Game information試合情報

試合日程・結果

2019年03月24日 明治安田生命J2リーグ 第5節

試合終了

vs 東京ヴェルディ
1

0 前半 0

1 後半 1

1
後半9分   岸本 武流
得点者 後半45分   李 栄直
後半34分
IN : [DF] 7 内田 裕斗 OUT : [MF] 14 杉本 竜士
後半37分
IN : [MF] 10 狩野 健太 OUT : [MF] 11 野村 直輝
後半44分
IN : [MF] 23 鈴木 徳真 OUT : [FW] 15 岸本 武流
交代 後半19分
IN : [DF] 2 若狭 大志 OUT : [DF] 23 田村 直也
後半33分
IN : [MF] 7 渡辺 皓太 OUT : [MF] 6 井上 潮音
後半38分
IN : [MF] 16 森田 晃樹 OUT : [FW] 18 端戸 仁
後半22分 警告 ヨルディ バイス
警告
退場
前半26分 警告 端戸 仁
試合会場 鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアム キックオフ 14:00
芝状態/グランド全面良芝/水含み 天候/風晴/中風
気温/湿度12.3度/37% 観客数4851人
主審吉田 哲朗 副審1金井 清一
副審2日比野 真 第4審判西山 貴生
後半 前半   前半 後半
1 0 得点 0 1
0 0 PK 0 0
9 1 GK 6 3
6 6 シュート 2 6
2 5 FK 9 4
0 3 CK 1 2
1 0 イエローカード 1 0
0 0 レッドカード 0 0
0 0 オフサイド 0 1

スターティングメンバー

徳島 チーム 東京V
リカルド ロドリゲス 監 督 ギャリー ジョン ホワイト
21 梶川 裕嗣
G K 21 上福元 直人
25 内田 航平
3 ヨルディ バイス
2 田向 泰輝
22 藤田 征也
D F 23 田村 直也
3 近藤 直也
5 平 智広
24 奈良輪 雄太
8 岩尾 憲
32 小西 雄大
14 杉本 竜士
11 野村 直輝
M F 6 井上 潮音
17 李 栄直
19 小池 純輝
9 佐藤 優平
13 清武 功暉
15 岸本 武流
F W 18 端戸 仁
11 林 陵平
[GK] 31 長谷川 徹
[DF] 5 石井 秀典
[DF] 7 内田 裕斗
[MF] 23 鈴木 徳真
[MF] 10 狩野 健太
[MF] 33 藤原 志龍
[FW] 9 河田 篤秀
SUB [GK] 26 鈴木 智幸
[DF] 2 若狭 大志
[DF] 22 永田 拓也
[MF] 7 渡辺 皓太
[MF] 8 内田 達也
[MF] 16 森田 晃樹
[MF] 38 梶川 諒太

コメント

text by ヴォルスタ

■リカルドロドリゲス監督
【試合総括】
『今日は全体的に試合をコントロールすることができていました。しかし前半は相手にとっての危険な場面を数多く作ることはできず、押し込んでいながら無得点となりました。後半は流れの中から得点できたことは良かったと思います。相手も選手交代でシステムを含めた戦い方を変えてきましたが、ピッチの中で上手く対応してくれていました。 クロスからチャンスを作るというのは、相手の特徴的な攻撃として認識していました。よってその部分を簡単にやらせないということ、またリードしている状況の中で、できるだけ我々がボールを持つことで相手に攻撃の時間を与えないようにしようと思っていました。しかし最後の最後、説明のし難い得点を決められ、このような結果となりました。』


【質疑応答】
Q=ボールを保持して相手をコントロールすることはできていながら、相手にとって危険なプレーの数が増えない要因はどこにあると考えているのか?
A=『映像を見て分析をしていないので、その説明をするのは簡単ではありません。今日のプレーがとても良かったのかと言えばそうでもありませんが、チャンスを作れていたしゴールも奪えました。ただしゴールの後、相手にボールを持たれる時間が長くなり押し込まれてしまいました。そこは改善点だと思っています。』

Q=岸本選手が最前線にいることで、チームにどんなメリットが与えられていたのか?
A=『彼はスペースへ出て行けることが特徴の選手です。今日の得点も、彼が相手DFの後ろを取って決めたものでした。そこはとても評価しています。しかし、彼も他のFW同様に一人で前線に残るというよりは、二人、もしくは近くでプレーしてくれる誰かがいることで、さらにやりやすくなるのかもしれません。』

Q= 選手交代の意図は、1点を守ろうとするところにあったのか?
A=『杉本竜士選手はプレーできる状態ではなくなったので、内田裕斗選手と交代しました。その後の二人、狩野選手と鈴木徳真選手の役割は同じで、できるだけ我々がボールを持って主導権を握り攻撃し続けることで、相手の攻撃時間を短くさせるというものでした。ですから、守備的に守り切るというよりは、ボールを持って守備の時間を短くするような攻撃を続けたかったということです。 』


■岸本武流選手
『今日はトップだったので、僕が裏へ抜けて深い位置で起点になり、分厚い攻撃につなげようと思っていました。野村選手から良いパスをもらって、流れの中で得点することができましたし、少しは起点になった場面もありました。しかしその回数を増やすことや前線からの守備の仕方で難しかった面があったのも事実です。
まだまだ決定機の数は少ないと思っています。決定機を作るためにサイドへボールを散らしたり、2列目からの飛び出しだったり、動きの連動性を高めていかなければいけません。
複数のシステムを使ったり、メンバーの顔触れも変わりますが、チームとしてやるべきことは変わっていないので、そこは忘れることなくプレーしたいです。』



■小西雄大選手
『今シーズン初出場で気合が入りました。ポジションは岩尾選手とのダブルボランチで、中央をしっかりと閉めながらバランスを考えたプレーができたと思います。攻撃については、前半はより前でというか、相手のDFと中盤の間でボールを受けることを求められていました。チームとしてチャンスは何度かありましたが、個人的にその点はあまり上手くいきませんでしたので、後半は少し立ち位置を修正して、ボールを触りながらリズムを作ろうとしました。
サイドから良い攻撃ができた場面がありました。中央を意識させているので相手が絞り、サイドにスペースが空いてくるからだと思っています。連携に改善点はあると思いますが、チームのストロングポイントのひとつになっていると思います。』



■清武功暉選手
『風向きのこともあったし、先制した後は割り切って、引いた中でのカウンター狙いという意思統一はできていました。でも流れの悪さというか、勝てていないときの不運な失点というか。琉球の時の1点目もそうですけど、あのような失点をくらってしまいます。本当に悔しいです。
ボールの動かし方も、選手同士の関係も良かっただけに、前半で作ったチャンスで得点できなかった後悔もあります。これを続けていくしかないし、ひとつ結果を出すことで流れを持ってこれそうな気もするので、我慢して続けるしかないと思います。』


~ハーフタイムコメント~
・ボールを動かしながら逆サイドへの展開を狙おう。
・守備はコンパクトに前からしっかりプレスをかけていこう。

~試合前日コメント~
■内田 航平選手
『前節はゴール前で精度をかいてしまうところがあったので今週はそういった問題を改善出来るように「得点」を意識したトレーニングをおこなってきました。 現に得点のところで今シーズンはここまで思うような結果が出ていませんので、前は得点のところで質にこだわること、後ろに関してはしっかりと粘り強く戦い無失点で抑えたいと思います。 (東京Vに対する印象は?)個が上手い選手が多くて、気を抜いたらやられるなという印象です。試合を通して集中し続けることが一番カギになってくると思います。チーム全体としてアグレッシブに戦い続けてとにかく勝つためのサッカーをしたいです。 (サポーターにメッセージをお願いします)必ず勝つのでぜひ、スタジアムに来て応援してください!』


公式ファンサイト ヴォルティススタジアム

試合後の監督記者会見コメント、選手コメントはクラブ公認ファンサイト「ヴォルティススタジアム」により、提供されています。なお、「ヴォルティススタジアム」では、監督記者会見はもちろん選手5名以上のコメントが試合当日に掲載になります。「ヴォルティススタジアム」にぜひご登録いただき、ご覧ください。

PAGE TOP