Game information試合情報

試合日程・結果

2018年11月04日 明治安田生命J2リーグ 第40節

試合終了

vs ジェフユナイテッド千葉
0

0 前半 1

0 後半 1

2
得点者 前半10分   増嶋 竜也
後半41分   小島 秀仁
後半18分
IN : [FW] 50 ピーター ウタカ OUT : [FW] 26 バラル
後半24分
IN : [FW] 18 佐藤 晃大 OUT : [FW] 10 杉本 太郎
後半36分
IN : [MF] 47 押谷 祐樹 OUT : [MF] 36 表原 玄太
交代 前半45分
IN : [DF] 4 エベルト OUT : [DF] 16 鳥海 晃司
後半36分
IN : [MF] 22 工藤 浩平 OUT : [MF] 20 矢田 旭
後半44分
IN : [FW] 50 指宿 洋史 OUT : [FW] 11 船山 貴之
後半7分 警告 ブエノ
後半35分 警告 表原 玄太
警告
退場
前半4分 警告 増嶋 竜也
前半28分 警告 鳥海 晃司
前半30分 警告 ゲリア
後半37分 警告 佐藤 優也
試合会場 フクダ電子アリーナ キックオフ 14:00
芝状態/グランド全面良芝/水含み 天候/風曇のち雨/弱風
気温/湿度17.7度/65% 観客数7202人
主審清水 勇人 副審1竹田 和雄
副審2塚田 健太 第4審判細尾 基
後半 前半   前半 後半
0 0 得点 1 1
0 0 PK 0 0
8 2 GK 4 0
4 5 シュート 4 12
4 10 FK 5 13
2 1 CK 4 3
2 0 イエローカード 3 1
0 0 レッドカード 0 0
0 0 オフサイド 1 4

スターティングメンバー

徳島 チーム 千葉
リカルド ロドリゲス 監 督 フアン エスナイデル
21 梶川 裕嗣
G K 23 佐藤 優也
2 ブエノ
5 石井 秀典
20 キム ジョンピル
D F 2 ゲリア
16 鳥海 晃司
5 増嶋 竜也
49 下平 匠
36 表原 玄太
32 小西 雄大
8 岩尾 憲
7 内田 裕斗
23 前川 大河
M F 25 茶島 雄介
14 小島 秀仁
18 熊谷 アンドリュー
20 矢田 旭
10 町田 也真人
10 杉本 太郎
26 バラル
F W 11 船山 貴之
[GK] 29 松澤 香輝
[DF] 15 井筒 陸也
[DF] 4 藤原 広太朗
[MF] 14 杉本 竜士
[MF] 47 押谷 祐樹
[FW] 18 佐藤 晃大
[FW] 50 ピーター ウタカ
SUB [GK] 31 大野 哲煥
[DF] 4 エベルト
[MF] 6 山本 真希
[MF] 7 佐藤 勇人
[MF] 22 工藤 浩平
[MF] 13 為田 大貴
[FW] 50 指宿 洋史

コメント

text by ヴォルスタ

■リカルドロドリゲス監督
【試合総括】
『前半は内容的には良かったのかなと思います。ただ京都戦と同じように前半1本目のセットプレーで失点してしまいました。後半に入って千葉がシステムを替えてきましたが、我々は前半のようにうまく対応することができませんでした。ビルドアップのところでうまくつなげられなかったり、DFラインからのビルドアップのパスを奪われてしまいました。ウタカ選手が同点ゴールを決められそうな部分もありましたがチャンスはそれくらいで、後半に関しては、千葉の方が上回っていました』

【質疑応答】
Q=前節からCBの2選手を替えましたが、起用した理由とパフォーマンスについて。
A=『まず最初に千葉の特徴として、前線に高さのある選手がいてサイドからのクロスがあるので、高さ対策で競り合いの強い選手を入れました。それから前からプレッシングをかけていきたい意図があったので、球際で1対1になっても激しくいける選手ということで彼らを入れました。右サイドにキムジョンピル選手を入れたのもそのためです。実際の試合の中では、我々の右サイドからうまくやられてしまったなと思っています』

Q=前節からシステムを4-3-3に替えましたが、その意図は?
A=『形としてはダイヤモンドの形(4-4-2)でした。ただ我々が突いていきたいところを有効的に使えていたのが前半だったかなと思っています。ただ後半千葉が2ボランチにしてきて、そこでうまくいかなかったということでした』



■岩尾憲選手
『すべてが悪かったわけではなくて、いい形で相手のアタッキングサードまでボールを運ぶシーンもありましたけど、その先でシュートの部分でもう一つ壁があるというか。クリアした後のクオリティも良くなかったので、このシュートの本数(※徳島は9本、千葉は16本)にもなっているんだと思います。
 
後半3枚にしてワイドに幅はできたんですけど、逆にサイドのスペースを突かれてしまうデメリットの部分も多くて、そこへんのコレクティブさは難しかったかなと思います。
(後半、千葉が矢田選手が岩尾選手を見る意図でシステムを代えてきたが)それでも前半は隙間でボールを受けて杉本選手や前川選手、表原選手にボールを供給できましたけど、後半は全然空かなかったし矢田選手がずっと付きっきりでした。それであればサイドを使って空いているところをみんなで共有できればよかったんですけど、そのあたりが行き当たりばったりの場面もありました。
(残り2試合に向けて)まずこの状況に対してキャプテンとして自分の力の無さを感じていますし、なかなか大きく変えられる存在ではないです。とはいえ、僕がやらなくなってしまったらそれまでだと思うので、次の試合で勝点3を目指して、自分たちがやらなくてはいけないことを考えてやっていきたいと思います』



■ブエノ選手
『非常に厳しい相手との非常に難しい戦いでした。久々の自分のポジションでのプレーでした。やっていない期間もあったので90分間できたことは自分としては良くできたと思いますが、負けてしまって残念です。まだあと2試合あるので、それに向けて準備していきます。
(守備面での連携について)日頃から連係を取っていますが、セットプレーで失点してしまったところと、(2失点目のように)ちょっと絞らされてしまった部分でちょっと難しい場面でした。日頃からコミュニケーションを取っていますが、点を取られてしまったので練習からもっと連携をとっていかないといけません。
強い相手というのはわかっていますし、うちにも強い選手はいます。次はホーム最終戦なので、ベストを尽くして臨めれば勝利できると思います』



■小西雄大選手
『2失点とも絡んでしまいましたし、全体を通してあまりよくなかった試合だったと思います。
(どういうゲームプランだったのか?)プレスをかけて相手陣内でしっかりボールを持つというプランでしたけど、相手のプレッシャーも速かったですし、個々の能力も高かったので、うまく突破されたりかわされて、自分たちのやりたいことができませんでした。
何回かフォーメーションを変えたりしましたけど、どうしてもうまくいかない試合だったかなと思います。どんどん自分たちでリズムで崩していったようにも感じましたし、そのへんも監督が言っていることと中で感じていることをすり合わせていかないといけないなと思いました』



~ハーフタイムコメント~
・プレッシングにはもっと強くいこう!
・チーム全体で最後まで戦おう!


~試合前日コメント~
■前川大河選手
『前節の試合自体は悪くはなかったと思いますが、勝てない状況が続いていて誰かがやらないといけないという気持ちもありましたし、悔しいという気持ちがすごくありました。相手に合わせて、というやり方になっている中で個人任せになっている部分が少なからずあると思うので、そこを改善しないといけません。 千葉は攻撃的なチームなので、カウンターにしっかり気を付けて、自分たちの色を出しながら攻撃面で上回れたらと思います。 まずは勝って連敗を止められるように。そして残りの3試合、多くの勝利をあげて終われるようにがんばります。明日も応援よろしくお願いします!』

公式ファンサイト ヴォルティススタジアム

試合後の監督記者会見コメント、選手コメントはクラブ公認ファンサイト「ヴォルティススタジアム」により、提供されています。なお、「ヴォルティススタジアム」では、監督記者会見はもちろん選手5名以上のコメントが試合当日に掲載になります。「ヴォルティススタジアム」にぜひご登録いただき、ご覧ください。

PAGE TOP