Game information試合情報

試合日程・結果

2019年03月16日 明治安田生命J2リーグ 第4節

試合終了

vs FC琉球
1

0 前半 1

1 後半 1

2
後半3分   内田 航平
得点者 前半37分   上門 知樹
後半30分   西岡 大志
後半14分
IN : [MF] 33 藤原 志龍 OUT : [FW] 47 押谷 祐樹
後半21分
IN : [MF] 10 狩野 健太 OUT : [MF] 17 表原 玄太
交代 後半11分
IN : [MF] 13 河合 秀人 OUT : [MF] 14 上門 知樹
後半24分
IN : [MF] 19 越智 亮介 OUT : [MF] 10 富所 悠
後半43分
IN : [MF] 8 小松 駿太 OUT : [MF] 20 上里 一将
前半9分 警告 清武 功暉
後半28分 警告 鈴木 徳真
警告
退場
試合会場 タピック県総ひやごんスタジアム キックオフ 18:00
芝状態/グランド全面良芝/水含み 天候/風曇/弱風
気温/湿度19度/35% 観客数3460人
主審榎本 一慶 副審1作本 貴典
副審2西水流 優一 第4審判正木 篤志
後半 前半   前半 後半
1 0 得点 1 1
0 0 PK 0 0
3 2 GK 5 7
4 4 シュート 5 5
6 6 FK 8 10
3 7 CK 1 2
1 1 イエローカード 0 0
0 0 レッドカード 0 0
1 0 オフサイド 2 4

スターティングメンバー

徳島 チーム 琉球
リカルド ロドリゲス 監 督 樋口 靖洋
21 梶川 裕嗣
G K 1 カルバハル
25 内田 航平
3 ヨルディ バイス
2 田向 泰輝
22 藤田 征也
D F 3 西岡 大志
2 増谷 幸祐
4 岡﨑 亮平
5 徳元 悠平
15 岸本 武流
8 岩尾 憲
23 鈴木 徳真
17 表原 玄太
M F 11 田中 恵太
20 上里 一将
6 風間 宏希
10 富所 悠
14 上門 知樹
13 清武 功暉
47 押谷 祐樹
F W 9 鈴木 孝司
[GK] 1 永井 堅梧
[DF] 5 石井 秀典
[DF] 7 内田 裕斗
[MF] 14 杉本 竜士
[MF] 33 藤原 志龍
[MF] 10 狩野 健太
[FW] 16 渡井 理己
SUB [GK] 23 石井 綾
[DF] 30 西河 翔吾
[DF] 33 福井 諒司
[MF] 8 小松 駿太
[MF] 13 河合 秀人
[MF] 19 越智 亮介
[FW] 15 和田 凌

コメント

text by ヴォルスタ

■リカルドロドリゲス監督
【試合総括】
『今日の試合は、前節とどうように敗戦はふさわしくなかったと思います。ただ攻撃の部分で焦りがあり、縦に急いでしまったりタメが作れなかったところは改善していかなくてはいけない部分です。ただチームとしてはしっかり戦ってくれたと思いますし、それぞれの選手がハードワークしてくれましたので、その点は良かったと思います。ただ先ほども言ったように、改善すべき点はあるので、そこをしっかり見ていきたいと思います』

【質疑応答】
Q=90分を通して徳島の時間が長く続きましたが、1点しか奪えなかった要因は?
A=『チャンス自体は作れていたのかなと思います。決定的なチャンスもありましたし、カウンターからもチャンスをありました。ただ決定力の差が相手との差になったのかなと思います。相手の1点目はセンタリング性のシュートが入ってしまい、2点目は完全に我々のミスだと思っていて、そこを突かれてしまいました。攻撃に関してはチャンスもつくれたので、あとは決定力を上げていくしかないのかなと思います』

Q=FC琉球のサッカーを研究しているなという印象を持ちました。どういったことを意識して試合に臨みましたか?
A=『(琉球は)中での崩しであったり、それから縦への速いカウンターがあるチームだと感じていて、そこををしっかり抑えていこうと思っていました。最初の時間帯、我々はあまり良くありませんでしたが、途中からは相手をうまく抑えることができたと思います。ただ先ほども話した通り、差になったのは決定力だったと思います』


■内田航平選手
『(ゴールシーンは)ああいうところはこぼれ球が絶対くるので、中に入って行けと言われています。ああいうところは結構くるので、そこだけをしっかり狙って、ゴールにつながって良かったと思います。
後半早い時間帯に同点に追いつけたのはよかったですけど、ああいう形で失点してしまって、すごくもったいなかったなと思います。
(全体の守備面はいかがでしたか?)重要なところはしっかり守れていたのかなと思いますし、危ない部分は少なかったと思います。(守備の)形としてはできているんですけど、どこか詰めが甘いというか、ここ何試合かすごくもったいない失点が多いです。「1点目は仕方ない」と言っても、あのシーンでは2回カウンターになっています。そういうところを詰めていかないといけないなと。たとえば縦にボールを入れて裏にひっくり返すプレーだったり、逆にセーフティに一旦切るプレーだったり、そういうゲームマネジメントの部分がすごく大事になってくるのかなと思います。そこは個の質にはなってくるんですけど、チーム全体として浸透してくればすごくよくなるのかなと思います』



■岩尾憲選手
『自分が試合を総括できるような立場ではないですけど、シュートを2~3本打ちましたし、一つでも決めていればチームを救えていたと思うので、そういうところに向き合っていきたいなと思います。
(パスの出どころとしてはボールも回っていましたが、それをシュートに結びつけるところまで至らなかったように見えましたが?)おっしゃる通りで、最後のクオリティ、シュートに行く過程、クロス、セットプレーを含めて…、自分たちの力の無さだと思います。
(これを次の試合にどう生かしていくのか)練習からしっかりやるという当たり前のところからやっていきたいです。一日に5~6時間も練習はできないので、練習の2時間にいかに集中してやっていくか。質の高い練習・集中したメンタルで取り組んでいくところで、まだまだプロフェッショナルではないなと感じるところがあります。自分ではやっているつもりでいますけど、自分のやっていることが周りに伝わっていないとしたらやっていないのと一緒なので、そういうところからしっかりやっていきたいです』



■藤原志龍選手
『(今季初出場でしたが?)求められていたことは得点に絡むことだったので、そこに関しては全然できませんでした。去年よりは慣れてきた部分はあるんですけど、まだまだです。
試合に出たら仕掛けてチャンスを多く違いを見せることを意識していました。やっぱり試合に出たら守備の部分もあるので、そこも絶対完璧にやらないといけないなと思いました。その点ではまだまだです。
(次の試合に向けて)次はスタメン取る気持ちで、練習から全力でやりたいです』



 ~ハーフタイムコメント~
・押し込んでいる時こそ中盤のバランスをしっかりとること。
・失った後の切り替えを素早くおこなうこと。
・両ワイドをうまく使っていこう。


~試合前日コメント~
■田向 泰輝選手
『(琉球戦向けてどんな準備をしてきましたか)攻撃の最後のところ、点を取るところだったりゴール前の質を高めるためのトレーニングはしっかりとしてきました。あとは自分たちがどのようにゲームを進めていけるのか、良い時間帯をなるべく多くして自分たちの苦しい時間帯をどれだけ減らせるかというところにフォーカスしてしっかり準備をしてきました。主導権の奪い合いのところで相手はカウンターの鋭さもありますし、相手ボールになったところですぐにボールを奪い返すことや、また相手の攻撃を十分に遅らせることができるかが大事なポイントになってくると思います。 (相手の印象について)すごく勢いにのっているチームだと思いますしこれまでのゲームを見てもなかなか簡単ではないゴールがよく決まっています。勢いにのっているチームはそういうゴールが決まりがちだし、自信をもってプレーしてくると思うので自分たちはたまたまではなく、しっかりとゲームをコントロールして自分たちの力で主導権を握れるようにやっていけば、勝つチャンスは十分にあると思います。 (明日はどういうプレーを見せたいですか)目指すところは自分たちのやりたいことではなくてゲームに勝つために攻守においてやるべきことをしっかりやっていくことだと思いますし、まずはそういうプレーをやったうえで周りを動かして勝つ方向に持っていけるようにやっていきたいと思います。 (サポーターにメッセージを)遠いところまで足を運び、僕たちの背中を押してくれることはありがたいので、そういう人たちのためにも戦う姿勢をしっかり見せて、沖縄まで応援に来て良かったなと思ってもらえるように内容と結果で示していきたいです 』

公式ファンサイト ヴォルティススタジアム

試合後の監督記者会見コメント、選手コメントはクラブ公認ファンサイト「ヴォルティススタジアム」により、提供されています。なお、「ヴォルティススタジアム」では、監督記者会見はもちろん選手5名以上のコメントが試合当日に掲載になります。「ヴォルティススタジアム」にぜひご登録いただき、ご覧ください。

PAGE TOP