Game information試合情報

試合日程・結果

2017年10月14日 明治安田生命J2リーグ 第37節

試合終了

vs FC岐阜
2

0 前半 0

2 後半 0

0
後半2分   内田 裕斗
後半44分   岩尾 憲
得点者
後半25分
IN : [MF] 32 小西 雄大 OUT : [MF] 23 前川 大河
後半32分
IN : [DF] 22 広瀬 陸斗 OUT : [FW] 11 島屋 八徳
後半43分
IN : [FW] 10 大﨑 淳矢 OUT : [FW] 26 杉本 太郎
交代 後半8分
IN : [FW] 24 難波 宏明 OUT : [FW] 7 田中 パウロ淳一
後半23分
IN : [MF] 28 永島 悠史 OUT : [MF] 6 シシーニョ
後半40分
IN : [MF] 30 中島 賢星 OUT : [FW] 14 風間 宏矢
前半21分 警告 内田 裕斗
後半8分 警告 大﨑 玲央
警告
退場
後半43分 警告 田森 大己
試合会場 岐阜メモリアルセンター長良川競技場 キックオフ 16:00
芝状態/グランド全面良芝/水含み 天候/風曇/弱風
気温/湿度22.3度/65% 観客数5359人
主審清水 勇人 副審1正木 篤志
副審2野村 修 第4審判数原 武志
後半 前半   前半 後半
2 0 得点 0 0
0 0 PK 0 0
7 3 GK 7 8
10 9 シュート 1 3
4 8 FK 8 10
2 6 CK 1 1
1 1 イエローカード 0 1
0 0 レッドカード 0 0
2 0 オフサイド 1 2

スターティングメンバー

徳島 チーム 岐阜
リカルド ロドリゲス 監 督 大木 武
31 長谷川 徹
G K 25 ビクトル
4 藤原 広太朗
3 大﨑 玲央
20 キム ジョンピル
D F 17 大本 祐槻
15 田森 大己
2 阿部 正紀
16 福村 貴幸
27 馬渡 和彰
8 岩尾 憲
23 前川 大河
19 内田 裕斗
M F 23 小野 悠斗
10 庄司 悦大
6 シシーニョ
11 島屋 八徳
16 渡 大生
26 杉本 太郎
F W 7 田中 パウロ淳一
14 風間 宏矢
11 古橋 亨梧
[GK] 21 梶川 裕嗣
[DF] 2 ヴァシリェヴィッチ
[DF] 15 井筒 陸也
[DF] 22 広瀬 陸斗
[MF] 32 小西 雄大
[MF] 34 清原 翔平
[FW] 10 大﨑 淳矢
SUB [GK] 21 高木 義成
[DF] 5 青木 翼
[DF] 26 磐瀬 剛
[MF] 28 永島 悠史
[MF] 30 中島 賢星
[FW] 19 薮内 健人
[FW] 24 難波 宏明

コメント

text by ヴォルスタ

■リカルドロドリゲス監督
【試合総括】
『今回の試合は非常に難しい相手だなと認識していました。特に岐阜は非常にボールを持つ力があるチームで、ポゼッションもできる相手なので、非常に難しいと思っていました。ただ、試合ではここまでやってきたことがうまく表現できたのかなと思います。相手よりもチャンスの数もポゼッションもそうですし、前から行くところもしっかりハマっていてやりたいことができていたと思います。それからボールを持っているときには自分たちがどこから攻めていきたいのか、どこを使っていきたいのか、そういうところがうまくやれていたので、こういう結果につながったのかなと思います。 最終的には3点目、4点目が取れてもおかしくない内容だったとは思いますが、ただ重要なのは勝点3を積み上げていって、個人とチームのパフォーマンスを上げていくことです。今日は勝点3が取れて良かったと思います』

【質疑応答】
Q=久々の無失点勝利でした。プレスを上手くかけられていましたが、どのへんがよかったのでしょうか?
A=『非常にポジティブな内容だったと思います。それぞれの選手がいい働きをしてくれました。95分間一切止めることなく、ボールを奪いに行って奪うことができました。無失点に抑えることができたことも、今後の試合で自信につながってくると思います』

Q=広瀬選手の起用と役割は?
A=『よりパワーのある選手を入れたかったからです。相手は真ん中を崩してこようとするチームなので、前線の選手も疲れているのでヤツ(島屋)と代えました。陸斗だけではなくて(小西)雄大も入れて、どんどん中盤からプレスをかけるようにしていきました』


■内田裕斗選手
『前節(仕掛けることが)出来ていなかったので、自分の色を出せるようにやっていこうという気持ちはありました。ただ、ドリブルからのクロスが全然出せていないのでそこは納得はいっていないです。
(チーム全体が連動していました)監督もいいサッカーが出来たと言っていますし、みんなも疲れていましたけど、それが結果につながっていると思うで、非常に良かったと思います。
(サポーターの方へ走って行きました)ゴールは決めましたけど今シーズン試合にも全然出ていませんし、「俺はまだまだやれるぞ」ということをちょっと表現しました。
(トラメガでどんなことを話していたのですか?)「1試合1試合負けられないので、チーム一丸となって戦いましょう」というようなことを言いました。自分が活躍して勝って盛り上げられれば最高です。
(次の試合に向けて)絶対勝たないといけませんし、みんな良く走っていましたけど、やっぱりミスもありましたし、逆に言うともっと強くなれるチャンスもあります。勝った後での課題は前向きに取り組めるので、練習からどれだけ取り組めるかだと思うので、次も圧倒して勝ちたいです』


■岩尾憲選手
『今週岐阜さん相手に対策をして、戦術的にうまくいったこともありましたし、ここ数試合球際だったり、ルーズボールに対する執着心だったり一人ひとりのインテンシティが僕も含めて、もっとやれるんじゃないかという中で、岐阜さんはボールを持たせたら何でもできるチームなので、ボールホルダーに対して様子を見るんじゃなくて、高いインテンシティでいくことが今日みんな戦えていたと思います。球際も勝つことが多かったです。これでOKではなくて、もっと自分たちがいい質でインテンシティの高さで出来るようにやっていかないといけないなと思いました。
僕らは勝って何か達成したわけではなくて何も満足していませんし、勝ってよかっただけで状況は変わっていないので、次の試合で勝点3が取れるように準備していきたいです。
(2点目について)僕が蹴りたいと思ってボールの方へ寄っていきました。(馬渡)カズや(大﨑)レオとも話をして、『いかしてくれ』という部分と『いってください』と言われた部分もあっていかせてもらいました。2点目なかなか取れなかったですけど、イメージ通り蹴れたので入ってよかったです』


■広瀬陸斗選手
『(復帰戦について)疲れました(笑)。
(監督からはどんな指示が)サイドではなくて中盤で使う可能性もあるので準備しておいてということでした。次は最初から出て、活躍したいです。
連勝ということで、久々の無失点だったので、次もしっかりゼロで抑えて、複数得点で、気を緩めないでしっかりやっていきたいです』


~ハーフタイムコメント~
・前半は非常に良かったからこれを続けていこう。ゴールは絶対に入る!
・しっかりプレッシャーをこのままかけ続けること。

~試合前日コメント~
■小西 雄大選手
『前節、自分が出場した時は試合が少しバタついていたので、上手くパスをつないで自分たちのペースに持っていけたらと思って試合に入ることが出来ました。 試合に出場出来ない時期を経て、監督が求めていることと自分の良さを上手く整理して、今は自由に、自分のストロングを上手く引き出せていると思います。 何よりチームが勝つということが一番ですし、それに対してチームのために最大限を出したいと思います。これからも絶対に勝たないといけない試合も出てくると思うので、そういった試合で自分がしっかりチームの力になれるように頑張ります。 まだまだ可能性がある限り諦めないので、一つ一つ勝ってJ1昇格出来るように、自分もチームに貢献していきたいです。明日も応援よろしくお願いします!』

公式ファンサイト ヴォルティススタジアム

試合後の監督記者会見コメント、選手コメントはクラブ公認ファンサイト「ヴォルティススタジアム」により、提供されています。なお、「ヴォルティススタジアム」では、監督記者会見はもちろん選手5名以上のコメントが試合当日に掲載になります。「ヴォルティススタジアム」にぜひご登録いただき、ご覧ください。

PAGE TOP