Game information試合情報

試合日程・結果

2017年08月16日 明治安田生命J2リーグ 第28節

試合終了

徳島ヴォルティス VS ツエーゲン金沢
4 3 前半 0 0
1 後半 0
前半4分   大﨑 淳矢
前半14分   渡 大生
前半44分   杉本 太郎
後半23分   山﨑 凌吾
得点者
後半0分
IN : [DF] 2 ヴァシリェヴィッチ OUT : [DF] 20 キム ジョンピル
後半27分
IN : [MF] 34 清原 翔平 OUT : [FW] 16 渡 大生
後半33分
IN : [MF] 14 濱田 武 OUT : [MF] 26 杉本 太郎
交代 前半22分
IN : [FW] 19 垣田 裕暉 OUT : [MF] 15 宮崎 幾笑
後半13分
IN : [FW] 30 山﨑 雅人 OUT : [DF] 18 野田 紘史
後半21分
IN : [MF] 4 小柳 達司 OUT : [FW] 19 垣田 裕暉
前半10分 警告 キム ジョンピル
後半18分 警告 岩尾 憲
後半39分 警告 大﨑 玲央
後半42分 警告 馬渡 和彰
後半42分 警告 長谷川 徹
警告
退場
後半23分 警告 ビョン ジュンボン
後半42分 警告 中美 慶哉
試合会場 石川県西部緑地公園陸上競技場 キックオフ 19:00
芝状態/グランド全面良芝/乾燥 天候/風曇/無風
気温/湿度27.2度/67% 観客数3727人
主審窪田 陽輔 副審1正木 篤志
副審2野村 修 第4審判松本 大
後半 前半   前半 後半
1 3 得点 0 0
0 0 PK 0 0
4 7 GK 4 8
7 8 シュート 5 1
11 5 FK 9 7
1 2 CK 2 2
4 1 イエローカード 0 2
0 0 レッドカード 0 0
2 0 オフサイド 2 0

スターティングメンバー

徳島 チーム 金沢
リカルド ロドリゲス 監 督 柳下 正明
31 長谷川 徹
G K 23 白井 裕人
3 大﨑 玲央
20 キム ジョンピル
15 井筒 陸也
D F 28 石田 崚真
33 ビョン ジュンボン
39 庄司 朋乃也
18 野田 紘史
8 岩尾 憲
6 カルリーニョス
27 馬渡 和彰
26 杉本 太郎
10 大﨑 淳矢
M F 15 宮崎 幾笑
5 太田 康介
6 大橋 尚志
10 中美 慶哉
17 山﨑 凌吾
16 渡 大生
F W 9 佐藤 洸一
11 杉浦 恭平
[GK] 21 梶川 裕嗣
[DF] 2 ヴァシリェヴィッチ
[DF] 4 藤原 広太朗
[MF] 19 内田 裕斗
[MF] 32 小西 雄大
[MF] 14 濱田 武
[MF] 34 清原 翔平
SUB [GK] 22 田尻 健
[DF] 3 作田 裕次
[MF] 4 小柳 達司
[MF] 7 秋葉 勝
[FW] 19 垣田 裕暉
[FW] 24 大槻 優平
[FW] 30 山﨑 雅人

コメント

text by ヴォルスタ

■リカルドロドリゲス監督
【試合総括】
『前半は立ち上がりから非常に良かったです。開始3~4分で先制点を取って、そこからうまく進めていくことができました。相手のプレスの仕方もしっかり見ていたので、どのように突破していくのか、それがしっかり練習どおりできました。前半は特にうまく崩すことができました。そして前半の最後に3点目を取ることができて、それがこの試合を大きく変えたと思います。
後半もしっかりとゴールを目指しながら、できるだけボールを握って相手が前掛かりになったところをうまく突いていく戦い方も非常にうまくいったと思います。ですので、今日の試合は攻撃、守備、両方に満足しています。』
 
【質疑応答】
Q=大﨑淳矢選手の起用の理由と、キムジョンピル選手をハーフタイムで交代させた理由は?
A=『まず大﨑選手ですが、もともとあそこのポジションで非常に能力を持っている選手です。狭いスペースでプレーができる選手です。実際今日も先制点を取ってくれましたし、非常にいい働きをしてくれていました。
キムジョンピル選手ですが、前半で一枚カードをもらっていました。3-0でもしこの試合で嫌な展開になるとしたら、アクシデントなどで後半カードが出て退場となって一人少ない状況になることだったので、そういったシチュエーションがよぎったので今回は変えました。ただ前半に関してはいいプレーをしてくれていました』
 

■大﨑淳矢選手
『スタメンで出たらもちろん点が取れる自信はあるので、やれるだけの仕事はできたかなと思います。先制点は非常に貴重だと思うし、僕らのような出場機会の少ない選手はこういう時にいかにチームにプラスの働きをもたらすかが求められていると思います。今日結果を出したからと言って次があるという保証はもちろんありませんし、だからこそ出た試合ですごく大切に戦いたいし、この試合にかける思いは人一倍ありました。
(山﨑選手とのコンビネーションもよかったと思います)やりたいことはわかりますし、やりやすさは抜群にいいかなと感じています。(次の試合に向けて)次につながるかどうかは監督次第なので、出たら頑張ります』


■山﨑凌吾選手
『1点目が早い時間帯で取れたので、あれでチームも楽になりました。
(全ての点に絡んでいますが、手応えがあったのは?)1点目のカウンターとか、4点目も自分が裏に抜け出してショートカウンターの形は練習からやってきた形だったので、狙いがしっかり形になったともいます。
自分自身もっと点が取れたと思うので、そこは貪欲に狙っていかないといけません。ただ今日は4点取ったことよりも(無失点で追われたことが)評価できると思います』


■渡大生選手
『ここから反撃の狼煙が上がったと思うので、ここから突っ走ります!
後ろもゼロで抑えられたし、ハードワークできたことが良かったですけど、『勝って兜の緒を締めよ』ではないですけど、勝った時ほど気を引き締めていきたいです。ただこの複数得点の勝利の勢いにしっかり乗りながら、このまま突っ走っていきたいです。
前回(横浜FC戦の)ああいう教訓があったので、みんな分かっていると思いますし、ここからは負けずに突っ走ります!』


~ハーフタイムコメント~
・パスコースを作ってフリーなところにボールを動かして、4点目、5点目を取りに行くこと。
・一番大事なのは失点しないことだが、引いて守るというメッセージでは無く、いつもの考え方で!

~試合前日コメント~
■馬渡和彰選手
『試合の最後の終わらせ方と、勝っている状況の中でどういうサッカーをするのかというのは、もう一度“どんな状況でもプレスに行って、自分たちのサッカーをして攻め続ける”ということです。守りに入るのではなく、ああいった状況でも3点目を取って試合を終わらせられるようなサッカーをしようということは(チームで)話し合いました。あと必要なのはクオリティのところを高めていくことです。
ピッチ状態はボールを回しにくいということも想定できるので、引っかけてカウンターというのは気を付けなければいけないし、ピッチでボールが回らない時のサッカーというのはピッチで判断してしっかり戦いたいと思います。』

公式ファンサイト ヴォルティススタジアム

試合後の監督記者会見コメント、選手コメントはクラブ公認ファンサイト「ヴォルティススタジアム」により、提供されています。なお、「ヴォルティススタジアム」では、監督記者会見はもちろん選手5名以上のコメントが試合当日に掲載になります。「ヴォルティススタジアム」にぜひご登録いただき、ご覧ください。

page top