Game information試合情報

試合日程・結果

2017年11月05日 明治安田生命J2リーグ 第40節

試合終了

vs 愛媛FC
3

1 前半 0

2 後半 1

1
前半19分   渡 大生
後半5分   山﨑 凌吾
後半30分   杉本 太郎
得点者 後半37分   有田 光希
後半24分
IN : [MF] 32 小西 雄大 OUT : [FW] 17 山﨑 凌吾
後半33分
IN : [MF] 6 カルリーニョス OUT : [MF] 26 杉本 太郎
後半35分
IN : [FW] 34 清原 翔平 OUT : [MF] 11 島屋 八徳
交代 後半20分
IN : [MF] 10 安田 晃大 OUT : [MF] 5 藤田 息吹
後半27分
IN : [FW] 18 西田 剛 OUT : [MF] 20 河原 和寿
後半35分
IN : [FW] 15 丹羽 詩温 OUT : [FW] 7 近藤 貴司
前半43分 警告 杉本 太郎
警告
退場
後半13分 警告 田中 裕人
試合会場 ニンジニアスタジアム キックオフ 15:00
芝状態/グランド全面良芝/乾燥 天候/風晴/弱風
気温/湿度17.3度/49% 観客数5203人
主審野田 祐樹 副審1村田 裕介
副審2藤澤 達也 第4審判田中 利幸
後半 前半   前半 後半
2 1 得点 0 1
0 0 PK 0 0
6 5 GK 6 3
9 5 シュート 3 4
9 3 FK 7 3
2 2 CK 1 4
0 1 イエローカード 0 1
0 0 レッドカード 0 0
0 1 オフサイド 0 1

スターティングメンバー

徳島 チーム 愛媛
リカルド ロドリゲス 監 督 間瀬 秀一
31 長谷川 徹
G K 31 パク ソンス
4 藤原 広太朗
20 キム ジョンピル
3 大﨑 玲央
19 内田 裕斗
D F 16 田中 裕人
23 林堂 眞
2 浦田 延尚
23 前川 大河
8 岩尾 憲
26 杉本 太郎
11 島屋 八徳
M F 5 藤田 息吹
8 小島 秀仁
41 小池 純輝
20 河原 和寿
14 白井 康介
17 山﨑 凌吾
16 渡 大生
F W 7 近藤 貴司
9 有田 光希
[GK] 21 梶川 裕嗣
[DF] 2 ヴァシリェヴィッチ
[DF] 15 井筒 陸也
[MF] 6 カルリーニョス
[MF] 32 小西 雄大
[MF] 30 佐々木 匠
[FW] 34 清原 翔平
SUB [GK] 21 馬渡 洋樹
[DF] 3 玉林 睦実
[DF] 22 深谷 友基
[MF] 10 安田 晃大
[MF] 17 小暮 大器
[FW] 15 丹羽 詩温
[FW] 18 西田 剛

コメント

text by ヴォルスタ

■リカルドロドリゲス監督
【試合総括】
『全体的に非常に良いゲームができたと思います。ポゼッションであったりチャンスの数も多く作れたと思います。課題の守備面でも今日は非常によく守れていたと思います。攻守ともに完璧に近いゲームができたと思います。 ただ、3得点後に1失点してしまったことは唯一残念だった部分ですが、どの試合でも改善すべきことはあるので、次の試合で改善できるようにしていきたいです』

【質疑応答】
Q=山﨑選手から小西選手交代の意図は?
A=『単純に疲労を抱えていたので交代しました。3-0となっていたので、そこはリスクを冒さないで交代させました』

Q=今日の3点の中でチームにとって一番大事な得点はどの点だったのでしょうか?
A=『2点目かなと思います。前半にも2点目を取るチャンスがありましたが取れませんでした。これまでの試合で2点目を取れないでやられてしまうケースがあったので、今回は2点目を取ることができて、チームにも落ち着きがもたらされて、しっかりとプレーできたと思います』

Q=愛媛と戦ってみて、前回の対戦と今回の対戦で違ったところはありましたか?
A=『前半戦との違いは分析した中では特に変わったことはなかったです。ボールを奪ってからのカウンターやショートカウンター、そういったところが印象にありました。いろいろな形を持っているセットプレーも得意としていて、前半戦同様今回も選手たちに話をしながら進めていきました。 ただ相手にボールを持たせないようにしっかりとプレーできたので、今回の試合については満足しています』




■渡大生選手
『今年は長い間(山﨑選手と)ペアを組んでいるので、崩せましたし、島屋選手がすごく間、間でボールを受けてくれました。中盤はみんな信頼を置いている選手ばかりなので、主導権を握れます。僕たち(前線の選手たちが)決めないと何も始まらないので、そういう意味では2トップで点が取れて良かったです。
ここまで来ると、相手どうこうよりも、僕たちにはコンセプトがしっかりあるので、自分たちのサッカーをやらないと始まりません。リカルド監督の元しっかり意思表示しているサッカーなので、どんなプレッシャーが来ようとも(自分たちのサッカーを)やれれば勝てると思っているので、リカルド監督のやるサッカーをして勝つ、それだけです』


■山﨑凌吾選手
『(2点目のゴールにつながったインターセプトは?)あえて狙っていました。わざとDFのパスコースを空けて相手のパスが緩くなったところを1試合1回くらい狙っているので、それがうまくはまって、自分の中では狙い通りでした。
チームが勝てたことがよかったですし自分も得点が欲しかったので、これで2トップが共に点を取れて、チームももっと勢いづくと思います。
(大分戦に向けて)今日はつなぐところとロングボールでつなぐところ、相手の人数の少ないところから攻撃をするというパターンも今日できましたし、大分が前から来るのであれば、それをうまく使い分けて1点、2点、3点と今日みたいなサッカーをしたいなと思います』


■杉本太郎選手
『(ゴールシーンについて)右から相手が来ていたので、ファーサイドだと当たってしまうかなと思ってニアサイドに蹴っていい所にいきました。
渡選手が前を向いた瞬間に、走り込んだらチャンスだなと思ったので、そのインスピレーションを信じてできたことが良かったです
今日に関しては、攻撃は前の3枚に託していた部分もあったので、3人が良かったですね』


~ハーフタイムコメント~
・出来るだけ早い時間帯に追加点を取ろう!
・ボールを動かして相手を走らせよう。
・カウンターへの警戒を続けること。無失点で試合を終わらせよう!

~試合前日コメント~
■内田 裕斗選手
『絶対勝つということしか考えてません。この2試合勝てていないので、この状況だと負けていない、ではなくて勝てていない、という表現が正解と思うので絶対勝てるようにチーム一丸となって頑張ります。 個人的には積極的にプレーすることと、得点につながるプレーをして勝つということを目指して頑張ります。絶対に勝つので、熱すぎる応援をよろしくお願いします!』

公式ファンサイト ヴォルティススタジアム

試合後の監督記者会見コメント、選手コメントはクラブ公認ファンサイト「ヴォルティススタジアム」により、提供されています。なお、「ヴォルティススタジアム」では、監督記者会見はもちろん選手5名以上のコメントが試合当日に掲載になります。「ヴォルティススタジアム」にぜひご登録いただき、ご覧ください。

PAGE TOP