたくさんのサポーターの方が応援に来てくださって、僕らの後押しをしてくれたのですが、それに応えることができず責任を感じています。とはいえ、もうすぐに天皇杯、次のリーグ戦はセレッソさんというスケジュールです。それに向けていち早く気持ちを切り替えて、今日できなかったことにチャレンジして次に向かっていきたいと思っています』

【質疑応答】
Q=後半得点を挙げるために、攻撃面で選手に言ったことは。
A=『(山形は)前線2列目からのプレスが厳しいんですけども、それを恐れないで、怖がらずに幅を使いながら縦パスを入れていく。そうすると、中盤のラインを超えると相手のディフェンスラインに対して僕らが仕掛けられるような状況を作れると、チャンスになると思っていました。1点目のゴールシーンもそうですし、後半は一回しか崩せていなかったかもしれないですけれども、真ん中に縦パスが入って決定機を作れていました。ただ、それにいたるまでに少し途中で引っかかってしまったり、ミスがどうしても多い。それと、プラス外から攻めるということを使い分けることができたらもう少しチャンスが増えたんじゃないかなと思っています』


■大 淳矢選手
『まずは球際で負けない事が大切だなと自分を含めて見直さないといけないなと改めて思いました。
(後半2点取らないと逆転できないというシチュエーションでした)僕は取れるチャンスはあると思いましたけど、逆転しないといけないというメンタルの部分でプレッシャーというかきついですよね。やはり失点の部分が安いので、シーズンを通してなかなか改善されないので、やはりファイトしないといけないなと思います。
(残りの試合について)連係の部分や個人の部分では極端にうまくなることはないですけど、走ることだったり球際だったりは明日からでもできると思うので、そこをやっていかないといけないなと思います』


■広瀬 陸斗選手
『(試合を通してクロスを何本も入れていましたがなかなか合いませんでした)自分のキックの質が悪かったです。クロスの形まではいけていたので、しっかりそこを合わせていかないと上にはいけないなと思いました。
(後半)チームとしては、点も入りそうな雰囲気もありました。ただいいところまでいってそこで取られてしまう場面が多かったので、個人のミスも今日は多く目立っていたので、そこをしっかり合わせていけば点は取れると思います。
(失点シーンについて)1点目は声をかけ合えば防げましたし、2点目は自分のマークだったのでちょっと外してしまってので、しっかりと詰めていれば防げたものでした。
(今後の戦いについて)全勝しないと6位以内には入っていけないので、守備はしっかりゼロで抑えることと、攻撃ではもっと連携を合わせてもっと得点を取れるようにしていきたいと思います』


■山 凌吾選手
『(投入された時の指示は?)裏へ抜け出すことと、相手に圧力を掛けて点を取るということを言われて入りました。最後、相手も引いている状況だったので、もっとシュートを打ったりドリブルで運んだりしないといけないなと感じました。
(足りなかった部分は)最後はシンプルにパワープレーで良いと思ったんですけど、サイドに開いたり、足元に繋ごうとする部分があったので、そこをもっと徹底していかないといけないなと思いました。
(残りの試合へ向けて)先発であっても途中出場でも結果を求められているので、もっとインパクトを出せるように頑張ります』


〜ハーフタイム監督コメント〜
・プレスを受けた時に怖がらずにしっかりとボールを受けに行くこと。
・球際のところで絶対に負けないこと。
・ここから返していくぞ!


〜試合前日コメント〜
■佐藤 晃大選手
『攻撃に関しては、前節引いた相手に対してなかなか崩すことが出来なかったので、明日も守備は引いてくると思うので、その相手をどう崩すか、前節の反省点を活かして攻撃をしたいと思います。また、個人の能力が高い選手が揃っているので、全員で組織的に戦いたいと思います。
本当に負けられない戦いが続くので、得点を取って、勝利に貢献出来るようなプレーをしていきたいと思います。』


公式ファンサイト ヴォルティススタジアム

試合後の監督記者会見コメント、選手コメントはクラブ公認ファンサイト「ヴォルティススタジアム」により、提供されています。なお、「ヴォルティススタジアム」では、監督記者会見はもちろん選手5名以上のコメントが試合当日に掲載になります。「ヴォルティススタジアム」にぜひご登録いただき、ご覧ください。

page top