Informationインフォメーション

ニュース

【2017.07.26】

子どもの体力向上テキスト「とくしまチャレンジプログラム」の発行について(7/26追記)

このたび、徳島県教育委員会と連携して、子どもたちに「体力の向上」について興味や関心を持ってもらえるように、「とくしまチャレンジプログラム」を作成し配布することが決まりましたのでお知らせいたします。平成25年から継続して作成し、今回で5回目の発行になります。
なお、「学校体育はつらつサポート事業」において、本テキストを活用した実技指導も予定しております。

(7/26追記)
徳島県のホームページより、テキストのデータがダウンロード出来るようになりました!
 
「とくしまチャレンジプログラム」
 
 
【子どもの体力向上冊子「とくしまチャレンジプログラム」について】
■内容
基礎的な運動能力「蹴・走・跳・投」について、学校や家庭で簡単に出来る運動プログラムに今回新たに「捕」の運動プログラムや「握力」を加え、他に柔軟やバランス感覚の運動についても掲載しています。
さらに、「元気なあわっ子憲章」の憲章文を掲載し、健康な身体をつくる大切さについて説明しています。
■発行
徳島県子どもの体力向上推進委員会(徳島県教育委員会 体育学校安全課)
■監修
徳島大学 教授 佐藤 充宏(スポーツ社会学)
■作成部数
10,000部
■配布先
徳島県内小学3年生児童および教職員 8,000人
その他、県教育委員会の体力向上事業などで活用予定
■冊子の形態
A4サイズ(横)28ページ
■配布時期
2017年7月中旬
■主な内容
①「蹴る」「走る」「跳ぶ」「投げる」「捕る」、「柔軟体操」「バランス感覚」の運動プログラム、「握力」の計測方法
②選手のフォーム(蹴・跳・走・投・捕)分解写真
③望ましい生活習慣や食習慣、運動習慣(元気なあわっ子憲章)
④チーム紹介
■掲載
リカルドロドリゲス監督、ヴァシリェヴィッチ選手、藤原広太朗選手、岩尾憲選手、渡大生選手、長谷川徹選手、小西雄大選手

PAGE TOP