Game information試合情報

試合日程・結果

2019年03月03日 明治安田生命J2リーグ 第2節

試合終了

vs FC岐阜
1

0 前半 0

1 後半 0

0
後半50分   清武 功暉
得点者
後半33分
IN : [DF] 22 藤田 征也 OUT : [MF] 14 杉本 竜士
後半42分
IN : [FW] 9 河田 篤秀 OUT : [MF] 23 鈴木 徳真
後半42分
IN : [MF] 17 表原 玄太 OUT : [FW] 15 岸本 武流
交代 後半4分
IN : [DF] 3 竹田 忠嗣 OUT : [DF] 34 北谷 史孝
後半28分
IN : [DF] 15 会津 雄生 OUT : [DF] 35 長倉 颯
後半37分
IN : [FW] 16 富樫 佑太 OUT : [MF] 28 永島 悠史
警告
退場
前半16分 警告 永島 悠史
前半43分 警告 風間 宏矢
後半47分 警告 竹田 忠嗣
試合会場 鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアム キックオフ 14:00
芝状態/グランド全面良芝/水含み 天候/風曇/中風
気温/湿度13.4度/41% 観客数7898人
主審岡 宏道 副審1福岡 靖人
副審2金次 雄之介 第4審判池田 一洋
後半 前半   前半 後半
1 0 得点 0 0
0 0 PK 0 0
5 3 GK 6 4
6 7 シュート 1 7
12 12 FK 6 6
5 7 CK 0 3
0 0 イエローカード 2 1
0 0 レッドカード 0 0
0 0 オフサイド 2 0

スターティングメンバー

徳島 チーム 岐阜
リカルド ロドリゲス 監 督 大木 武
21 梶川 裕嗣
G K 25 ビクトル
25 内田 航平
5 石井 秀典
2 田向 泰輝
D F 22 柳澤 亘
2 阿部 正紀
34 北谷 史孝
35 長倉 颯
8 岩尾 憲
23 鈴木 徳真
13 清武 功暉
11 野村 直輝
14 杉本 竜士
M F 31 宮本 航汰
30 中島 賢星
28 永島 悠史
14 風間 宏矢
15 岸本 武流
47 押谷 祐樹
F W 10 ライアン デ フリース
9 山岸 祐也
[GK] 1 永井 堅梧
[DF] 3 ヨルディ バイス
[DF] 22 藤田 征也
[MF] 32 小西 雄大
[MF] 17 表原 玄太
[MF] 10 狩野 健太
[FW] 9 河田 篤秀
SUB [GK] 21 原田 祐輔
[DF] 3 竹田 忠嗣
[DF] 15 会津 雄生
[MF] 6 三島 頌平
[MF] 23 小野 悠斗
[FW] 11 前田 遼一
[FW] 16 富樫 佑太

コメント

text by ヴォルスタ

■リカルドロドリゲス監督
【試合総括】
『試合全体を振り返ると、ある程度やりたいことができたと評価しています。特に前半は相手にとって危険なシーンを何度も作ることができていました。あとはその決定的な場面で決め切ることが重要だと声を掛けました。後半は清武選手が1本ポストに当てましたが、それ以外では相手に支配されている時間が多かったと思います。ただ、最後まで勝利を目指して戦い、最後の最後であのようなゴールを決めてくれました。内容にふさわしい結果となり、とても良かったと思っています』


【質疑応答】
Q=我慢強く、そして劇的に勝ち切った今、ファン・サポーターに送るメッセージは?
A=『チーム全体として、諦めず戦い続けるスピリットを感じていただけたと思います。皆さんの後押しの下、決定的な場面を作りながら90分間しっかりと戦い、相手にとってはこのスタジアムで守り切ることは難しいと感じさせられたのではないでしょうか』

Q=後方からのビルドアップではピンチになる場面があった。どう感じているのか?
A=『岐阜は前節、ショートカウンターの2本を得点につなげています。そこは今日のゲームで注意すべき点のひとつでした。今日危険な場面を作られたのは、我々の中に混乱があったのも事実です。ビルドアップはボールを動かすこと自体が目的ではなく、崩しながらチャンスを広げていくためのものなので、そこのところの整理はしていく必要があります』

Q= 今日のシステムについて教えてください。鈴木徳真選手がとても効果的にプレーしていたという印象があります。
A=『相手の形はわかっていたので、攻撃でも守備でも、中盤のセンターで数的不利にならず陣形を保つことに配慮しました。鈴木徳真選手ですが、鹿児島戦はシャドーポジションで起用しましたが、元々は今日プレーした位置が合っていると思っています。今日良い印象があったのは、本来のポジションでのびのびプレーしていたからなのかもしれません』


Q= 藤田選手を起用した狙いは?
A=『右サイドを突破して崩すというシーンは幾度かありましたが、なかなか上げ切れていなかったので、クロスを上げる部分に特徴を持っている藤田選手を投入しようと思いました。そこまでのリズムも良かったのですが、違うキャラクターを入れて変化を付けたかったからです。実際彼のアシストから勝利を呼び込むゴールが生まれました』

Q= ヨルディバイス選手に替えて石井選手を起用した理由は?
A=『石井選手は今シーズンここまで好調を維持していました。彼とヨルディバイス選手のどちらを起用するのかを考えた時に、石井選手の調子が良さそうだという判断の下、今日の先発に抜擢しました』



■清武功暉選手
『劇的でしたね、嬉しいです。前半はチャンスも多かったし、押谷選手、野村選手、そして僕がその流れの中で得点しなければいけなかったと思っています。攻撃では、高い位置を取る相手のSBの裏を突いて、両サイドから上手く崩せていました。これはチームとして狙っていたことのひとつでした。あとはゴール前への入り方やクロスの質、工夫したマイナスのボールだとかは、今後詰めていけば向上していくと思います。
2試合連続のゴールは僕自身の自信にもなります。でもまだ始まったばかりですし、ここで取れているからシーズンが上手くいくという保証はありません。取れない時期も来ると思いますが、そんな時期でもいかにチームへ貢献できるかを考えて、まずはチームのためにしっかり戦いたいです。』



■野村直輝選手
『試合前にやりたいと思っていたことは、ある程度出来ていたと思います。今日は前線の押谷選手と清武選手の位置を確認しながら、特に3人目の動きという部分は意識してプレーしていました。個人的には移籍して来て初のスタメン、そしてホームだったので、大事に試合へ入った感じです。良い時間帯もありましたし、コンビネーションでどうやってフィニッシュまで持っていくのかをもう少し詰めて、その時間帯に点を取れるようにしたいです。そうしないと、今日のように苦しい試合になってしまうので。
今日は清武選手でしたが、こんどは違った選手が結果を出すことで、チーム内に良い循環が生まれればと思います。』



■押谷祐樹選手
『リーグ戦のスタメン自体が1年半ぶりくらいだったので、さすがにちょっと緊張しました。そのせいか自分自身が少し硬かったようで、シュートを打ちたかった場面でボールの置きどころが悪く打てなかったり、精度が少し悪かったように思います。
守備面では相手のアンカーを消す役割がありました。ファーストディフェンダーとして行くよりも、まずはシャドーの選手が行く約束だったので、僕からスイッチを入れるということはなかったです。相手に回させて、入ってきたところに行くというやりかただったのですが、やられそうな場面は全て自分たちのミスからでした。そういう点から考えると、守備は上手くできていたのではないでしょうか。
全体的に見ると、前半何度か決められるチャンスがあったし、そこで決めていたらもっと楽な展開にできたかもしれません。しかし今節しっかりと勝利したこと、結果を出せたことは大きいと思います。』
 



~ハーフタイムコメント~
・押し込んでいる時こそ、我慢強くパスを回し崩していこう。
・攻守の切り替えをもっと速くおこない次の準備をすること。


~試合前日コメント~
■清武 功暉選手
『(今週どんな準備をしてきましたか)鹿児島戦ではクロスからの失点がセカンドボール含めてあったので、そういう部分に対してのアプローチと前線の攻撃の形を再確認してきました。 個人的には得点のところで貢献したいという気持ちはありますし、前節守備が崩れてしまったので全体でしっかりとした守備ができるようにしていきたいです。 (チーム内の雰囲気は?)鹿児島戦に負けた直後はチームの雰囲気も暗いかんじでしたが、みんなも切り替えていますし今週の練習では明るい雰囲気でやれていました! (サポーターにメッセージを)雨予報となっていて来場を迷っている方もいると思いますが、ホーム開幕戦なのでぜひ、チームの後押しをしていただけたらと思います』

公式ファンサイト ヴォルティススタジアム

試合後の監督記者会見コメント、選手コメントはクラブ公認ファンサイト「ヴォルティススタジアム」により、提供されています。なお、「ヴォルティススタジアム」では、監督記者会見はもちろん選手5名以上のコメントが試合当日に掲載になります。「ヴォルティススタジアム」にぜひご登録いただき、ご覧ください。

PAGE TOP