Game information試合情報

試合日程・結果

2018年07月07日 明治安田生命J2リーグ 第22節

試合終了

vs ロアッソ熊本
1

0 前半 0

1 後半 0

0
後半39分   ブエノ
得点者
後半8分
IN : [MF] 41 狩野 健太 OUT : [FW] 14 杉本 竜士
後半30分
IN : [DF] 7 内田 裕斗 OUT : [MF] 22 広瀬 陸斗
後半35分
IN : [DF] 2 ブエノ OUT : [DF] 15 井筒 陸也
交代 後半28分
IN : [MF] 27 中山 雄登 OUT : [FW] 9 安 柄俊
後半33分
IN : [DF] 24 高瀬 優孝 OUT : [FW] 31 伊東 俊
後半37分
IN : [MF] 28 林 祥太 OUT : [DF] 23 小谷 祐喜
後半25分 警告 藤原 広太朗
警告
退場
後半44分 警告 田中 達也
試合会場 鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアム キックオフ 19:00
芝状態/グランド全面良芝/水含み 天候/風雨/弱風
気温/湿度23.9度/90% 観客数2974人
主審川俣 秀 副審1戸田 東吾
副審2高寺 恒如 第4審判武田 光晴
後半 前半   前半 後半
1 0 得点 0 0
0 0 PK 0 0
2 1 GK 8 5
2 4 シュート 2 2
3 9 FK 7 4
2 0 CK 2 1
1 0 イエローカード 0 1
0 0 レッドカード 0 0
2 1 オフサイド 1 0

スターティングメンバー

徳島 チーム 熊本
リカルド ロドリゲス 監 督 渋谷 洋樹
21 梶川 裕嗣
G K 30 佐藤 昭大
27 大本 祐槻
4 藤原 広太朗
5 石井 秀典
15 井筒 陸也
D F 23 小谷 祐喜
6 村上 巧
2 黒木 晃平
8 岩尾 憲
22 広瀬 陸斗
6 シシーニョ
32 小西 雄大
M F 14 田中 達也
8 上村 周平
32 米原 秀亮
7 片山 奨典
11 島屋 八徳
14 杉本 竜士
F W 9 安 柄俊
11 皆川 佑介
31 伊東 俊
[GK] 1 カルバハル
[DF] 2 ブエノ
[DF] 7 内田 裕斗
[MF] 23 前川 大河
[MF] 41 狩野 健太
[FW] 33 藤原 志龍
[FW] 18 佐藤 晃大
SUB [GK] 1 畑 実
[DF] 5 植田 龍仁朗
[DF] 24 高瀬 優孝
[MF] 22 上原 拓郎
[MF] 27 中山 雄登
[MF] 28 林 祥太
[FW] 18 巻 誠一郎

コメント

text by ヴォルスタ

■リカルドロドリゲス監督
【試合総括】
『今日は相手の裏のスペースを狙ったり、前線からプレスをハメてショートカウンターを狙ったり、ありとあらゆる方法を駆使してゴールを奪おうと試みましたが、なかなか実現できないまま時間が過ぎました。その中でも焦れることなく、相手のやりたかったことは全て消すことができていたと思います。簡単にクロスを許さなかったし、上げられたとしても中の選手がしっかりとマークを捕まえて自由にはさせませんでした。 そうすることで相手に流れを渡すことなく、ブエノのゴールが生まれることになりました。最後の最後に、運も我々に味方してくれました』

【質疑応答】
Q=今日の守備は前からのプレスとリトリートを使い分けていたように見えました。
A=『最初は守備的に入りました。攻撃は前節と同様に、相手が空けた裏のスペースを突くことを狙っていました。ただひとつ問題点としては、これまでやっていたFWの選手が抜けてしまったことです。今はそのポジションでプレーできる選手を探している段階です。今日に関しては杉本竜士選手を入れて、彼のスピードを活かそうとしました。しかし相手も我々の狙っている部分を理解して対応を始め、なかなかゴールを割ることができませんでした。ですから、途中でやり方を変え、前からプレスを掛けるように指示し、そしてまた様子を見ながら元に戻したりした中で決勝点が入りました。 ここにいらっしゃる皆さん、そして周囲の人たちの中には、『ヴォルティスは守備が中心になっているのではないのか?』と思っている人がいるかもしれません。しかしそうではありません。これは「ゴールを奪う」ということから逆算しているので、ただ単に固めて守っているのではないことを理解していただければと思います』

Q=決定的な場面が比較的少なかったのは、怪我や移籍でFWの選手が少なくなったからなのか?それとも、他に足りないところがあると考えているのか?
A=『FWが足りていないという印象はあります。移籍した山﨑選手はこのチームに適している選手だったと思います。その中でも、いかにすればチームが勝利できるのか、そのソリューションを見つけ出すのが監督の仕事です。よって、そのために今はいろいろな方法を試しながら進んでいる段階です。もし、誰かを獲得するとしても、大宮戦からの出場となるので、それまでは今いるメンバーで勝利を目指し戦っていきます。 トレーニングでいろいろな形を試したり、いろいろな選手を違うポジションで使ったりしていますが、今節のゲームを見て重要だと感じたのは無失点で抑えることです。相手にチャンスを与えない、失点をしないということが重要で、仮に苦戦するようなゲームが続いても、相手に得点を許さなければいいゲームにすることができると感じました』



■ブエノ選手
『途中出場で機会をもらった時はとても嬉しかったです。FWでの起用でしたが、自分も得点できる自信がありました。実際に大本選手から良いボールが来たので、あとは押し込むだけでした。というのも、アップしている時に外から見ていて、相手はとても疲れているように映っていたからです。それで、自分が入った時にベストを尽くせば結果を出せると思いました。
クロスが来た瞬間は相手の前に入ろうと思いましたが、相手との距離が少し空いたので、駆け引きして相手を越えてくるボールを狙いました。シュート練習ではあまり決まっていませんでしたが、得点場面では落ち着いて枠を捉えることができました。
重要な選手が二人いなくなりましたが、前へ進まなければなりません。出場機会があればポジションにかかわらず、常にベストを尽くしてチームの役に立てるよう頑張るだけです。』



■大本祐槻選手
『熊本のキーマンは対面した田中選手なので、今日は守備に関して気を遣いながらプレーしました。間合いを空けすぎるとクロスをシンプルに上げられてしまうし、近づきすぎると走力で背後を取られてしまいます。自分がそこを抑えることで、相手のキーマンが消えるので、慎重に対応しようと思っていました。少しは無失点に貢献できたと思います。
アシストという目に見える結果を残せたのは良いことだと思います。完璧というか、少し高すぎるボールでしたが、ブエノ選手の身体能力のおかげですね。感謝しています。
チームは現在、目標とする順位から遠く離れています。2連勝となりましたが、この連勝を1ゲームでも多く続けることが大事です。僕たちは、もう負けを許されません。上位へ食い込むためにも勝つしかないので、しっかりと次のゲームに向けて準備するだけです。』



■岩尾憲選手
『結果的にブエノが取って勝てたことは良かったですが、個人的にはミスが多くてリズム良くプレーできませんでした。映像を見て、より質を上げる努力をしたいです。
 
Q:守備ブロックを作る場面、プレッシングに行く場面。両方ありましたよね?
狙いとしては真ん中の位置で奪ってカウンターをするのか、もう1つ高い位置でひっかけて相手が少ないうちにゴールまで持っていくのかという狙いがありました。途中から前でひっかけてゴールを狙う意図があったので戸惑いはありませんでした。
 
1つだけ、今日の試合で言いたいことがあります。ぜひ書いて欲しいです。今日のMVPはマネージャーの阿部さんです。というのも、これだけ悪い天気が続いて、昨日の段階でもものすごく水が溜まっていました。今日も雨が止んでいなかったので、「昨日以上に水が溜まった状況でやるのかな」と意識していました。ただ、「水たまりないよ」って連絡が来て。でも、ないわけないので、聞いてみたら阿部ちゃんが1時間かけて取り除いてくれたと。もちろん、作業をしてくださったのは阿部ちゃんだけじゃないとは思いますが、阿部ちゃんを中心に皆さんがスポンジで水を取ってくれてプレーしやすいように動いてくれました。今日は阿部ちゃん以上のプレーをした人はいないと思います。ブエノの得点、大本のクロスなどピッチ上で起きたことはありますが、水が溜まっていたらその場面はありませんでした。阿部ちゃんの仕事と、この雨の中でも来て下さったサポーターの2つが本当に勝利の要因だったと思います』



~ハーフタイムコメント~
・くさびのパスを大切にしよう
・まだ何も掴み取ってないぞ!絶対勝ち切ろう!


~試合前日コメント~
■藤原広太朗選手
『前節の戦い方については、、後ろの選手もですけど、前の選手たちも頑張ってやることをやっていたので、大分相手でしたけど、やりにくさは感じなかったです。元々前から守備に行くチームなので、逆に引いたときは体力も消耗しないですし、スライドについては口うるさく言われていたので、自分としては違和感なくプレー出来ました。 ここで一息つくのではなく、まだまだ順位は下の方ですし、熊本には前半戦で負けているので、そういった相手に対して受けないで、自分たちで積極的にプレーすることが出来たらいいかなと思います。 内容もそうですけど、まずは結果が必要です。これからは引分けでもきつくなってきてしまうので、最低限勝点3取れるように頑張ります。 明日も応援よろしくお願いします!』

公式ファンサイト ヴォルティススタジアム

試合後の監督記者会見コメント、選手コメントはクラブ公認ファンサイト「ヴォルティススタジアム」により、提供されています。なお、「ヴォルティススタジアム」では、監督記者会見はもちろん選手5名以上のコメントが試合当日に掲載になります。「ヴォルティススタジアム」にぜひご登録いただき、ご覧ください。

PAGE TOP