Game information試合情報

試合日程・結果

2018年03月17日 明治安田生命J2リーグ 第4節

試合終了

vs ジェフユナイテッド千葉
4

2 前半 1

2 後半 0

1
前半16分   呉屋 大翔
前半45分   杉本 太郎
後半29分   シシーニョ
後半44分   島屋 八徳
得点者 前半30分   指宿 洋史
後半26分
IN : [FW] 17 山﨑 凌吾 OUT : [FW] 13 呉屋 大翔
後半39分
IN : [MF] 33 藤原 志龍 OUT : [MF] 10 杉本 太郎
後半45分
IN : [MF] 14 杉本 竜士 OUT : [FW] 11 島屋 八徳
交代 後半0分
IN : [DF] 32 杉山 弾斗 OUT : [MF] 25 茶島 雄介
後半16分
IN : [FW] 11 船山 貴之 OUT : [MF] 20 矢田 旭
後半20分
IN : [FW] 9 ラリベイ OUT : [FW] 50 指宿 洋史
警告
退場
前半13分 退場 溝渕 雄志
前半16分 警告 ロドリゲス
試合会場 鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアム キックオフ 14:00
芝状態/グランド全面良芝/乾燥 天候/風晴/中風
気温/湿度10.3度/41% 観客数5074人
主審西山 貴生 副審1和角 敏之
副審2金次 雄之介 第4審判池田 一洋
後半 前半   前半 後半
2 2 得点 1 0
0 1 PK 0 0
1 1 GK 7 4
6 10 シュート 4 1
10 7 FK 11 6
8 2 CK 1 0
0 0 イエローカード 1 0
0 0 レッドカード 1 0
1 1 オフサイド 1 2

スターティングメンバー

徳島 チーム 千葉
リカルド ロドリゲス 監 督 フアン エスナイデル
1 カルバハル
G K 1 ロドリゲス
20 キム ジョンピル
2 ブエノ
3 大﨑 玲央
7 内田 裕斗
D F 15 溝渕 雄志
5 増嶋 竜也
4 エベルト
27 高木 利弥
8 岩尾 憲
6 シシーニョ
23 前川 大河
10 杉本 太郎
M F 18 熊谷 アンドリュー
14 小島 秀仁
25 茶島 雄介
20 矢田 旭
10 町田 也真人
11 島屋 八徳
13 呉屋 大翔
F W 50 指宿 洋史
[GK] 21 梶川 裕嗣
[DF] 15 井筒 陸也
[MF] 32 小西 雄大
[MF] 33 藤原 志龍
[MF] 14 杉本 竜士
[FW] 18 佐藤 晃大
[FW] 17 山﨑 凌吾
SUB [GK] 23 佐藤 優也
[DF] 16 鳥海 晃司
[DF] 32 杉山 弾斗
[MF] 7 佐藤 勇人
[MF] 13 為田 大貴
[FW] 11 船山 貴之
[FW] 9 ラリベイ

コメント

text by ヴォルスタ

■リカルドロドリゲス監督
【試合総括】
『立ち上がりから非常に良くて、しっかりとゲームに入ることができたと思います。これまでと変えていきたかった部分なので、そういう意味でも良い入りだったと思います。チャンスを作り、呉屋選手のシュートからPK獲得。ここはひとつのポイントだったと思います。その後同点にされましたが、前半終了間際に杉本選手の勝ち越し点も大きかったと思います。そのため、後半は落ち着いてプレーできていましたし、千葉よりもチャンスを多く作り、賢くプレーしていました。ゴールという結果も出して4対1、もっと得点するチャンスもありましたが、良い内容のゲームだったと思います』

【質疑応答】
Q=山﨑選手の復帰はチームにとって今後のプラスになるのではないか?
A=『怪我上がりで、ようやく復帰することができましたね。100%ではないですが、良いプレーをしてくれました。今は20分程度がベターだという判断と、水曜日のゲームも考慮して起用しました。ご覧いただいた通り、先発でも途中出場でも、彼はチームに大きなものを与えてくれる選手です。ただ、そこまでは呉屋選手が良い働きをしてくれていました。彼のプレーにも評価しています』

Q=4得点のうち、大きな意味を持っていたのは何点目だと思うか?
A=『まずは杉本選手の2点目のゴール。あれで我々は落ち着き、千葉は修正しなければいけなくなりました。そしてシシーニョ選手の3点目は、相手が前がかりになっている時間帯だったので、我々はさらに落ち着くことができました』



■呉屋大翔選手
『結果的にPKとなりましたが、自分的には流れの中からの得点だと思っています。それくらい良い攻撃が出来ていたと思います。PKは絶対に自分が蹴ろうと思い、ボールを離しませんでした。
今シーズンの初得点ですが、早く取りたいと思っていたので、正直ほっとした気持ちもあります。試合を重ねながら周りとのコンビネーションも深まっていますし、PKの後も得点チャンスがありました。このまま勢いに乗って得点し、チームの勝利に貢献したいです。』



■杉本太郎選手
『開幕から連敗し、自分としてもとても不本意なプレーだったと思っています。その後チーム全員が気持ちを整理したことで、ようやく結果も伴ってきました。今日の試合、自分的にはチームの勝利に貢献できるゴールを挙げられたことは良かったと思います。得点場面は、ボールを受けた瞬間から切り込んでのシュートをイメージしていました。ただし、相手が一人少ない中でのゲームでしたし、あまり評価の対象にすべきではないとも思っていますので、気持ちを引き締め直して連戦に臨みたいと思います。』



■シシーニョ選手
『退場者が出て、千葉にとっても難しいゲームだったと思います。ただし、同点にされた後は我々に緊張感がありました。なぜなら今日は絶対に勝ちたい試合だったからです。ですから杉本選手の勝ち越し点が決まった時は嬉しかったし、僕自身も3点目を決めることができてとても嬉しかったです。もっと得点に絡んでいきたいですが、一番大切なことはチームが勝つことなので、その点に集中してプレーしていきます。』



~ハーフタイムコメント~
・しっかりとプレスにいくこと。そして、絶対に球際で負けないこと!
・0-0、11人対11人のつもりで後半も戦おう。追加点を取って勝つぞ!


~試合前日コメント~
■岩尾 憲選手
『千葉のサッカーは去年から大きく変わっていないと思うので、ある程度頭の中でイメージは出来ています。その中で自分たちがリラックスせずに、しっかりプレッシャーにいけるようにというところをフォーカスして準備してきました。 切り替えの部分と、出来るだけ自分たちがボールを握れるようにいかに早くボールを奪い返せるかがポイントだと思います。そしてそれは相手も同じだと思うので、そこをどうはがしていくか、場面場面でいかに正しい選択が出来るかだと思います。 今シーズンまだホームで勝てていませんし、開幕戦では多くの方に観に来ていただいたにも関わらず、自分たちのサッカーを披露できなかったことを悔しく思っています。 最後にみんなで勝点3を喜び合えるように全力を尽くします。明日も応援よろしくお願いします!』

公式ファンサイト ヴォルティススタジアム

試合後の監督記者会見コメント、選手コメントはクラブ公認ファンサイト「ヴォルティススタジアム」により、提供されています。なお、「ヴォルティススタジアム」では、監督記者会見はもちろん選手5名以上のコメントが試合当日に掲載になります。「ヴォルティススタジアム」にぜひご登録いただき、ご覧ください。

PAGE TOP