Game information試合情報

試合日程・結果

2017年04月29日 明治安田生命J2リーグ 第10節

試合終了

徳島ヴォルティス VS ジェフユナイテッド千葉
0 0 前半 1 2
0 後半 1
得点者 前半23分 髙橋 壱晟
後半49分 指宿 洋史
前半19分
IN : [DF] 5 石井 秀典 OUT : [MF] 23 前川 大河
後半0分
IN : [FW] 17 山﨑 凌吾 OUT : [FW] 11 島屋 八徳
後半18分
IN : [DF] 19 内田 裕斗 OUT : [FW] 26 杉本 太郎
交代 後半20分
IN : [MF] 22 羽生 直剛 OUT : [FW] 8 清武 功暉
後半30分
IN : [FW] 50 指宿 洋史 OUT : [FW] 9 ラリベイ
後半40分
IN : [DF] 25 比嘉 祐介 OUT : [FW] 11 船山 貴之
前半14分 退場 馬渡 和彰
警告
退場
試合会場 フクダ電子アリーナ キックオフ 15:00
芝状態/グランド全面良芝/乾燥 天候/風晴/中風
気温/湿度21.5度/40% 観客数9077人
主審高山 啓義 副審1木川田 博信
副審2清野 裕介 第4審判荒木 友輔
後半 前半   前半 後半
0 0 得点 1 1
0 0 PK 0 0
6 11 GK 2 4
2 3 シュート 9 9
8 7 FK 7 10
1 0 CK 3 2
0 0 イエローカード 0 0
0 1 レッドカード 0 0
0 0 オフサイド 1 3

スターティングメンバー

徳島 チーム 千葉
リカルド ロドリゲス 監 督 フアン エスナイデル
21 梶川 裕嗣
G K 23 佐藤 優也
22 広瀬 陸斗
4 藤原 広太朗
2 ヴァシリェヴィッチ
27 馬渡 和彰
D F 4 北爪 健吾
20 若狭 大志
3 近藤 直也
37 キム ボムヨン
8 岩尾 憲
6 カルリーニョス
23 前川 大河
M F 32 髙橋 壱晟
15 熊谷 アンドリュー
10 町田 也真人
26 杉本 太郎
16 渡 大生
11 島屋 八徳
F W 9 ラリベイ
8 清武 功暉
11 船山 貴之
[GK] 1 相澤 貴志
[DF] 5 石井 秀典
[DF] 19 内田 裕斗
[MF] 32 小西 雄大
[MF] 10 大﨑 淳矢
[FW] 17 山﨑 凌吾
[FW] 9 アシチェリッチ
SUB [GK] 29 山本 海人
[DF] 17 大久保 裕樹
[DF] 25 比嘉 祐介
[MF] 14 アランダ
[MF] 22 羽生 直剛
[MF] 21 ホルヘ サリーナス
[FW] 50 指宿 洋史

コメント

text by ヴォルスタ

■リカルドロドリゲス監督
【試合総括】
みなさんも見た通り、長い時間1人少ない展開になり、どうしても簡単にプレーができませんでした。チームとしてはできるだけ相手にダメージを与え、チャンスをつくるように崩していく展開やチャンスを作るように努めていました。しかし、1人少ないため、相手はプレスをはめやすいところもありましたし、うちもプレスを掛けづらいところがありました。そこが簡単に突破される原因でした。このリーグで2番目のポゼッションを誇るチームに対して、難しいシチュエーションになってしまいました。
1失点目に関しては、岩尾選手がケガでピッチを離れていたところで失点してしいました。それがなければ、10人でもうまく守れていたと思うので、もう少し違う展開もあったとも思っています。

【質疑応答】
Q=
後半は1人少ない中でチャンスも作れましたが、交代の意図は?
A=交代に関しては、バランスを取るために、前川選手を外して、石井選手を入れることで3バックにして少し形を変えました。それから山﨑選手に代えることによって、前線でボールを収めてターゲットになることができると思い投入しました。ただ、一人少ないので、なかなか機能させることはできませんでしたけど、そういったことをチャレンジしました。
それから試合の中で4-4-1にしました。サイドの展開から仕掛けていきたかったんですけど、なかなかうまくいきませんでした。そこで内田選手をサイドに入れて、3-4-2に変えて広瀬選手を右にして仕掛けていこうとしましたが、最後の最後で失点してしまいました。

Q=
一人少なくなったことについて。
A=状況としては詳しく見ていませんのでわかりませんが、向こうのボールボーイかスタッフなのかわかりませんが、ボールをくれなかったということで。何かをしてしまったのであれば当然悪いのですが、ただボールを渡さないことでそういったことが起きてしまったことも理解できなくもないと思っています。だたやはり選手が少なくなることは、当然11対11でも負ける可能性はありますが、やはりこういう展開になってしまいます。もう少しいい戦いができたと思っています。
ですので、全部が全部、相手が悪いのかこちらが悪いのかわかりませんが、もう少し感情をコントロールしていければよかったかなと思いました。


島屋八徳選手
最初はFWで、守備のところが相手のサイドバックとマッチアップするような形でした。立ち上がりはまらなくて、馬渡選手が退場する前から、うまくいっていなかったですね。退場してから、粘り強く守備をして、後半の最後に追加点を奪われてしまいましたが、チーム全体で守備をした部分は評価できると思うので、前川選手も悔しい交代だったと思うし、僕も前半で戦術的な交代になってしまいましたし、このうっ憤を次の試合で晴らせるようにしたいです。

広瀬陸斗選手
戦い方が変わって、早い段階で失点してしまいましたが、自分たちは攻撃するしかないので、後半もリスクをリスクを負いながら攻めました。守りに入るのは出なくてしっかり前からボールを取りに行こうとしていました。相手のDFラインも高いので、その裏をしっかり狙っていこうと思っていました。相手のプレスも速いですし、裏へボールへ蹴っても相手のGKにクリアされてしまいます。そういう中で、中でしっかり話し合ってやれればいいかなと思います。

岩尾憲選手
メンタルを切り替えていくしかない。もう一度、自分たちの原点に戻ってやりたい。カズ(馬渡)だけでなく全員が今日の試合を反省しないといけない。
中3日ですぐホーム福岡戦があるが、3日間を大事に使いたい。

~ハーフタイムコメント~
・顔を上げて!ここからだぞ!
・落ち着いて、頭を使って戦っていこう
・まずは1点、絶対勝つぞ!!

~試合前日コメント~
■杉本 太郎選手
『前節は、とにかく勝点3が取れたことが良かったです。個人的にはボールを収める回数も少なくて、ミスもあったので、もっと走ってゴールやアシストといった結果を残さないといけないと思っています。 チームとして前からボールを奪いにいくという戦い方がベースなので、明日の試合でもそこはしっかりと自分含めて相手より走ってボールを奪いにいって、自分たちの攻撃時間を長くしていけたらと思います。 厳しい連戦が始まりますが、チーム一丸となって戦うので皆さんにも力を貸してもらえたらと思います。明日も応援よろしくお願いします!』

公式ファンサイト ヴォルティススタジアム

試合後の監督記者会見コメント、選手コメントはクラブ公認ファンサイト「ヴォルティススタジアム」により、提供されています。なお、「ヴォルティススタジアム」では、監督記者会見はもちろん選手5名以上のコメントが試合当日に掲載になります。「ヴォルティススタジアム」にぜひご登録いただき、ご覧ください。

page top