Game information試合情報

試合日程・結果

2016.09.03 天皇杯 2回戦

vs ギラヴァンツ北九州

徳島ヴォルティスVS ギラヴァンツ北九州
2 0 前半 0 0
2 後半 0
76分 大 淳矢
87分 キム キョンジュン
得点
68分 木村 祐志 → 渡 大生
74分 佐藤 晃大 → キム キョンジュン
90分+1 カルリーニョス → 井澤 惇
交代 61分 本山 雅志 → 井上 翔太
78分 原 一樹 → 大島 秀夫
86分 加藤 弘堅 → 内藤 洋平
71分 渡 大生 警告 79分 新井 純平
退場
試合会場 鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアム キックオフ 18:00
天候 曇、弱風 気温 29.2℃
湿度 78% ピッチ 全面良芝、水含み
入場者数 1,282人 主審 前田 拓哉
試合時間    

スターティングメンバー

徳島ヴォルティス チーム ギラヴァンツ北九州
長島 裕明 監 督 柱谷 幸一
1 相澤 貴志 G K 1 阿部 伸行
25 冨田 大介 D F 3 星原 健太
2 福元 洋平 6 西嶋 弘之
5 石井 秀典 28 福田 俊介
19 川島 大地
22 広瀬 陸斗 M F 17 加藤 弘堅
6 カルリーニョス 24 新井 純平
8 岩尾 憲 10 小手川 宏基
19 内田 裕斗 43 本山 雅志
7 木村 祐志 F W 9 原 一樹
10 大 淳矢 29 小谷 健悟
18 佐藤 晃大
GK 29 杉本 大地 SUB  GK21 鈴木 彩貴
DF 4 藤原 広太朗  DF2 石神 直哉
MF 28 井澤 惇  DF23 寺岡 真弘
MF 13 佐々木 一輝  MF8 八角 剛史
MF 24 佐々木 陽次  MF11 井上 翔太
MF 11 キム キョンジュン  MF18 内藤 洋平
FW 16 渡 大生  FW15 大島 秀夫

コメント

text by ヴォルスタ

■長島 裕明監督記者会見
【試合総括】
『トーナメントなので何が起こるのかわからないという中で、選手が非常によく走ってくれてなんとか勝つことが出来ました。課題のひとつでもある、自分たちの時間帯でない時に粘り強く失点をせず、そこを乗り越えてまた自分たちの流れに持ってくるということが少し出来て、それが先取点につながったのではないかと思います。来週からリーグ戦が再開しますが、今日の結果をいい形でプラスにし、リーグ戦に臨みたいと思います。』

【質疑応答】
Q=今日はリーグ戦に近いメンバー構成になりましたが、どのような判断の下、今日のメンバーを選考しましたか?
A=『リーグ戦に近いというか、現時点でのベストメンバーが今回の選考で、それがリーグ戦のものに近かったということです。』

Q=PKを含めて120分の試合が想定される中、交代や起用法についてはどのような考えをお持ちでしたか?
A=『昨日までの天気と変わって、日は出ていませんが湿度が高く、選手たちは思ったより消耗していましたので余計に難しくなりました。ただ、自分たちの流れに引き込むためにこちら側からアクションを起こしたかったので、推進力のある渡を入れたのと、停滞していた中でキムキョンジュンがゴールを挙げてくれました。替わったタイミングで先制点が取れましたし、前が孤立し始めていたのでその改善になったと思います。よくやってくれたと思っています。』


■大 淳矢選手
『今までやはり勢いをもって飛び込むということがあまり無かったので、あそこに入って行くことが大事だということを感じました。(得点については)怖いところに入って行くことが出来ていると感じていますし、今日は先制点を取ることが出来ましたが、もう1点取れるチャンスがあって、そこで得点を取れれば試合を終えることが出来たと思うので、そういうチャンスを逃さずに決めて行くことはこれから大事だと思います。
(来週のリーグも北九州と対戦しますが、やり難さはありますか?)向こうの方が思っているのではないですか。それを上手く取って、いい形に持っていくことが出来ればと思います。
(次はJ1の湘南との対戦ですが?)特に相手どうこうというのは関係ないと思いますし、相手がどこであろうと自信はありますし、いつも通り自分らしいプレーが出来ればと思います。』


■キム キョンジュン選手
『自分がやりたいプレー、またチームや監督が求めているプレーの両方があり、それらをやり続けながらチャンスをうかがいました。外から見ていると相手DFの裏側が空いていたので、そのスペースを上手く使えるのではないかと思っていました。試合に入ってからカルリーニョス選手に、裏へ抜け出していくのを見て欲しいと伝えていたことが現実になり、得点することも出来て良かったと思います。
来週はまた北九州と対戦しますが、この雰囲気を持ち続けていけばもっと良いサッカー、良い試合が出来ると思っています。』


■相澤 貴志選手
『カウンターを結構狙って来るチームだったので、後ろのリスク管理をすることと、結構湿度が高くて集中が切れやすいような状況だったので、隙を作らないようにずっと声を掛けることをしていました。粘り強い守備で球際に寄せ切ることが出来ていたり、チーム全体の守備意識が最後まで切れなかったことが無失点につながったと思います。
(次のリーグは)同じ相手になりますし、やはりうちは良いイメージで、(相手には)うちとやりにくいということを残すことが出来たと思うので、次のリーグ戦につなげていきたいと思います。』


〜ハーフタイム監督コメント〜
・立ち上がりに上手くいっていた部分を続けること、1人ひとりのちょっとしたところを上手く進めること
・クロスからチャンスになっているので、セカンドボールを根気よく拾ってハードワークを続けること


〜試合前日コメント〜
■佐々木 陽次選手
『簡単な試合ではないと思いますが、チームとしては勝って今年もJ1と戦うことが出来るところまで、必ず行きたいです。
個人としては、出場するチャンスがあれば、得点に絡むプレーを出したいと思います。メンバーに入るというチャンスがなかなか無い中なので、自分に出来ることをピッチで発揮出来るように頑張ります。応援よろしくお願いします。』


公式ファンサイト ヴォルティススタジアム

試合後の監督記者会見コメント、選手コメントはクラブ公認ファンサイト「ヴォルティススタジアム」により、提供されています。なお、「ヴォルティススタジアム」では、監督記者会見はもちろん選手5名以上のコメントが試合当日に掲載になります。「ヴォルティススタジアム」にぜひご登録いただき、ご覧ください。

page top