Informationインフォメーション

ニュース

【2017.09.19】

9月2日(土)松本山雅FC戦での観戦ルール違反者への処分についてのご報告

9月2日(土)松本平広域公園総合球技場にて開催されました、明治安田生命J2リーグ第31節松本山雅FCにおいて、試合中~試合終了時に徳島ヴォルティスサポーターによる観戦ルールに違反する行為が発生し、本件に関する情報収集に努めてまいりました。下記の通りの事実確認と処分内容の通告を行いましたのでご報告いたします。
ご迷惑をお掛けした松本平広域公園総合球技場でご観戦された全ての皆様、運営主管である松本山雅FC様をはじめとする関係者の皆様に、改めて心よりお詫び申し上げます。

【観戦ルール違反者への処分について】
下記違反行為は、Jリーグまたはクラブで禁止されている行為です。このため、Jリーグで定める統一基準に照らし合せて、違反者に対して以下の処置を決定しました。

■違反行為(1)
侮辱的行為(ピッチに向けて中指を立てる行為)
■対象者
1名
■処分内容
入場禁止(9月10日からのホーム5試合)
※入場禁止期間中のアウェイゲームを含む

■違反行為(2)
危険な姿勢での観戦、応援(試合中~試合終了時に、フェンスや手すりに腰を掛けたり、またがったりする行為)
■対象者
4名
■処分内容
厳重注意
※今回の行為者が所属するサポーター団体1団体に対し、団体登録を抹消し、団体での応援活動を禁止することといたしました。


【徳島ヴォルティスの目指すスタジアムについて】
徳島ヴォルティスは、「安心で快適なスタジアム」「あたたかい雰囲気のあるスタジアム」を目指すとともに、再発防止に努め、引き続きファン・サポーターの皆さまと、コミュニケーションを図ってまいります。
ファン・サポーターの皆さまにおかれましては、観戦マナー・ルールやJリーグ統一禁止事項を遵守いただき、ご観戦(ホーム・アウェイに関わらず)くださいますよう、ご理解とご協力をお願い申し上げます。

PAGE TOP