Game information試合情報

試合日程・結果

2019年05月19日 明治安田生命J2リーグ 第14節

試合終了

vs モンテディオ山形
1

1 前半 0

0 後半 1

1
前半9分   内田 裕斗
得点者 後半35分   ジェフェルソン バイアーノ
後半16分
IN : [DF] 19 鈴木 大誠 OUT : [MF] 14 杉本 竜士
後半23分
IN : [FW] 9 河田 篤秀 OUT : [FW] 18 佐藤 晃大
交代 後半10分
IN : [FW] 9 ジェフェルソン バイアーノ OUT : [FW] 10 井出 遥也
後半24分
IN : [MF] 18 南 秀仁 OUT : [MF] 6 山田 拓巳
後半43分
IN : [MF] 8 アルヴァロ ロドリゲス OUT : [FW] 11 阪野 豊史
前半32分 警告 杉本 竜士
前半46分 退場 清武 功暉
警告
退場
後半30分 警告 坂元 達裕
試合会場 鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアム キックオフ 14:00
芝状態/グランド全面良芝/水含み 天候/風曇/中風
気温/湿度22.5度/60% 観客数5207人
主審鶴岡 将樹 副審1穴井 千雅
副審2塚田 健太 第4審判花川 雄一
後半 前半   前半 後半
0 1 得点 0 1
0 0 PK 0 1
9 6 GK 8 3
2 5 シュート 2 6
9 10 FK 6 4
1 4 CK 0 2
0 1 イエローカード 0 1
0 1 レッドカード 0 0
0 0 オフサイド 0 0

スターティングメンバー

徳島 チーム 山形
リカルド ロドリゲス 監 督 木山 隆之
21 梶川 裕嗣
G K 21 櫛引 政敏
5 石井 秀典
3 ヨルディ バイス
2 田向 泰輝
D F 23 熊本 雄太
3 栗山 直樹
19 松本 怜大
8 岩尾 憲
32 小西 雄大
7 内田 裕斗
14 杉本 竜士
11 野村 直輝
M F 4 三鬼 海
7 岡﨑 建哉
17 中村 駿
6 山田 拓巳
13 清武 功暉
18 佐藤 晃大
F W 27 坂元 達裕
11 阪野 豊史
10 井出 遥也
[GK] 31 長谷川 徹
[DF] 19 鈴木 大誠
[MF] 17 表原 玄太
[MF] 10 狩野 健太
[FW] 15 岸本 武流
[FW] 47 押谷 祐樹
[FW] 9 河田 篤秀
SUB [GK] 30 佐藤 昭大
[DF] 2 田村 友
[DF] 29 ホドルフォ
[DF] 36 柳 貴博
[MF] 8 アルヴァロ ロドリゲス
[MF] 18 南 秀仁
[FW] 9 ジェフェルソン バイアーノ

コメント

text by ヴォルスタ

■リカルドロドリゲス監督
【試合総括】
『今日の試合は相手をコントロールできていたと思います。試合への入りも良かったですし、相手陣内でのプレー時間も長かったと思います。風下であったにもかかわらず、あれだけしっかりと攻撃の形を作りチャンスも多くありました。先制した前にも決定機はありましたし、先制した後にも2-0にできる機会はありました。退場者が出てシステムを変えなければいけない状況になりました。相手がFWを追加してきたので、我々もCBを入れてシステムを変えクロスボールへの対応を強化しました。それまでの時間帯は数的不利ながら、耐えてあわよくば追加点という場面もありました。残念ながらPKを取られて同点にされてしまいましたが、勝利に相応しいプレーをお見せできたと思います』

【質疑応答】
Q:今日の試合が勝利に相応しい内容だったのは、佐藤選手の活躍も要因のひとつだと思います。佐藤選手の評価を教えてください。
『非常に良いプレーをしてくれました。今日彼を起用した意図としては、山形が前からプレッシングしてくるチームなので、足元でつなぐだけではなく、時には相手を引き付けてからアバウトなロングボールを入れるので、それを前線で収めてもらいたかったということです。その他にも彼を入れることで幾つかのアドバンテージが得られると思ったので起用しました。実際、今日の試合の中で彼は効いていたと思います』
 
Q:終盤はクロスボール対応のためCBを増やしましたが、山形の右サイド三鬼選手に対しては、対応する内田(裕)選手にどのような指示を与えましたか?
『左右どちらのサイドも、クロスを上げさせないためにもっと前に出るよう指示をしました。しかし山形はただクロスを上げるというだけではなく、寄せると近いところへつないで、行かなければクロスを上げるといった使い分けを上手くやっていたので思うようには出られませんでした。今日の彼らの戦い方はよくトレーニングされていると思いました』
 
Q:結果的には前半に追加点が取れなかったことで、引き分けになってしまいました。
『退場者を出す前にも決定機がありました。そこで決めて2-0で折り返すことができていれば、より勝利へと近づいていたのかもしれません』
 
Q:今日、選手たちが見せた最後まで戦う姿勢は、今後のリーグ戦に活かしていくべきだと思うのですが。
『おっしゃる通り、全員が最後の最後まで全力で戦ってくれました。そのことに対して誇りに思っています。結果的に勝点3を取ることはできませんでしたが、勝点以外にも得られるものがあったのではないかと思っています。それは最後まで信じて戦うことや全員が見せたスピリットです。そういうことをこれからもしっかりと出していければ、どこが相手でも勝てる可能性があると思っていますし、選手たちも同じ考えだと思います』
 


■内田裕斗選手
『ゴールを決められたことは良かったです。でも前半のうちにまだまだ決められるチャンスはあったので、そういうところで決めておかないと、今日のような展開になった時に苦しくなります。相手どうこうではなく、自分たちが先制して追加点も取り、しっかりとゼロで守るということが僕たちのやりたい戦いです。その点で今日は良い入り方をして先制し、それ以外にもチャンスを作りました。あとはそこで決め切りたかったです。
後半は人数が一人少ない中でしたがみんなしっかりと守備をしていました。失点してしまったので良かったとは言えませんが、気持ちのこもった試合はできたと思います。
今日は清武選手とサイドで組んでいました。互いの動きを見ながら空いたスペースを上手く使うことができたと思います。ここ数試合オーバーラップする機会が多くあるので、コンビを組む選手とサイドを崩し切ってゴールやアシストに絡みたいです』



■野村直輝選手
『今日は見に来てくれた人に感じてもらえたと思うのですが、僕も大事にしてきた「チームのために」という気持ちを全員が出したと思います。岩尾選手が試合前に「スーツを着てスタジアムに来ている選手がいるけど、彼らの分も戦おう」という話をしてロッカーを出ました。先週も選手だけのミーティングをして、全員が発言し、思っていることを全部出してもらいました。僕も犠牲心や「チームのために」という部分について話しをさせてもらいました。全員で熱くなれるように、そしてぬるま湯の中にいる選手が試合に出られないような環境を作っていければ良いと思いますし、そういう雰囲気ができあがると今日のような試合ができます。首位を相手に試合をしても、どっちが首位かわからないような内容だったと思います。僕たちはJ1みたいに一人でやり切ってしまう選手の集まりではありませんが、みんなで戦えば今日みたいな試合ができるし、最低限の勝点1を数的不利でも掴めます。ちょっとした意識だけでこれだけ変わるということは、もっとできるということですし、気持ちとか姿勢をベースに残り試合を戦っていけばあとから結果も付いてくると思います。毎日のトレーニングから大切にして、出る選手が出られない選手の分までヴォルティスを背負って代表としてやるという部分を忘れずにやっていきたいです。
あとは、そういう姿勢とか目に見えない部分のみんなの気持ちをつなげていけるような選手でありたいと思っていますし、それが僕のストロングポイントのひとつだとも思っています。これからもそれは大事にしながらやっていきたいです』



■佐藤晃大選手
『今日は風もありましたし、多少ラフなボールが来てもしっかり収めて、味方を活かすようなプレーをしようと心掛けました。その部分は少しですが貢献できたかもしれません。あとは自分の得点です。今日はシュートが打てなかったので、そういうところは改善していきたいです。チームとしては足元、そして前から来たら裏返すようなロングボールのバランスが良かったです。流れの中で臨機応変にやれていました。
今日は全員が気持ちを出してプレーできていたと思います。同点に追い付かれた後も数的不利な状況にもかかわらず踏ん張り、逆にチャンスも作りました。僕たちに圧倒的な個の力はないので、チーム一丸となって戦わないと勝点を積み上げていけません。そういった姿勢は見せられたと思います』


~ハーフタイムコメント~
・コンパクトにして全員で守備をすること
・キツい時間帯は必ずくるだろうけど全員で最後まで戦おう
・気持ちで負けないこと、絶対に勝つぞ


~試合前日コメント~
■野村 直輝選手
『(山形の印象について)木山さんのサッカーで、やりたいことやれていてプラスα組織力があるように思います。戦うところや最後まで走り切るところ、そういったフィジカル的なところもここ何試合かを観て相手より上回っているシーンが多くあるので、そういう部分でも今の順位に繋がっているのかなと思います。自分たちとしては押し込んでいる時の崩しの形はしっかりトレーニングから確認してやってきたので、自分たちのアイデアとタイミングが合えばチャンスは作っていけるかなと思います。 (どんなプレーを見せていきたいか)個人的にも前にガンガンいくような姿勢を見せられたら、また後ろの選手にも刺激を与えられると思いますし、そういう存在になっていきたいと思っています。 細かいプレーのところで、いつも相手の中間地点に立つことを考えていて相手がマークを付きづらいような動きを意識しているのと、あとは簡単にボールを失わないことはまず大前提に考えています。それはどこのポジションでも同じで当たり前ではあるんですけど、自分の良さでもあるパスだったりコンビネーション、前への意識は前節の柏戦、あまりイメージが良くなかったのですが、観ている人が得点を期待できる場面というのを増やしていけたらなと思います。 山形も調子良いので対人とか粘り強さは組織としてもしっかりしているし、そこに負けないようにチームでやっていきたいです。』


公式ファンサイト ヴォルティススタジアム

試合後の監督記者会見コメント、選手コメントはクラブ公認ファンサイト「ヴォルティススタジアム」により、提供されています。なお、「ヴォルティススタジアム」では、監督記者会見はもちろん選手5名以上のコメントが試合当日に掲載になります。「ヴォルティススタジアム」にぜひご登録いただき、ご覧ください。

PAGE TOP