四国ダービー

四国ダービーの歩み

徳島ヴォルティスと愛媛FC、両クラブの間で2001年のJFL時代から始まり、数々なドラマチックな試合展開で良き「ライバル」として切磋琢磨してきた。徳島ヴォルティスは、2005年に四国初のJリーグチームとして誕生し、その後、愛媛FCが2006年にJリーグに参戦し、四国ダービーが再び実現した。そして2013年、徳島ヴォルティスが悲願のJ1昇格を成し遂げ、一旦は幕を閉じることとなったが2015年、徳島ヴォルティスがJ2降格となったため再び四国ダービーのドラマが生まれることとなった。

四国ダービー・ウイナーズ・フラッグ

四国ダービー・ウイナーズ・フラッグとは

2008年の対戦から登場。四国ダービーの各試合で勝利したクラブが試合終了後に受け取り、サポーターに手渡される。そして、次の対戦まで保有を許される盟主の証。

過去の戦績と数々のドラマ

2006年0勝1分3負

JFL時代から両者死闘の歴史が刻まれている「四国ダービー」。愛媛FCがJリーグに参入したことで四国代表を賭けた戦いが、Jを舞台にスタート。記念すべき初戦はアウェイで愛媛に敗退。その後の3試合、最後まで得点を奪えず2006シーズンは0勝3敗1分という不本意な戦績となる。

2007年2勝1分1負

2007シーズンは開幕戦早々からダービーマッチ。2006シーズンの雪辱を誓う徳島が2-1でダービー初勝利。続く2戦目、勝利への闘志をむき出しにして戦い、再び徳島が凱歌をあげる。しかし、3戦目を引き分け、最後の試合では愛媛に完封負け。この年は、2勝1敗1分と勝ち越したものの、通算成績では2勝4敗2分とまだまだ差を詰められない。

2008年1勝0分2負

Jリーグを舞台に3度目のダービーが幕を開けた。鳴門の強風の中、気合十分で臨んだ徳島であったが、0-3という屈辱的過ぎるスコアで敗戦を喫した。そして、2戦目に先立ち、両チームで『四国ダービー満員宣言』を行い「四国ダービー・ウィナーズ・フラッグ」が登場。しかし、まさかの連敗となりダービーフラッグは愛媛に譲ることとなった。ここまで、悔しいダービーマッチが続く2008シーズンであったが、決死の覚悟で挑んだ最後のダービーで徳島が5-0で歴史的大勝。2連敗の借りは返したもののこの年は1勝2敗0分と納得のいくシーズンとはならなかった。

2009年3勝0分0負

2009シーズン、徳島が遂に『四国ダービー完全制覇』を成し遂げた。アウェイでの初戦、電光石火の2ゴールで愛媛を制し、続くホームでの第二ラウンドは、怒涛の6ゴールで愛媛を圧倒。ダービー最終戦は、過去2戦の雪辱に燃え「絶対1万人!!」の合言葉のもと12,851人が集まったニンジニアスタジアム。激闘の末に1-0で徳島が勝利を手にし、『四国ダービー完全制覇』を達成した。

2010年0勝1分1負

昨シーズン『四国ダービー完全制覇』、2008シーズンから数えると徳島が4連勝中と好成績となっているダービーマッチ。しかし、Jリーグでの通算成績は6勝2分6分と一進一退の攻防が続いている。その中で迎えた2010シーズンのダービー初戦はホームに愛媛を迎え、両チーム序盤から持ち得る力の全てを尽くして戦い、結果としてスコアレスドローで連勝をストップさせられる形となった。その後のアウェイ戦では、6試合ぶりの失点で敗戦。ダービーフラッグを奪還されてしまった。

2011年1勝1分0負

昨シーズンは、愛媛に0勝1分1敗と悔しい結果となった「四国ダービー」。ダービーフラッグを奪還するために、それとともに徳島は3年連続最下位を脱し一昨年に9位、昨年に8位に入った実績を踏まえ、初の「J1昇格」を目標に掲げ新シーズンに臨んだ。ダービー初戦は、アウェイで愛媛を1-0で下し好スタートを切る。続く2戦目は、J1昇格争いの中でホームでの戦いとなった。徳島は「四国初のJ1昇格」に向けて、一方で愛媛は「ライバルのJ1昇格阻止」と両チーム闘志をむき出しにして戦った。試合は徳島ペースで進み、アディショナルタイムまで2-0。誰もが徳島の勝利を確信したが、アディショナルタイム5分で愛媛が劇的な2得点。そのままドローで試合終了のホイッスルが鳴った。その後、徳島は、最終順位4位でシーズンを終え、「四国初のJ1クラブ誕生」は成らなかった。この悲劇はダービーマッチの伝説として語り継がれることとなる。

2012年2勝0分0負

昨年、後半アディショナルタイムに2点差を追いつかれ、昇格の夢を絶たれてしまった。その借りをなんとか返したい2012年のダービー初戦。愛媛がリーグの順位では上位に立つ中、ホームで迎えた第一ラウンドは3-0と快勝し、ダービーフラッグ奪還に成功。また、この日は前座試合として両チームのOB戦が初めて行われ、ダービーの歴史を感じさせるとともに会場を大いに盛り上げた。8月のアウェイでの第二ラウンドも、先制し追いつかれる展開となったが2-1でダービー2連勝を飾った。これで通算戦績は10勝4分7敗とし愛媛を突き放した。しかし、リーグ戦では最終15位となり、昨年手の届くところまで来た「J1昇格」は遠ざかってしまったが、ダービーフラッグを1年間守り通した。

2013年2勝0分0負

昨年からダービー2連勝のまま迎えた2013年の四国ダービー。リーグ戦3連敗と悪い流れの中迎えた試合は両チーム点を取り合う激しい展開となった。3-2と激戦を制し連敗をストップ、そして昨年から続くダービー3連勝を飾った。 続くダービー2戦目は2連勝と波に乗る中アウェイに乗り込んだ。結果は2-0と快勝。ダービーの連勝を4に伸ばし、2年間ダービーフラッグを守り通した。そしてこのダービーでの勝利により3連勝とし、チームはそのまま「12試合負けなし」のクラブ記録を達成。その後、J1昇格プレーオフを制し「四国初J1昇格」を成し遂げる。2011年にライバルに阻まれたJ1昇格の夢をついに掴んだ2013年はダービー4連勝という記録とともに、徳島の人々の記憶に残るシーズンとなった。

2014年

徳島がJ1リーグに在籍したため「四国ダービー」の開催は無し。

2015年0勝1分1負

2年ぶりとなった「四国ダービー」は開幕戦と最終節という特別な試合での戦いとなった。第1戦、ホームで迎えた開幕戦は共にどこか消化不良な戦いで結果的にスコアレスドローでのシーズン開幕となった。第2戦のシーズン最終節。J2降格初年度で、1年での復帰を掲げたシーズンであったはずが最終節をプレーオフ圏外の順位で迎えた徳島と、プレーオフ進出を決めダービーに勝って勢いをつけたい愛媛という対戦となった。結果としてはアウェイでその勢いに完全にのまれる形で0-3の完敗。この結果、14位という順位で終える不本意なシーズンとなってしまった。対する愛媛はダービーフラッグを2011年4月以来で奪還。愛媛はプレーオフ準決勝でC大阪と引き分け、J1昇格は叶わなかった。その結果両者共に来シーズンも同じJ2のステージで戦うこととなった。

2016年

2016年の記録はこちら

通算成績 15勝5分8敗

試合記録

2017年7月1日(土) 徳島 4-1 愛媛

岩尾憲選手

岩尾憲選手

いい形で2連勝した後、今日はダービーでもあったし、勝って連勝を延ばすことが重要だと思っていました。一度は同点に追いつかれてどうなるのかなと思いましたが、選手全員がぶれないでしっかりとプレーした結果、突き放せたことは良かったと思います。相手もシステムを変えながら戦ってきたので、僕たちも捕まえきれなかった部分はありますが、サイドに出たところでスイッチを入れて奪いに行くことと、最後のゴール前では体を張るということはしっかりできたと思います。
(順位も単独3位に上がりましたが?)全く意識していませんし、意識する必要もないと思っています。今日は勝利しましたが、同時に課題も見えたので、今後さらに磨きをかけて戦っていくだけです。
(立ち上がりは愛媛ペースで始まり、途中から取り戻したように見えましたが?)確かに立ち上がりは相手のペースでゲームが動きましたが、90分を通してどちらかのリズムでゲームが進むことはありません。立ち上がりが愛媛のリズムだっただけのことです。相手のプレスを最初の段階で受けない流動性は持てていたので、その辺りから自分たちがボールを保持できるようになってきました。そしてコンビネーションもスムーズに出せていたことが、結果として島屋選手のゴールにつながったと思います。

2017年11月5日(日) 徳島 3-1 愛媛

渡大生選手

渡大生選手

『今年は長い間(山﨑選手と)ペアを組んでいるので、崩せましたし、島屋選手がすごく間、間でボールを受けてくれました。中盤はみんな信頼を置いている選手ばかりなので、主導権を握れます。僕たち(前線の選手たちが)決めないと何も始まらないので、そういう意味では2トップで点が取れて良かったです。
ここまで来ると、相手どうこうよりも、僕たちにはコンセプトがしっかりあるので、自分たちのサッカーをやらないと始まりません。リカルド監督の元しっかり意思表示しているサッカーなので、どんなプレッシャーが来ようとも(自分たちのサッカーを)やれれば勝てると思っているので、リカルド監督のやるサッカーをして勝つ、それだけです』

『ティーンズ四国ダービー』開催!

7月1日(土)『ティーンズ四国ダービー』開催決定! ユース同士の熱い戦いも見逃せない!!

このたび、7月1日(土)【四国ダービー】愛媛FC戦において、高円宮杯U-18サッカーリーグ2017プリンスリーグ第6節『ティーンズ四国ダービー』徳島ヴォルティスユースvs愛媛FCU-18の開催が決定いたしました。
6月3日(土)に両チームの監督・選手が出席して、記者会見をおこないましたのでその模様をお届けします。

【両クラブ監督のコメント】
  • 羽地登志晃監督
  • 羽地登志晃監督

    プリンスリーグでの大事な首位攻防戦であり、目の前の大事な1試合であり、四国内で負けたくない相手である愛媛FCとポカリスエットスタジアムで試合が出来るということで、こちらは攻撃的に常に得点を狙って、終始主導権を握るような試合をしたいと思っています。

  • 青野大介監督

    ※現役時代の写真

  • 青野大介監督

    リーグの中で首位の攻防戦であるということと、私たちも選手時代に戦った経験から負けてはいけない相手との試合ということで、アカデミーの選手たちにもしっかりとそういうことが刷り込まれて戦わなければいけない試合だということ(を伝えたい)。
    あとは、今までのリーグよりもおそらくたくさんの方に観てもらえると思うのですが、そういう中で少しでも選手たちのプレーが、観る人に何か感動するようなことを与えられるようにプレー出来ればと思います。

記者会見の様子はこちら

ティーンズダービーの試合結果

徳島ユース 5-1 愛媛 U-18

得点者

10分 林優斗(徳島)
15分 八木祐哉(徳島)
24分 藤原志龍(徳島)
75分 岩佐瞭希(徳島)
80分 木田(愛媛)
90分+5 市川健志郎(徳島)

桒原呂偉選手(キャプテン)

桒原呂偉選手(キャプテン)

最初から自分たちのプレーが出来て、先制する事が出来ました。それから追加点が取れて、自分たちのしたかった試合が出来たと思います。
(どういった点に気をつけて試合に臨みましたか?)雰囲気に飲まれないように、とにかく自分たちのプレーを出来るようにとみんなで話し合って試合に入りました。
(その雰囲気はいかがでしたか?)やっぱり緊張しました。結構みんな緊張していました。ただ、速い時間に得点が入ったことで、自分たちの普段のプレーが出来ました。
(今後のプリンスリーグの戦いに向けて)今日の勝利をしっかりと大事にして、次に繋げていきたいです。これからも全部買って、優勝したいです!
(前座ということもあって、スタンドからも選手の名前を呼んだ応援もありました。)応援は聞こえていました。やってやろうという気持ちにはなりました。
(今後こういった大舞台での試合も出てくると思います。良い経験になりましたか?)今日、本当に良い経験が出来ました。こういった舞台をこれからも作ってもらえるとありがたいですし、嬉しいです!
(自分自身のプレーはいかがでしたか?)自分の持ち味のスタミナ、相手よりも走ることが出来ました。得意のミドルシュートを打つことは出来なかったのですが、アシストも出来たので全体的には良かったと思います。

page top