Game information試合情報

試合日程・結果

2018年10月21日 明治安田生命J2リーグ 第38節

試合終了

vs 東京ヴェルディ
1

0 前半 1

1 後半 1

2
後半20分   バラル
得点者 前半6分   レアンドロ
後半48分   李 栄直
前半31分
IN : [MF] 7 内田 裕斗 OUT : [MF] 6 シシーニョ
後半24分
IN : [FW] 50 ピーター ウタカ OUT : [MF] 23 前川 大河
後半40分
IN : [MF] 33 藤原 志龍 OUT : [FW] 26 バラル
交代 後半17分
IN : [FW] 9 ドウグラス ヴィエイラ OUT : [FW] 10 レアンドロ
後半26分
IN : [MF] 33 渡辺 皓太 OUT : [MF] 16 佐藤 優平
後半34分
IN : [MF] 17 李 栄直 OUT : [MF] 20 井上 潮音
警告
退場
試合会場 味の素スタジアム キックオフ 14:00
芝状態/グランド全面良芝/乾燥 天候/風晴/弱風
気温/湿度21度/21% 観客数5873人
主審清水 修平 副審1金井 清一
副審2西水流 優一 第4審判五十嵐 泰之
後半 前半   前半 後半
1 0 得点 1 1
0 0 PK 0 0
2 2 GK 3 5
6 6 シュート 2 5
9 5 FK 5 9
2 3 CK 0 1
0 0 イエローカード 0 0
0 0 レッドカード 0 0
2 0 オフサイド 1 1

スターティングメンバー

徳島 チーム 東京V
リカルド ロドリゲス 監 督 ロティーナ
21 梶川 裕嗣
G K 21 上福元 直人
20 キム ジョンピル
5 石井 秀典
15 井筒 陸也
D F 24 奈良輪 雄太
3 井林 章
5 平 智広
4 香川 勇気
6 シシーニョ
32 小西 雄大
8 岩尾 憲
23 前川 大河
36 表原 玄太
M F 8 内田 達也
20 井上 潮音
16 佐藤 優平
10 杉本 太郎
26 バラル
F W 7 アラン ピニェイロ
6 泉澤 仁
10 レアンドロ
[GK] 29 松澤 香輝
[DF] 4 藤原 広太朗
[DF] 28 大屋 翼
[MF] 7 内田 裕斗
[MF] 33 藤原 志龍
[FW] 18 佐藤 晃大
[FW] 50 ピーター ウタカ
SUB [GK] 1 柴崎 貴広
[DF] 23 田村 直也
[MF] 17 李 栄直
[MF] 33 渡辺 皓太
[MF] 38 梶川 諒太
[FW] 9 ドウグラス ヴィエイラ
[FW] 11 林 陵平

コメント

text by ヴォルスタ

■リカルドロドリゲス監督
【試合総括】
『我々は非常に良い試合ができたと思っています。実際2得点目を奪うことも我々の方が近かったのではないかと思っていました。試合途中からプレッシングを前からかけてボールを握ることに関してだいぶ良くなっていったと思います。ただ、最初の失点が我々を追い込んでいく流れになってしまいました。その後同点に追いつくことができて逆転のチャンスも作れましたが、そこまではたどり着けませんでした。ただチームとして出すべきものはしっかりピッチで出せたのかなと思います。逆転できるチャンスもあるいい試合だったと思います』

【質疑応答】
Q=今日はいつも以上に守備面でのマークがはっきりしていました。どこで優位性もしくはケアしようとしていましたか?
A=『まず相手の4-3-3・4-1-4-1という形で、攻撃の時にはビルドアップ3枚になるという形に対してうまくできたところがありましたが、そこから4-3-3の形にしてうまくできなくなってしまったので後半に修正しました。後半はトップ下のところをうまく使って、相手のアンカーの両脇のスペースをうまく使うことができました』

Q=攻撃面では、後半戦に入ってからサイドで優位性を作ることが難しい試合が続いています。勝負するなら中で違いを作ることなのかなと思いましたが、今日の試合で違いを作るとしたらどこだったのでしょうか?
A=『まずこの試合では外よりも中央から攻めていくという狙いでした。ただ外に一回展開して中に折り返すというやり方もありました。後半に入ってからうまく使うことができるようになりました。我々が使いたいところに正しくポジションを取ってそこにボールを付けることはできていましたが、ただ最後の精度が欠けていました』

Q= 4バックスタートした狙いと、結果的にシシーニョ選手のミスパスで失点して前半13分過ぎにボランチに入れましたが、その狙いについて教えてください。
A=『まずシシーニョ選手の交代ですが、メディカル的にこの試合自体そもそも厳しいところがありました。そういった交代を強いられました。真ん中に入れた時は、前から1対1ではめていく形だったので、小西選手、表原選手も前に飛び出していく形で、シシーニョ選手も真ん中でプレッシャーをかける形でやっていました』

Q= 後半かなり右サイドを割られる形が何度かありました。結果的に(最後)泉澤選手にやられた形でしたが、あそこの場面は表原選手が下がるのか、キムジョンピル選手がスライドするのか、チームとしてのルールではどうだったのでしょうか?
A=『相手に押し込まれた時にはシャドーの選手がサイドに降りる形でした。交代によってウタカ選手がサイドに降りたり、バラル選手が降りたりしていました。ただそこのところで小西選手や表原選手が前に出るところもありましたし、2点目を取りにいかないといけないこともあったので、こういうことが起こりうると思っていましたが、それが起こったということです』

Q= 今日前半に2回フォーメーションを変えたと思います。最初の変更でペースをつかんだと思いますが、また変えた意図は?
A=『システムに関しては、実はあまり変えていなくて、相手のビルドアップに応じて彼らが我々を見てビルドアップの形を変えてくるので変えていました。後半に選手たちにも伝えたんですけど、3-4-1-2にして前からはめていく形にしましたが、そんなには変えていません』

Q= 目標達成は厳しくなりました。ロッカーに戻ってから選手たちにかけた言葉は?
A=『試合後のフラッシュインタビューなどの都合でまだ選手たちとは話していませんが、(フラッシュインタビューでも話しましたが)スタイルや内容が良くても今日のように負けてしまうことはあると選手たちに伝えると思います』



■バラル選手
『(後半途中に)同点に追いつけたことはよかったです。アグレッシブさや内容では勝利にふさわしかったのかなと思います。この敗戦はふさわしくありませんが、経験不足であったり、どこかアグレッシブなところが欠けていたのかもしれません。
(3連敗で)メンタル的には少し沈むところはあったかもしれませんが、ボールをもってできたこともありましたし、2失点以外のところは良かったと思いました。
(ゴールシーンは)玄太からいいボールが来たので、決めるのは簡単でした。ああいったシチュエーションを試合の中でもっと作れれば良かったかなと思います』



■内田裕斗選手
『勝ちたかったです。先制点を決めることができていないことが、チームの現状だと思います。(途中出場で)ゴールやアシストすることができず悔しかったです。久しぶりの出場で、周りとの連携や試合にうまく入ることを意識しました。うまく入ることができて違いを見せたかったですけど、それを見せることができなかったです。練習するしかありませんし、決められるチャンスがあった中で決められなかったことが自分たちの実力です。最近負けている試合は、前後半の開始直後や終了直前で失点していることが多いので、今回も詰めの甘さが出たのかなと思います。
日本代表ではないですけど、言われたことだけをやるのではなくて、自分の判断で自分の良さを出すことを第一に考えた中での今日のプレーでした。続けてチャレンジしていくことも大切ですし、今から下を向いても仕方ないので、自分がチームを引っ張る気持ちでどんどん声を出して、次の試合勝ちたいと思います』



■藤原志龍選手
『(監督からの指示は)自分のプレーを出して、前からしっかりおこなってということでした。攻撃ではリズムは作れたかなと思いますけど、最後の守備のところで悔いが残りました。最後、足に当てたかったです。
(残り試合に向けて)練習から全力を出して、またこうやって試合に出させてもらえるようにしたいです。
(久しぶりの出場は)開幕戦より緊張しました。
(こういう緊迫した場面で起用してもらったことは)すごくうれしいことなんですけど、あそこで得点に絡めるプレーを望まれていたと思う中で、失点して負けてしまったのでそこは課題です。
(この経験をどう生かすか?)試合の感覚、ピッチに立てる感覚は立たないとわからないので、来年は中心選手になって、チームを引っ張りたいです』



~ハーフタイムコメント~
・1対1の勝負に絶対負けないこと!
・自信を持って!まだまだこれからだぞ!


~試合前日コメント~
■井筒陸也選手
『連戦であまり準備する時間はなかったのですが、フォーメーションの確認とかしっかり準備出来たと思います。東京Vはいいチームだと思っていますし、どんな選手が出てもチームとしてやるべきことがはっきりしているし、クオリティも高いチームです。 昨年も悔しい想いをした場所ですし、自分が去年より成長したということを証明出来るようにプレーしたいです。 状況は難しくはなってしまいましたが、どのチームもシーズンの終盤に入って自分たちの立ち位置とかを考えながらの戦いになってきます。どんな状況であれ自分たちは頑張らないといけないので、みんなで一緒に戦いたいと思います。明日も応援よろしくお願いします。』

公式ファンサイト ヴォルティススタジアム

試合後の監督記者会見コメント、選手コメントはクラブ公認ファンサイト「ヴォルティススタジアム」により、提供されています。なお、「ヴォルティススタジアム」では、監督記者会見はもちろん選手5名以上のコメントが試合当日に掲載になります。「ヴォルティススタジアム」にぜひご登録いただき、ご覧ください。

PAGE TOP