Game information試合情報

試合日程・結果

2019年02月24日 明治安田生命J2リーグ 第1節

試合終了

vs 鹿児島ユナイテッドFC
3

0 前半 0

3 後半 4

4
後半33分   ヨルディ バイス
後半35分   岸本 武流
後半40分   清武 功暉
得点者 後半6分   韓 勇太
後半20分   中原 秀人
後半38分   藤澤 典隆
後半45分   中原 秀人
後半13分
IN : [FW] 47 押谷 祐樹 OUT : [MF] 17 表原 玄太
後半14分
IN : [MF] 11 野村 直輝 OUT : [MF] 23 鈴木 徳真
後半25分
IN : [FW] 15 岸本 武流 OUT : [DF] 7 内田 裕斗
交代 前半35分
IN : [DF] 7 赤尾 公 OUT : [DF] 26 田中 奏一
後半39分
IN : [FW] 9 薗田 卓馬 OUT : [FW] 28 韓 勇太
後半44分
IN : [MF] 22 吉井 孝輔 OUT : [MF] 20 酒本 憲幸
前半32分 警告 狩野 健太
後半26分 警告 清武 功暉
警告
退場
後半43分 警告 ウイリアン
試合会場 白波スタジアム キックオフ 13:00
芝状態/グランド全面良芝/水含み 天候/風雨/弱風
気温/湿度18.3度/63% 観客数7483人
主審西村 雄一 副審1戸田 東吾
副審2日高 晴樹 第4審判亀川 哲弘
後半 前半   前半 後半
3 0 得点 0 4
0 0 PK 0 0
1 2 GK 3 7
11 4 シュート 2 8
6 11 FK 10 11
6 2 CK 1 3
1 1 イエローカード 0 1
0 0 レッドカード 0 0
1 0 オフサイド 0 2

スターティングメンバー

徳島 チーム 鹿児島
リカルド ロドリゲス 監 督 金 鍾成
1 永井 堅梧
G K 13 アン ジュンス
2 田向 泰輝
3 ヨルディ バイス
7 内田 裕斗
D F 26 田中 奏一
4 ウイリアン
19 堤 俊輔
24 砂森 和也
8 岩尾 憲
25 内田 航平
13 清武 功暉
17 表原 玄太
23 鈴木 徳真
M F 38 中原 秀人
18 野嶽 惇也
20 酒本 憲幸
17 中原 優生
15 藤澤 典隆
10 狩野 健太
14 杉本 竜士
F W 28 韓 勇太
[GK] 21 梶川 裕嗣
[DF] 5 石井 秀典
[MF] 32 小西 雄大
[MF] 11 野村 直輝
[MF] 33 藤原 志龍
[FW] 15 岸本 武流
[FW] 47 押谷 祐樹
SUB [GK] 31 大西 勝俉
[DF] 5 平出 涼
[DF] 7 赤尾 公
[MF] 22 吉井 孝輔
[MF] 32 牛之濵 拓
[MF] 21 八反田 康平
[FW] 9 薗田 卓馬

コメント

text by ヴォルスタ

■リカルドロドリゲス監督
【試合総括】
『前半はチャンスも作れて相手もしっかりボールを握ってコントロールできていたところもありました。相手にもチャンスはありましたが、前半の内容を見たら1点取って終わらせることができたんじゃないかと思います。 後半はミスで最初に失点してしまい、そこから立て続けに失点してしまいました。ただその後のリアクションは非常に良かったと思います。短い時間で2-2に追いつくことができて、そのあともいい流れの時間帯でした。その流れで(再び)失点しまいましたが、3-3にすることができました。3点目も取れてその流れで4-3にするチャンスもありましたが、いい流れが続かず、相手に決められてしまいました。 ポジティブなところもたくさんありましたが、今すぐに改善しなくてはいけないこともあります。その2つをしっかり見ながら、次の試合に向けていければと思っています』


【質疑応答】
Q=ポジティブな部分もあったということだったが、準備してきたことは出せていたのでしょうか?
A=『最初の時間帯、特に前半は良かったと思います。ただ相手の危険なエリアまで入っていくことができなくて、そこは修正しなくてはいけませんが、狙っていたゾーンや攻めていきたいところはうまく使うことができていたと思います。ただバイタルエリアのところ、決定的なところでなかなかゴールを奪えなくて、そこが改善点だと思います。後半になって失点してから急いでしまって慌ただしいゲームとなってしまいました。前半と(失点するまでの)後半の最初は良かったと思います』

Q=次の試合に向けて。
A=『まずは、今日できなかったことをしっかり洗い出して、また次の試合に向けてやっていければと思います。前を向いてやっていかなくてはいけないので、立ち止まるのではなくて、良かったところ悪かったところをしっかり見ながら、次の試合に向けてやっていかなくてはいけません』

Q=先ほど『前半は上手くいっていたが、相手の危険なエリアまで入っていくことができなかった』とおっしゃっていましたが、後半押谷選手と野村選手が入ってからはそのエリアに入っていけていたと思います。戦略としては同じだったのか、それとも彼らの判断だったのでしょうか?
A=『前半と後半やりたいことは同じでした。ただ野村選手について言うと、怪我上がりということでスタメンで起用することができませんでした。実際起用した時に違いを作ってくれたと思います。野村選手だけではなくて押谷選手と清武選手、その3人が攻撃を仕掛けて非常に良いプレーをしてくれたと思います』

Q= 4失点について。相手の素晴らしいゴールもありましたが、失点数としては多いと思いますが、原因についてどう捉えていますか?
A=『本当にそこが心配しているところです。実際プレシーズンの中ではこれほど簡単に失点することはなかったので。今日の前半についてもそれほどピンチはありませんでしたが、ただクロスの守備の対応が良くありませんでした。それからしてはいけない失点もあったので、それも敗因の一つだと思っています』


Q= スタメンの鈴木徳真選手と永井選手の評価を教えてください。
A=『2人ともプレシーズンうまく過ごしてくれていたのが起用の理由です。 鈴木選手については、中盤のところでアップダウンできてつなげる選手ということで起用しました。ただ選手の特徴として、想像性という部分では野村選手とはまたタイプが違うので、彼は非常にいい働きをしてくれました。 永井選手についても、プレシーズンから良くて起用しました。彼の特徴としては足元の技術にすぐれているので、それも起用した理由の一つです』


■ヨルディ バイス選手
『前半はすごく良い感じでゲームに入ることができましたし、チャンスも作ることができました。ただ後半は簡単なミスが増えてしまいました。そういったミスを繰り返しているうちは勝つことが難しいかなと思いました。誰か一人のせいではなくて今日はみんなそういったミスが多かったと思います。しっかりと試合を振り返って、次の試合に切り替えないといけないなと思います』



■岸本武流選手
『(入った時の指示は)2点リードされていて、僕が入って流れを変えて絶対に逆転してやろうという気持ち入りました。そこからいい形で2点入ったのは良かったですけど、そこから自分のミスから失点してしまって、そこはちょっと反省点です。
後から入ってくる選手が違いを見せなくてはいけないですし、ポジションを奪うためにもアピールしないといけないので、少しはアピールできたのかなと思います』



■鈴木徳真選手
『(開幕戦でのスタメン起用について)会場が鹿児島なだけで、いつもの試合と変わりなく、自分の気持ちの中ではリラックスして試合に入れたと思います。最初の方は感触は良かったんですがミスも多くて、少しもったいなかったです。
(監督からはどんな指示が?)戦術的には相手のアンカーをマークすることで、あとは立ち位置としては、あそこでボールを受けてチャンスメイクすることだったんですけど、結果的に何もできないまま、あそこで終わってしまいました。結果を出せなかったので次があるかわかりませんが、練習から突き詰めていかないと、試合には勝てない、それが目に見えた試合でした。
(今日の収穫は)狭いスペースでボールを受けて、ミスしないこと、それは当たり前なんですが、その質を上げないといけません。あとはゴール前で1回足を振ったんですけど相手にブロックされてしまって、そういう位置で足を振ってゴールを決められる選手にならないと使ってもらえないと思うので、そこの求める意志の強さをもう少し強くしていかないといけないなと思っています』


~試合前日コメント~
■岩尾 憲選手
『一日一日、自分たちのスタイルややらなきゃいけないことをやってきて、いよいよ開幕戦の鹿児島戦が迫ってきた中で個人的には非常にいい緊張感を持てていると思いますし、昨年の悔しい想いっていうのを開幕戦の最初の笛から出していけるように準備していきたいです。

チームの仕上がりはまだまだ完成には程遠いと思いますが、まあ何を持って完成かも分からないところですが、チームとしても課題が多いので、そこらへんが試合を通してパニックになり、終わってみれば何も残っていないということにならないように、しっかりやっていかなければならないと思っています。
本当に鹿児島とは初めての対戦なので、どちらかというと自分たちが何をしなくてはならないのか、目標達成のためにどういうチームでいなければいけないのかっていう部分にフォーカスした方が開幕戦に向けてはエネルギーになるのかなと思います。アウェイですし、とにかく難しい戦いになることは間違いないですけれども、鹿児島さんの雰囲気にのまれないように自分たちの強い気持ちを持って『自分たちのサッカーをする』というところを貫けたらと思います。

(ファン・サポーターの方にメッセージを)開幕戦はアウェイでまず厳しい戦いになるのは間違いないですし、現地に来られる方、映像で観戦される方、いずれにしても皆さんのためにも勝点3をしっかり持ち帰って、良い雰囲気でホーム開幕戦を迎えられたらと思います。』

 ~ハーフタイムコメント~
・主導権は握れている。後半も続けていこう。
・もっとボールを動かして相手を走らせて相手の隙をついていこう。


公式ファンサイト ヴォルティススタジアム

試合後の監督記者会見コメント、選手コメントはクラブ公認ファンサイト「ヴォルティススタジアム」により、提供されています。なお、「ヴォルティススタジアム」では、監督記者会見はもちろん選手5名以上のコメントが試合当日に掲載になります。「ヴォルティススタジアム」にぜひご登録いただき、ご覧ください。

PAGE TOP