Game information試合情報

試合日程・結果

2018年03月04日 明治安田生命J2リーグ 第2節

試合終了

vs ロアッソ熊本
1

1 前半 0

0 後半 2

2
前半7分   島屋 八徳
得点者 後半18分   田中 達也
後半38分   鈴木 翔登
後半24分
IN : [MF] 32 小西 雄大 OUT : [DF] 28 大屋 翼
後半28分
IN : [FW] 13 呉屋 大翔 OUT : [FW] 10 杉本 太郎
後半37分
IN : [FW] 18 佐藤 晃大 OUT : [MF] 23 前川 大河
交代 後半33分
IN : [MF] 19 八久保 颯 OUT : [MF] 31 伊東 俊
後半40分
IN : [FW] 18 巻 誠一郎 OUT : [FW] 11 皆川 佑介
後半45分
IN : [MF] 22 上原 拓郎 OUT : [FW] 9 安 柄俊
後半7分 警告 大屋 翼
警告
退場
前半13分 警告 米原 秀亮
前半47分 警告 安 柄俊
試合会場 えがお健康スタジアム キックオフ 13:00
芝状態/グランド全面良芝/乾燥 天候/風晴/弱風
気温/湿度24.4度/42% 観客数5197人
主審榎本 一慶 副審1竹田 和雄
副審2日高 晴樹 第4審判先立 圭吾
後半 前半   前半 後半
0 1 得点 0 2
0 0 PK 1 0
5 4 GK 5 6
6 4 シュート 6 8
9 6 FK 8 11
3 0 CK 6 2
1 0 イエローカード 2 0
0 0 レッドカード 0 0
1 0 オフサイド 3 2

スターティングメンバー

徳島 チーム 熊本
リカルド ロドリゲス 監 督 渋谷 洋樹
1 カルバハル
G K 30 佐藤 昭大
28 大屋 翼
2 ブエノ
3 大﨑 玲央
15 井筒 陸也
D F 39 鈴木 翔登
15 青木 剛
3 イム ジンウ
8 岩尾 憲
6 シシーニョ
23 前川 大河
7 内田 裕斗
M F 14 田中 達也
27 中山 雄登
32 米原 秀亮
31 伊東 俊
2 黒木 晃平
10 杉本 太郎
11 島屋 八徳
F W 9 安 柄俊
11 皆川 佑介
[GK] 21 梶川 裕嗣
[DF] 20 キム ジョンピル
[MF] 16 渡井 理己
[MF] 32 小西 雄大
[MF] 33 藤原 志龍
[FW] 13 呉屋 大翔
[FW] 18 佐藤 晃大
SUB [GK] 1 畑 実
[DF] 23 小谷 祐喜
[DF] 7 片山 奨典
[MF] 22 上原 拓郎
[MF] 19 八久保 颯
[MF] 28 林 祥太
[FW] 18 巻 誠一郎

コメント

text by ヴォルスタ

■リカルドロドリゲス監督
【試合総括】
『立ち上がりは悪くなかったと思います。むしろしっかり1点目を取れて良い流れが続いて、今週準備してきたことを上手くできていた時間もありました。ただ、そこから作ったチャンスを生かせずに時間が過ぎてしまいました。昨季もありましたが、チームとして得点した後に止まってしまう、消えてしまう時間帯があり、そこから相手にチャンスを作られ始めてしまいました。後半は(フォーメーションの)形を変えて、前線の選手を増やして追加点を取れるようにしましたが、なかなかピッチで表れることはなく、相手にチャンスを作られてしまいました。今日の全体的な内容を見てみれば、熊本が勝利にふさわしかったと思います。我々は勝利に値するプレーができていなかったと思います』


【質疑応答】
Q=プレシーズンや練習、練習試合でも見たことのないようなミスが続いている印象を受けました。監督の目には以前から同じようなことが起きていたのか、それとも起きていなかったことが公式戦がスタートしてから起きているのか、どちらですか?
A=『おっしゃるように簡単にやられているというよりは、自分たちがミスをして失っています。今までにない、想像ができないようなミスが多くなってしまっています。それから、我々は攻撃で見つけていきたい選手や使っていきたいスペースにたどり着くことなく、簡単にボールを失ってしまってしまい、そこで切り替えることなく、そのままズルズルと相手に攻撃されてしまいました。今日の試合と先週の試合の前半45分、今まで徳島ヴォルティスが作り上げてきたアイデンティティーが表れず、まったく別のチームでした』

Q=そのアイデンティティが表現できなかった一番の理由は?メンタルな部分なのか、それとも選手がいなくなってしまった部分なのでしょうか?
A=『いなくなった選手もいますけど2人だけです。我々は去年やってきたことが今までできてきた球際の部分だったりパスだったり、ボールを持っていない選手の動きなど、今までできていたレベルのプレーが全くできていませんでした。このままだと勝てない試合が続いてしまうと思います』

Q= 今日のゲームプランとしては、追加点を取って2点目を取るというゲームプランだったのでしょうか?例えばどこかのタイミングで1-0で終わらせるようなゲームプランはありましたか?
A=『試合の最初は非常に良かったと思いますけど、その1点が取れて満足してしまう、その精神的な部分を改善していかないといけません。1点取って満足するのではなくて、プレーを続けていくことが大切です』



■島屋八徳選手
『勝点3取れる試合で勝点を逃してしまったので、昇格を口にする以前にもう一度自分たちの振る舞いや練習からのインテンシティを見つめ直して、また立て直していかないといけないと思います。
(流れを手放してしまった要因は?)チームとしても2点目、3点目をしっかり奪い切って試合を終わらせるというプランニングなんですけど、暑かったせいなのか後ろでボールを回す時間帯も長かったんですけど、それが相手を引き出す意図のある回しであればよかったんですけど、保持しているだけでは相手の陣形も崩れませんし、前にもっとリスクを掛けて打ちこんで、どんどん侵入して人数を掛けて走ってゴール前に襲いかかっていかないと追加点は取れないと思います。自分も決めるところをしっかりと決めないといけなかったですけど、もっともっとチームとしてゴールに対する執着心というのを出していかないと、足先だけでうまくやろうとしているのがすごく見えるので。まずは気持ちの部分から勝ちに対して貪欲になっていかないといけないと思います』



■大屋翼選手

『(試合を振り返って)率直にもったいない試合でした。自分たちで崩れてしまった試合でした。監督も(試合後)言っていましたし、やっている選手もはっきりわかったのですごくもったいなかったです。
(こういったことはプレシーズンでも続いていたのでしょうか?)プレシーズンの時はある程度うまくいっていたと思いますしJ1のチームと対戦していたというのもあるんですけど。これだけガツガツというか必死にプレスを掛けてくるチームとは試合をしていませんでした。プレシーズン中はうまくいっていたんですけど、自分たちで崩れたというか、自分たちで相手にリズムを与えてしまった、ピッチの中で修正できずに、という感じでした。
 
(どんな時でも)ミスは起こるんですけど、それで落ち込んでしまってメンタルの波というか、それが激しいかなと思いました。それをある程度ミスしてもしっかり切り替えてチームのためにとみんながもっと強く思わないといけないんじゃないかなと思います。
チームが若いが故に、そういうことが起きているかもしれないので、しっかりと僕と上の人たちがケアしてもっていければ、もっといいチームになれるんじゃないかと思います。
(開幕戦を見て)引いた相手に対して(ボールを持つ)時間があるが故に、自分が自分がという気持ちが強くなってしまっているのかもしれません。もっとシンプルに周りの選手を使えば、相手にも脅威になるので、もっとシンプルに周りを使ってもいいのかなと思います。チームでやるとということをもっと意識していきたいです。ある程度ベースはあるので、すぐに良いふうに転がると思いますけど。ただやっぱりやり続けることが大切だと思います。開幕2試合負けましたけどあと40試合あるので、もっとどっしりとした気持ちでやって、足りないものは客観的に分析して取り入れることでもっと良くなると思います』



■カルバハル選手
『(公式戦デビューとなりましたが?)
最初のところは良かったんですけど、そこから2点決められてしまって残念でした。
(PKの場面では相手との駆け引きを制しましたね?)右に来るという直感がありました。(後半流れが悪くなった理由は何かありますか?)前半のように戦うという部分がなかったですし、相手に付け込まれてしまいました。こういうことが起こらないように、セットプレーの練習もしていかなくてはいけません』



~ハーフタイムコメント~
・守備の時に焦らないで、判断をはっきりしていこう。セットプレーの時も集中力を切らさずに。
・ボールを持ったらまずは前を意識していこう。まずは2点目を取ることを目指して!


~試合前日コメント~
■前川大河選手
『開幕戦では、前半に自分たちのペースに出来なかったのが良くなかったところでした。 明日の試合では、まずは守備からしっかりみんなで連動して出来ればと思いますし、自分たちのペースで試合を進められたらと思います。 今週のトレーニングでのチームの雰囲気も悪くないと思います。まずは1勝して、そこから価値を積み重ねていけるように頑張ります!明日も応援よろしくお願いします!』

公式ファンサイト ヴォルティススタジアム

試合後の監督記者会見コメント、選手コメントはクラブ公認ファンサイト「ヴォルティススタジアム」により、提供されています。なお、「ヴォルティススタジアム」では、監督記者会見はもちろん選手5名以上のコメントが試合当日に掲載になります。「ヴォルティススタジアム」にぜひご登録いただき、ご覧ください。

PAGE TOP