Game information試合情報

試合日程・結果

2018年04月15日 明治安田生命J2リーグ 第9節

試合終了

vs FC岐阜
0

0 前半 0

0 後半 0

0
得点者
後半26分
IN : [MF] 23 前川 大河 OUT : [MF] 10 杉本 太郎
後半39分
IN : [MF] 7 内田 裕斗 OUT : [FW] 14 杉本 竜士
交代 後半18分
IN : [MF] 14 風間 宏矢 OUT : [FW] 10 ライアン デ フリース
後半32分
IN : [FW] 24 難波 宏明 OUT : [MF] 23 小野 悠斗
後半29分 警告 ブエノ
後半48分 警告 大﨑 玲央
警告
退場
後半36分 警告 中島 賢星
試合会場 岐阜メモリアルセンター長良川競技場 キックオフ 14:00
芝状態/グランド全面良芝/水含み 天候/風晴/中風
気温/湿度16度/45% 観客数7217人
主審清水 修平 副審1藤井 陽一
副審2金次 雄之介 第4審判中井 敏博
後半 前半   前半 後半
0 0 得点 0 0
0 0 PK 0 0
2 8 GK 5 8
10 4 シュート 4 9
4 11 FK 5 8
1 3 CK 1 4
2 0 イエローカード 0 1
0 0 レッドカード 0 0
0 0 オフサイド 1 2

スターティングメンバー

徳島 チーム 岐阜
リカルド ロドリゲス 監 督 大木 武
21 梶川 裕嗣
G K 25 ビクトル
4 藤原 広太朗
2 ブエノ
3 大﨑 玲央
D F 2 阿部 正紀
15 田森 大己
3 竹田 忠嗣
16 福村 貴幸
27 大本 祐槻
10 杉本 太郎
8 岩尾 憲
11 島屋 八徳
M F 31 宮本 航汰
30 中島 賢星
23 小野 悠斗
6 シシーニョ
17 山﨑 凌吾
14 杉本 竜士
F W 7 田中 パウロ淳一
10 ライアン デ フリース
11 古橋 亨梧
[GK] 1 カルバハル
[DF] 5 石井 秀典
[DF] 15 井筒 陸也
[MF] 7 内田 裕斗
[MF] 32 小西 雄大
[MF] 23 前川 大河
[FW] 19 薗田 卓馬
SUB [GK] 21 原田 祐輔
[DF] 26 長沼 洋一
[DF] 27 イヨハ 理 ヘンリー
[MF] 6 三島 頌平
[MF] 14 風間 宏矢
[FW] 9 山岸 祐也
[FW] 24 難波 宏明

コメント

text by ヴォルスタ

■リカルドロドリゲス監督
【試合総括】
『今節の対戦相手は、いつもと違うスタイルで、プレッシングに来て攻撃を展開しようとする、そういう相手でした。そういう相手に対してはなかなかうまく事を運ぶことができませんでした。我々も(岐阜と)同様にプレッシングから攻撃を展開するチームですので、なかなか難しいところもありました。ただ全体を通してみると、相手よりもしっかりとチャンスを前半から後半の最後まで数多く作ることができました。ただ最後のところ、ゴールの部分が欠けてしまった印象です。チャンスを作ってもゴールに入らないという試合でした』

【質疑応答】
Q=右サイド大本選手を起用した意図と評価を教えてください。
A=『まず彼は90分プレーするのは初めてでした。フィジカル的にもきついかなと思っていましたが、非常によくやってくれました。逆サイドの杉本竜士選手もそうですが、縦に突破できて違いを作れるように狙いを込めて起用しました。いい選手ですがまだ整っている状態ではありません。ただこれから(コンディションが)上がっていけばいい選手なので、さらに良くなってくると思います』

Q=今日の勝点1という結果の捉え方をされていますか?
A=『率直に言えば、(勝点)1では足りないかなと思います。やっぱり勝つためにチャンスは作れていましたし、決定的なシーンは何回も作ることができていました。決め切れなかったことで勝点1というのは、十分なものではありません』

Q=チャンスは数多く作ったが、ゴールを奪えなかった要因は?
A=『去年からゴールを決める選手が(移籍して)いなくなったというのはあるんですけど、そこは置いておいて、今年から入ってきた選手もいてその中でやっています。決め切れないところは課題になっていますが、ゴール前での激しさであったり決め切るところ、それから前線の選手たちですね。例えばナタン選手であったり、そういった新加入の選手の中で怪我して復帰できていない選手もいます。そういう選手たちが復帰できればいいのかなと思っています。ただ今回のこの組み合わせは初めてだったので、うまくいかない部分はありましたけど、これから徐々に良くなってくると思います』



■梶川裕嗣選手
『チームとして勝てなかったことが悔しいです。個人的には開幕戦に起用してもらって勝てなくて、その後は出れない時が続いていました。久しぶりの試合で絶対にゼロで抑えたいと言う気持ちもあったので、ゼロで抑えることができたことは大きかったです。
GKのプレーで流れも変わったりするので、そういった意味では自分のプレーは良くなかったので、次につながるように1週間練習していきたいです。
(ゴールを決めるためには?)シュートが入る入らないはちょっとした部分なので、今シーズン複数得点が少ないので、一人ずつが少しずつ気持ちを上げて勝てるようにしっかり準備していきたいです』



■大本祐槻選手
『(久しぶりの長良川でしたが?)懐かしいピッチだったので、早くプレーしたいという気持ちが強かったです。思った以上にブーイングもあったので、ちょっと気合い入り過ぎて、前半は空回りしてしまった部分がありましたけど、後半は何本かいいクロスも入れることができました。まず何より90分間プレーできたということは、自分自身のコンディションが上がっていることは間違いないです。マイナスの部分もありますけど、自分の中ではプラスのことが多かった試合でした。
(どんなことを考えてピッチに入りましたか?)自分が起用されて期待されているのは、サイドでの突破やクロスで攻撃でのアクセントを作ることだと思っています。前半から積極的に言っていましたけど、前半はミスが多くてボールもあまり足についていませんでした。それでもみんなが声を掛け続けてくれたので、後半持ち直すことができました。クロスであったり得点であったり、そういうことを意識して試合に入りました』



■シシーニョ選手
『(久しぶりの長良川でしたが?)久々にここでプレーして本当に特別な場所なので嬉しいです。栃木戦と今日の試合、2試合とも勝点3にふさわしかった試合だったと思います。(最後のところで決め切れなかった原因は?)フィニッシュのところは状況によって変わってくるものですけど、ゴールをたくさん決めることができる試合も、今後できると思っています。
(次の試合に向けて)もちろん改善して勝てるようにしなくてはいけませんが、もちろんサッカーなので内容が良くて勝てないこともあります。今は練習からしっかりできていますし、今続けていることを積み重ねていくことが大切です』



~ハーフタイムコメント~
・奪った後に前の選手を見つけて出していこう
・あとはゴールだけだぞ!続けていこう!


~試合前日コメント~
■井筒 陸也選手
『今週の練習は雰囲気良く、インテンシティが高いトレーニングが出来たのでそれを試合に出せたらと思います。昨シーズンから、勝負強くなっていかないといけないとずっと思っていますし、最後の結果のところは「際」の部分になってくると感じています。 岐阜との試合は去年もベストスリーに入るくらいのゲームだったと思っています。お互いの良さを引き出し合って、いいサッカーになっていたと思いますし、それはお互いにとって良いことだと思います。その試合を岐阜と徳島の人が見に来てくれて、盛り上がれるような試合をしないといけないと思っています。そして勝利という結果にこだわっていかないと、優勝していくチームや昇格していくチームは最初から落としていかないと思うので、そういう意識でやっていかないといけないと感じています。 明日も応援よろしくお願いします。』

公式ファンサイト ヴォルティススタジアム

試合後の監督記者会見コメント、選手コメントはクラブ公認ファンサイト「ヴォルティススタジアム」により、提供されています。なお、「ヴォルティススタジアム」では、監督記者会見はもちろん選手5名以上のコメントが試合当日に掲載になります。「ヴォルティススタジアム」にぜひご登録いただき、ご覧ください。

PAGE TOP