Game information試合情報

試合日程・結果

2017年03月18日 明治安田生命J2リーグ 第4節

試合終了

徳島ヴォルティス VS 大分トリニータ
1 1 前半 0 0
0 後半 0
前半30分 渡 大生
得点者
後半14分
IN : [DF] 5 石井 秀典 OUT : [MF] 23 前川 大河
後半32分
IN : [MF] 19 内田 裕斗 OUT : [MF] 26 杉本 太郎
後半36分
IN : [FW] 9 アシチェリッチ OUT : [FW] 16 渡 大生
交代 後半20分
IN : [MF] 17 國分 伸太郎 OUT : [FW] 9 後藤 優介
後半37分
IN : [FW] 48 川西 翔太 OUT : [FW] 27 三平 和司
後半44分
IN : [MF] 24 姫野 宥弥 OUT : [MF] 7 松本 怜
前半23分 警告 小西 雄大
後半28分 警告 ヴァシリェヴィッチ
警告
退場
後半10分 警告 竹内 彬
試合会場 大分銀行ドーム キックオフ 14:00
芝状態/グランド全面良芝/乾燥 天候/風屋内/無風
気温/湿度17.8度/35% 観客数7150人
主審清水 修平 副審1蒲澤 淳一
副審2浜本 祐介 第4審判正木 篤志
後半 前半   前半 後半
0 1 得点 0 0
0 0 PK 0 0
6 2 GK 5 3
6 12 シュート 2 4
10 6 FK 4 7
2 2 CK 1 5
1 1 イエローカード 0 1
0 0 レッドカード 0 0
2 0 オフサイド 0 1

スターティングメンバー

徳島 チーム 大分
リカルド ロドリゲス 監 督 片野坂 知宏
21 梶川 裕嗣
G K 21 上福元 直人
22 広瀬 陸斗
4 藤原 広太朗
2 ヴァシリェヴィッチ
27 馬渡 和彰
D F 5 鈴木 義宜
4 竹内 彬
6 福森 直也
8 岩尾 憲
11 島屋 八徳
23 前川 大河
26 杉本 太郎
32 小西 雄大
M F 29 岩田 智輝
20 小手川 宏基
33 鈴木 惇
7 松本 怜
16 渡 大生
F W 9 後藤 優介
27 三平 和司
18 伊佐 耕平
[GK] 31 長谷川 徹
[DF] 5 石井 秀典
[MF] 28 井澤 惇
[MF] 10 大﨑 淳矢
[MF] 19 内田 裕斗
[MF] 13 松村 亮
[FW] 9 アシチェリッチ
SUB [GK] 31 高木 駿
[DF] 14 岸田 翔平
[MF] 16 山岸 智
[MF] 24 姫野 宥弥
[MF] 17 國分 伸太郎
[FW] 48 川西 翔太
[FW] 11 林 容平

コメント

text by ヴォルスタ

■リカルドロドリゲス監督
【試合総括】

『非常にいい試合ができたと思います。1点だけではなくて2点目、3点目を奪える機会があったんですが、そこは達成することはできませんでした。
大分のプレーに関しては縦に速くセカンドボールを拾って展開するチームと見ていました。そういったところで耐えないといけない時間帯もありましたけど、追加点こそ奪えませんでしたがしっかりとゴールへ近づけたり、相手に対してうまくやれたと思います。
結果的には勝点3を取れてよかったです。このまま続けていければと思います』

【質疑応答】
Q=4-3-3でスタートして3-4-3へ変更した意図と小西選手を起用した理由を教えてください。
A=『(小西選手について)年齢こそ若いですが非常に能力のある選手ですしプレスを強くかけることができる選手です。今日見たように90分しっかりとプレーできますので起用しました。システムについてですが、大分は長いボールを入れてセカンドボールを狙ってきて、特に前線の3人のコンビネーションが非常にいいチームなので警戒しなくてはいけませんでした。後半に後ろを3枚にした理由は、前線のプレスが弱くなってきたので変えました。ただそのまま終わらせるということではなく2点目を奪いに行くという意図の交替でした』

Q=4節終わって暫定だが首位になりました。その点については?
A=『いいスタートダッシュが切れたと思います。京都戦では負けてしまいましたが、それ以外ではしっかり勝つことができてよかったです。プレーの内容としてもゴールまで何回も迫っていって、それから試合もしっかり支配しています。今日の試合に関してはディフェンスに回らなくてはいけない時間も多かったんですけど、それでもチームがひとつになって堅く守れたと思います。チームの働きだったり、選手それぞれがやっているプレーに関して非常に満足しています。ですけれどもリーグ戦は始まったばかりですので、このまま続けられるように頑張っていきたいと思います。まだまだ続きますので何節後はどうするということは考えていませんし、とにかく次の試合へ向けて準備していくことが重要だと思います。ただ今日はこの勝利をチーム全体で楽しんで過ごしていきたいと思います。先ほども話しましたが、今日は若い選手が初めて出場しました。ベンチ入りもしていなかった選手が今日プレーしましたが、これからもいろいろな選手がプレーして全員がひとつのチームとなって戦っていければと思っています。そしてチームとして成長し続けていって、このまま勝ち続けていければと思います。(最後に日本語で)アリガトウゴザイマシタ』


 

■渡大生選手
『(得点シーンについては?)自分のところにこぼれてきたので、ああいうところは本能というか、自分の感覚を大事にしています。
前半はイニシアチブが取れて点も取ることができてよかったですけど、後半個人的には60分以降は何もしていないのでもっとチームを助けることができればいいなと思っています。ただこいった厳しい戦いでも勝点3取れたことはチームとしてはすごくポジティブだなと思います。
今日は後半特に押し込まれている状況だったので、その中でDF陣がすごく頑張ってくれたので、その中で前線の選手が1点取って楽にできたらよかったんですけど、そこはもっともっとやっていかないといけないなと思いました。
(チームの課題は)もっと主導権を握って、しっかりボールを回して支配率を高めていければやっている人も見ている人も楽しいと思うので、もっと突き詰めていきたいと思います。次も勝ちます!』




■小西雄大選手
『(デビュー戦の感想は?)すごくタフな試合でした。前半は自分の長所を出せましたが、後半は少し運動量が落ちて相手のペースが長く続いて、なかなか厳しい試合でした。けれど、こういうタフな試合をデビュー戦でできたことはすごくいい経験になりました。
(前半良かった部分は)ボールをもらってから周りを動かしながらシュートまでの流れを出せたのは良かったと思います。
(後半早々のFKは?)速い球でそのまま入るようなボールを蹴ってほしいと監督に言われていました。
(監督からはどんな言葉をかけられましたか?)いつも通り練習でやっているようなプレーをしてほしいと、あとは楽しんでやってほしいと言われました』




■ヴァシリェヴィッチ選手
『(粘り強く守りましたね)点を取らせないことが自分の仕事なので、DFラインもチーム全体で点を取って無失点でいいサッカーができたと思います。
(試合中に藤原選手と話すシーンがありましたね)ポジショニングやカバーリングについて連携について話し合っていたのだと思います。そこからチャンさん(石井選手)が入って3バックになっていつも通りやろうということでした』



~ハーフタイム監督コメント~
・ボールを失った後の切り替えを徹底していこう
・勝つためにこのままインテンシティを高く続けていくぞ
・2点目を取りに行って、絶対勝つぞ!

 


~試合前日コメント~
■渡大生選手
『今週もしっかりといつも通りの準備が出来ました。大分は去年J3を戦って這い上がってきたチームで強いメンタルを持って戦ってくると思うので、自分もしっかり強いメンタルを持って戦いたいと思います。毎試合勝ちたいと思う気持ちはもちろんですけど、自分はFWなので良い準備して点を取って、昨年を超えられるようにまずは明日の試合も相手にとって脅威になれるように頑張ります。
明日も応援よろしくお願いします。』

 

公式ファンサイト ヴォルティススタジアム

試合後の監督記者会見コメント、選手コメントはクラブ公認ファンサイト「ヴォルティススタジアム」により、提供されています。なお、「ヴォルティススタジアム」では、監督記者会見はもちろん選手5名以上のコメントが試合当日に掲載になります。「ヴォルティススタジアム」にぜひご登録いただき、ご覧ください。

page top