Game information試合情報

試合日程・結果

2018年05月03日 明治安田生命J2リーグ 第12節

試合終了

vs 愛媛FC
2

1 前半 0

1 後半 0

0
前半21分   前川 大河
後半28分   狩野 健太
得点者
後半11分
IN : [FW] 17 山﨑 凌吾 OUT : [MF] 28 大屋 翼
後半20分
IN : [MF] 41 狩野 健太 OUT : [FW] 18 佐藤 晃大
後半25分
IN : [MF] 32 小西 雄大 OUT : [MF] 23 前川 大河
交代 後半16分
IN : [FW] 28 吉田 眞紀人 OUT : [FW] 15 丹羽 詩温
後半31分
IN : [DF] 3 玉林 睦実 OUT : [MF] 16 田中 裕人
後半31分
IN : [MF] 7 近藤 貴司 OUT : [FW] 20 河原 和寿
前半22分 警告 杉本 竜士
警告
退場
後半26分 警告 岡本 昌弘
後半43分 警告 林堂 眞
試合会場 鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアム キックオフ 14:00
芝状態/グランド全面良芝/乾燥 天候/風晴/強風
気温/湿度21.4度/38% 観客数6756人
主審上村 篤史 副審1イ サンギ
副審2阿部 将茂 第4審判大原 謙哉
後半 前半   前半 後半
1 1 得点 0 0
1 0 PK 0 0
7 2 GK 5 6
9 2 シュート 2 2
9 9 FK 9 5
4 4 CK 2 1
0 1 イエローカード 0 2
0 0 レッドカード 0 0
0 1 オフサイド 1 0

スターティングメンバー

徳島 チーム 愛媛
リカルド ロドリゲス 監 督 間瀬 秀一
21 梶川 裕嗣
G K 1 岡本 昌弘
27 大本 祐槻
4 藤原 広太朗
5 石井 秀典
15 井筒 陸也
D F 17 小暮 大器
23 林堂 眞
8 安藤 淳
2 山﨑 浩介
14 小池 純輝
8 岩尾 憲
28 大屋 翼
6 シシーニョ
23 前川 大河
M F 10 神谷 優太
16 田中 裕人
18 佐藤 晃大
14 杉本 竜士
F W 15 丹羽 詩温
9 有田 光希
20 河原 和寿
[GK] 1 カルバハル
[DF] 2 ブエノ
[MF] 32 小西 雄大
[MF] 41 狩野 健太
[FW] 33 藤原 志龍
[FW] 17 山﨑 凌吾
[FW] 19 薗田 卓馬
SUB [GK] 31 パク ソンス
[DF] 3 玉林 睦実
[MF] 7 近藤 貴司
[MF] 11 神田 夢実
[FW] 18 西田 剛
[FW] 26 上原 慎也
[FW] 28 吉田 眞紀人

コメント

text by ヴォルスタ

■リカルドロドリゲス監督
【試合総括】
『今日は非常に良いゲームができたと思います。前半に先制してから流れが特に良くなったので、あの先取点が大きかったのではないかと思います。相手もチャンスを作りかけましたが、そこをしっかり抑えたことで、後半はよりゲームをコントロールすることができました。そして追加点で勝負がつきました。最近のゲームと比べてチャンスの数自体は少なかったのですが、決定力高く決めてくれたことは素晴らしいと思います。』

【質疑応答】
Q=怪我人の発生やカード累積での出場停止、苦しい陣容の中でゲームに臨むにあたり、優先したことは何ですか?
A=『確かに不在の選手がたくさんいる中、今いる選手たちで何ができるのかを考えて、それをピッチで表現し勝ってくれたということです。また、大屋選手のようにトレーニングから前向きに取り組んでいる選手たちにチャンスを与えましたが、彼らもそのチャンスを活かしてくれたと思います。次のゲームも同じような状況ですが、勝つ準備をしっかりとして臨みたいと思います。』

Q=大屋選手を先発で、しかも中盤で起用した狙いは?
A=『過去にそのポジションの経験もあり、オフェンス能力も高くクリエイティブだと思っています。チームに合流してからも、やり方に溶け込んで上手くやっていましたし、ボール扱いも起用で中盤のプレーも苦にしていませんでした。ですから今日、あの位置で起用しました。』

Q=終盤に入る前の時間帯で、山﨑選手と狩野選手を立て続けに投入した意図は?
A=『先発の佐藤選手がかなり消耗していたので、山﨑選手に替えました。まだ時間限定ですが、いい仕事をしてくれました。狩野選手はボールを収める能力が高いので、前線で収めて時間を作り、攻撃の起点になってほしいと思いました。期待の通りにやってくれましたし、PKも獲得しました。』



■前川大河選手
『ここ数試合、内容に結果が伴っていなかったし、怪我で出られない選手も多い中、何とかこの苦しい状況を変えるプレーを出したいと思ってピッチに立ちました。今日はFWに近いポジションでしたが、つなぎの時は流動的に中盤へ下りて参加しました。得点場面は中盤でボールを捌き、ランニングしてゴール前へ侵入し得点に絡むという形が出たので、非常に良い得点だったと思います。』



■狩野健太選手
『ピッチへ入る前の指示では、ゴールに近い位置での仕事を求められていました。そう言った意味で得点できたのは良かったと思います。PKはあまり蹴らないのですが、自分で獲得したので今回は蹴らせてもらいました。決めた後でサポーターから声援をもらえたのは力になりました。苦しい状況ですが、彼らの声が僕らのエネルギーになりますし、これからも一緒に戦ってもらいたいと思います。
結果の出ていない中ですが、進んでいる方向は間違っていないと思います。すぐにゲームもありますが、これまでのことを自信を持って継続していけるよう努力します。』


■大屋翼選手
『ゲームへの入りは前からプレスをかけ、守備からリズムを作ろうとしました。その部分は上手くいったと思います。ただ、もう少し攻撃のクオリティを上げなければいけないと思います。勝ててなかったからなのか、もっとつなげるところで簡単なプレーやバックパスを選択する場面がありました。そこで積極的な方へ意識を変えれば、攻撃にもっと変化や勢いが出ると思います。』



~ハーフタイムコメント~
・ボールをどんどん動かしてもっと相手を走らせていこう
・2点目を取って試合を決めるぞ!絶対勝つぞ!


~試合前日コメント~
■岩尾 憲選手
『とにかく、チームもですけど、個人個人が自分たちがどうなっていきたいか、という気概を持ってまず「戦う」という試合にしたいと思っています。 個人的にもいつも手を抜いて戦っているわけではないので、良い意味でいつも通り戦いたいです。そのうえで、僕一人が力んでも必ずしも良い結果になるとは限らないと思っています。「戦っている姿勢が見えない」という声もいただいた中で、そう感じられてしまうような試合にはしたくないです。勝つために100%、120%で戦うことで、それが見ている人に伝わると思いますし、そういったうえで勝点3が取れるようにしていきます。 前節、叱咤激励もいただきました。きっと皆さん試合を見に来ていただけると信じています。その皆さんにプレーを持ってしっかり見せられるように自分に出来ることを全て表現したいと思います。明日も一緒に戦ってください。』

公式ファンサイト ヴォルティススタジアム

試合後の監督記者会見コメント、選手コメントはクラブ公認ファンサイト「ヴォルティススタジアム」により、提供されています。なお、「ヴォルティススタジアム」では、監督記者会見はもちろん選手5名以上のコメントが試合当日に掲載になります。「ヴォルティススタジアム」にぜひご登録いただき、ご覧ください。

PAGE TOP