Game information試合情報

試合日程・結果

2017年04月15日 明治安田生命J2リーグ 第8節

試合終了

徳島ヴォルティス VS 名古屋グランパス
2 0 前半 0 2
2 後半 2
後半14分   馬渡 和彰
後半39分   渡 大生
得点者 後半16分   フェリペ ガルシア
後半33分   永井 龍
後半28分
IN : [FW] 17 山﨑 凌吾 OUT : [MF] 23 前川 大河
後半41分
IN : [FW] 9 アシチェリッチ OUT : [FW] 16 渡 大生
後半41分
IN : [MF] 13 松村 亮 OUT : [MF] 26 杉本 太郎
交代 後半0分
IN : [DF] 6 古林 将太 OUT : [DF] 15 宮原 和也
後半11分
IN : [MF] 21 八反田 康平 OUT : [DF] 25 杉本 竜士
後半41分
IN : [MF] 27 杉森 考起 OUT : [MF] 38 永井 龍
後半27分 警告 カルリーニョス
後半40分 警告 渡 大生
警告
退場
後半39分 警告 田口 泰士
後半48分 警告 内田 健太
試合会場 鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアム キックオフ 14:00
芝状態/グランド全面良芝/乾燥 天候/風晴/弱風
気温/湿度21.3度/58% 観客数6078人
主審村上 伸次 副審1松井 健太郎
副審2大塚 晴弘 第4審判池田 一洋
後半 前半   前半 後半
2 0 得点 0 2
0 0 PK 0 0
2 2 GK 9 4
7 8 シュート 2 4
8 8 FK 14 17
2 7 CK 2 7
2 0 イエローカード 0 2
0 0 レッドカード 0 0
0 0 オフサイド 3 3

スターティングメンバー

徳島 チーム 名古屋
リカルド ロドリゲス 監 督 風間 八宏
21 梶川 裕嗣
G K 1 楢﨑 正剛
4 藤原 広太朗
2 ヴァシリェヴィッチ
27 馬渡 和彰
D F 15 宮原 和也
3 櫛引 一紀
39 内田 健太
25 杉本 竜士
22 広瀬 陸斗
8 岩尾 憲
6 カルリーニョス
23 前川 大河
26 杉本 太郎
M F 38 永井 龍
7 田口 泰士
8 ワシントン
28 玉田 圭司
11 島屋 八徳
16 渡 大生
F W 10 フェリペ ガルシア
9 シモビッチ
[GK] 31 長谷川 徹
[DF] 5 石井 秀典
[DF] 19 内田 裕斗
[MF] 32 小西 雄大
[MF] 13 松村 亮
[FW] 17 山﨑 凌吾
[FW] 9 アシチェリッチ
SUB [GK] 18 渋谷 飛翔
[DF] 6 古林 将太
[DF] 36 酒井 隆介
[MF] 21 八反田 康平
[MF] 23 青木 亮太
[MF] 27 杉森 考起
[FW] 19 押谷 祐樹

コメント

text by ヴォルスタ

■リカルドロドリゲス監督
【試合総括】
『今日は全体的に非常に良い試合ができたと思います。試合のキーになったのは前半です。試合を完全に支配して、数多くのチャンスを作ることもできましたが、ゴールを決めることだけができませんでした。もうひとつ、後半は先制のゴールをしてから同点にされる失点までの時間が非常に短かった。そういう部分はこれから改善していかなければなりません。ただしポジティブな面も多くありました。1-2で負けている状況でもしっかりと戦い続け2-2に追いついた点は、チームのスピリットが素晴らしかったと思います。 名古屋は皆さんがご存知の通り実力のあるチームです。そのチームに対して良い試合ができたことは大きな収穫だったと思います。』

【質疑応答】
Q=立ち上がりのシステムはどのような配置だったのか?
A=『4-4-2で中盤をダイヤモンドで形成していました。』

Q=その中で前川選手の役割と評価は?
A=『彼はトップ下を任せました。個人の評価にはなりませんが、先ほど言った通り全員が良い試合をしてくれました。ですが、相手は2~3回のチャンスで2点を決めてきた。逆に私たちは10回くらいのチャンスの中で2点しか取れなかった。この点は今後勝点3を取っていく上で改善しなければなりません。』

Q=名古屋を分析し、試合前はどんな指示を送っていたのか?
A=『相手選手たちに快適にプレーさせてはいけないと指示しました。名古屋はクオリティーの高い選手を揃えているチーム、特に前線には危険な選手が多く、ワイドの永井選手も元々はFWです。簡単にプレーさせると我々が苦しむので、しっかりとボールは支配していこうとも話をしました。』

Q=後半投入したメンバーについて、狙いと評価は?
A=『狙いはチーム全体をフィジカル的にもう一度フレッシュにしたいということでした。特に前線からプレスをかける必要があったので、前線の選手を交代させました。渡選手、杉本選手、前川選手には疲れが見えていました。また最後まで相手を押し込んで3点目を奪いに行くという意図もありました。』



■馬渡和彰選手
『得点場面では力むことなく、ゴールの枠内へ蹴ることができました。今日は両SBが上がる形になっていましたが、ゴール前へ行くかどうか躊躇する場面が前半からあったので、あの場面では思い切って走り切るようにしました。
前半にあれだけチャンスを作ったのに、0-0でHTを迎えて嫌な展開だと思いました。ここまで前半と後半でチームのパフォーマンスが変わる試合があり心配もありましたが、後半も引き続き自分たちのサッカーをやれたことは良かったと思います。それだけに、もったいない試合だったという思いが大きいです。最低限の勝点1を持ちかえりますが、昇格に向けてこのような試合をしていてはダメだと思っています』


■渡大生選手
『良い試合をしていたので、早く点を取らなければ難しい展開になるのではと思っていました。後半も良い流れで先制できましたが、直後に追いつかれたことはこれからの長いシーズンにおいて教訓にしなければいけません。同点ゴールはコンビネーションで取れましたが、ゴール前ではもっと質を上げなければいけないと、今日あらためて思いました。
今日のような試合を多くの試合で表現できるように、これからも監督の目指すサッカーを追求していきたいと思っています』


■アシチェリッチ選手
『90分を通して相手よりも良いサッカーをしましたが、引き分けてしまい3ポイント取れませんでした。やはり決めるべきシーンで決められないと、このようになってしまいます。「絶対に勝つぞ」と監督に言われて出場しましたが、勝ち越せずに悔しい思いはあります。しかし次の試合に向けて切り替え、準備しなければなりません。
出場時間は短かったのですが、今日は私自身、ホームでのデビューでした。個人的にも早くゴールを挙げたいと思っています』


~ハーフタイム監督コメント~
・今のインテンシティを続けていくこと、しっかりとボールに対しても行くこと
・最後のゴールを奪うところだけだぞ。ここまで非常に良いので、チャンスでシュートを打っていこう
・この試合は絶対勝たなきゃいけないぞ!

~試合前日コメント~
■ヴァシリェヴィッチ選手
『前節はとても難しい試合になりました。相手が良いサッカーをしてきましたが、その中で自分たちにも良い時間がありました。ロスタイムに入る前まで負けていましたが、同点にすることが出来ましたし、勝ち越すチャンスもありました。これがサッカーだと思いますし、これから改善していかないといけないところはしっかり改善してく必要があります。
明日の名古屋との試合は今までで一番難しい相手になると思いますが、自分たちの今出来る一番良いサッカーをして、個人としては良い守備をして勝利に貢献したいと思います。明日も応援よろしくお願いします!』

公式ファンサイト ヴォルティススタジアム

試合後の監督記者会見コメント、選手コメントはクラブ公認ファンサイト「ヴォルティススタジアム」により、提供されています。なお、「ヴォルティススタジアム」では、監督記者会見はもちろん選手5名以上のコメントが試合当日に掲載になります。「ヴォルティススタジアム」にぜひご登録いただき、ご覧ください。

page top