Game information試合情報

試合日程・結果

2016.10.02 明治安田生命J2リーグ 第34節

vs V・ファーレン長崎

徳島ヴォルティス VSV・ファーレン長崎
2 1 前半 0 1
1 後半 1
32分 大 淳矢
90分+5 広瀬 陸斗
得点 84分 畑 潤基
61分 大 淳矢 → 木村 祐志
68分 渡 大生 → 佐藤 晃大
84分 山 凌吾 → アレックス
交代 HT 梶川 諒太 → 白 星東
64分 木村 裕 → 畑 潤基
79分 田中 裕人 → 前田 悠佑
28分 カルリーニョス 警告 90分 白 星東
退場
試合会場 トランスコスモススタジアム長崎 キックオフ 13:03
天候 晴、弱風 気温 33.3℃
湿度 63% ピッチ 全面良芝、乾燥
入場者数 4,046人 主審 岡 宏道
試合時間    

スターティングメンバー

徳島ヴォルティス チーム V・ファーレン長崎
長島 裕明 監 督 高木 琢也
31 長谷川 徹 G K 1 大久保 択生
26 橋内 優也 D F 3 趙 民宇
5 石井 秀典 27 村上 佑介
4 藤原 広太朗 4 熕 亮太
22 広瀬 陸斗 M F 13 パク ヒョンジン
6 カルリーニョス 16 田中 裕人
8 岩尾 憲 15 岸田 翔平
19 内田 裕斗 22 宮本 航汰
23 梶川 諒太
17 山 凌吾 F W 9 永井 龍
10 大 淳矢 8 木村 裕
16 渡 大生
GK 29 杉本 大地 SUB  GK31 三浦 雄也
DF 25 冨田 大介  MF6 前田 悠佑
MF 28 井澤 惇  MF7 李 栄直
MF 3 アレックス  MF20 中村 慶太
MF 7 木村 祐志  MF33 白 星東
MF 11 キム キョンジュン  FW18 佐藤 洸一
FW 18 佐藤 晃大  FW32 畑 潤基

コメント

text by ヴォルスタ

■長島 裕明監督記者会見
【試合総括】
『苦しい展開の試合になることはわかっていましたが、1点取ってそれだけではすまなかったなというのが反省です。失点をしないようにもう少し詰めていかないといけないなと思いました。
ただアディショナルタイムに10人でゴールを奪えたことを高く評価したいと思います。徳島からも遠方にも関わらずお越しいただいたサポーターの皆さんの後押しのおかげでなんとか勝ち切ることができました。これからリーグ戦が続きますが、最後まで上を目指してやっていきたいなと思います』

【質疑応答】
Q=かなり早目に選手交代をしていたが、その意図は?
A=『やはり序々に僕らが1点取っていることもあって、長崎さんの攻撃を受けてしまう場面があったので、押し込まれないために、引いた後にもう一回出ていくために少し早めに交代しました。また徳島はここ数日寒いくらいの気候の中で、今日はとても暑く選手達も相当堪えていたと思いますので、そのへんを考慮して考えました』

Q=山舞I手と渡選手を先発させた狙いは?
A=『相手の3枚のDFに対して圧力をかける意味と、その2人はここ数試合調子を上げていたので起用しました。後から入ってきた木村、佐藤、アレックスもいい準備をしていてくれました。迷いがなかったわけではないですけど、今回は思い切って2人を先発起用しました』


■大 淳矢選手
『追いつかれて引き離したという展開でしたが、追いつかれる前にもう1点取らないといけないなと思いました。暑くて厳しいコンディションでしたけど、全員で走り切ることができたと思います。長崎が中を固めてくるというのはわかっていたので、そこをどうサイドから崩すのか、縦パスを入れるのか練習でやってきていたので、それを出せたのかなと思います。
(残り試合に向けて)まず全員で戦う事が大事になってくると思います。今日は19人で来ていて、ここでベンチ外を1人決めるというやり方だったんですけど、濱田選手がベンチ外で外れることになりました。やはりキャプテンでいろいろ難しい立ち位置でやっている中で、いやな顔ひとつせずチームの仕事をやってくれています。僕らはそういう姿を見て、大切に戦わないといけないなと思います。出ていない選手達のためにももっともっと1試合1試合しっかり戦わないといけないなと思います。どうしても出ている選手が日が当たる世界ですしそれは仕方がないことです。ただ、出ていない選手でも頑張っていますし、そういう選手のためにもしっかりやっていきたいと思います』


■広瀬 陸斗選手
『立ちあがりからしっかりプレスにもいけていましたし、つなぐところはつないで、前に運ぶところで蹴ったり、みんなが意思統一できていたと思います。
後半に入る時は、みんなで追加点を取っていこうというと言って入りましたが、相手も負けていますし上手く前に運べなくなった部分もありました。ただ点を取るという意識はありました。
残り8試合、プレーオフへ行くには勝つしかないので、無失点で勝つことができたらいいなと思います』


■石井 秀典選手
『今日は気温が高かったので、集中を切らさないように一人一人の意識をしっかりさせることを心掛けて声を出していました。
前からしっかりプレス行く時は行って、行かない時はセットしたところから中を絞る。相手も中が無くなるとロングボールになる。そこの裏のケアも上手く出来たと思うので、良かったと思います。
(東四国クラシコに向けて)この勢いで勝つしかないので、勝つことだけを考えています』


〜ハーフタイム監督コメント〜
・セカンドボールを拾えるようにコンパクトに
・相手の狙いとランニングに注意すること
・攻撃は圧力を掛けることが出来ているので、ここからもう1点取ろう!


〜試合前日コメント〜
■橋内 優也選手
『前節はチームとしていい形での守備が出来ていたと思いますし、自分のコンディションも問題ないです。
誰一人下を向くこと無く、自分たちの目標に対して最後までしっかり取り組むということに対してチーム全員で前向きに取り組んでいます。明日の試合も受け身になることなく、積極的に自分たちの良さを出して戦いたいと思います。
残り試合少なくなってきて、もう負けられないのでアウェイですけどしっかり勝って、1試合1試合積み重ねていけるようにしたいです。応援よろしくお願いいたします。』


公式ファンサイト ヴォルティススタジアム

試合後の監督記者会見コメント、選手コメントはクラブ公認ファンサイト「ヴォルティススタジアム」により、提供されています。なお、「ヴォルティススタジアム」では、監督記者会見はもちろん選手5名以上のコメントが試合当日に掲載になります。「ヴォルティススタジアム」にぜひご登録いただき、ご覧ください。

page top