Game information試合情報

試合日程・結果

2016.03.20 明治安田生命J2リーグ 第4節

vs 東京ヴェルディ

徳島ヴォルティス VS東京ヴェルディ
0 0 前半 0 1
0 後半 1
得点 77分 高木 善朗
72分 大 淳矢 → 佐々木 一輝
79分 山 凌吾 → 佐藤 晃大
79分 渡 大生 → 前川 大河
交代 45分+2 ドウグラス ヴィエイラ → 平本 一樹
58分 船山 祐二 → 高木 大輔
71分 南 秀仁 → 楠美 圭史
29分 山 凌吾
警告
退場
試合会場 味の素スタジアム キックオフ 13:03
天候 晴時々曇、中風 気温 18.2
湿度 38% ピッチ 全面良芝、乾燥
入場者数 3,813 主審 中村 太
試合時間    

スターティングメンバー

徳島ヴォルティス チーム 東京ヴェルディ
長島 裕明 監 督 冨樫 剛一
1 相澤 貴志 G K 1 柴崎 貴広
4 藤原 広太朗 D F 2 安西 幸輝
5 石井 秀典 23 田沼 直也
2 福元 洋平 3 井林 章
25 冨田 大介 6 安在 和樹
10 大 淳矢 M F 30 高木 純平
8 岩尾 憲 13 船山 祐二
14 濱田 武 11 南 秀仁
7 木村 祐志 10 高木 善朗
9 アラン ピニェイロ
16 渡 大生 F W 17 ドウグラス ヴィエイラ
17 山 凌吾
GK 29 杉本 大地 SUB GK 26 太田 岳志
DF 26 橋内 優也 DF 5 平 智広
DF 22 広瀬 陸斗 DF 19 大木 暁
MF 28 井澤 惇 MF 14 澤井 直人
MF 13 佐々木 一輝 MF 28 楠美 圭史
FW 23 前川 大河 FW 18 高木 大輔
FW 18 佐藤 晃大 FW 25 平本 一樹

コメント

text by ヴォルスタ

■長島 裕明監督
【試合総括】
『勝つことが出来なくて残念です。守り切って失点0で勝点1を取って帰るというのが最低限の目標だったので、非常に悔しく思っています。また遠くのアウェイにもかかわらず、多くの徳島サポーターが見に来てくれた中で、その方々に本当に申し訳なく思っています。』

【質疑応答】
Q=後半、木村選手のポジションを移した理由は?
A=『それまで、ちょっと押し込まれ過ぎていたので、ボールをカット出来てもつなぐことが出来ていませんでしたし、蹴ったボールを相手に拾われることが多くて、守備が少しきついかなと思っていました。そういう時間帯で、左サイドに多くポジションを取っていた木村に対して、前線でためる時間を作るために、山浮フ下の位置へポジションを移動させました。ポジションを変えた後は、流れを少しこちらに持ってこれたと思います。』

Q=4試合で勝点1という状況について。今日の試合も何度か少ないチャンスはあったが、次の試合へ向けてどう向かっていくのか?
A=『リスタートも含めて本当に少ない回数しか決定機を作れていないのは事実なので、そういった決定機を増やしていくことを続けなくてはいけません。今日はそれが全く出来なかったと思っています。ただ、今までの中ではしっかり守りから入った試合だったので、その部分で選手達に少し伝わりすぎてしまったのではないかと思います。』

Q=ボールを奪いにいっても奪えない、ボールを持ってもすぐ奪われてしまう。球際で負けるシーンも多かったように見えたのですが、ベンチからどのように見られていましたか?
A=『球際、切り替えの速さ、局面で駆け引きをしてくるのが相手の特徴で今週伝え続けていましたが、見た通りだと思います。引き続き、向上するように続けて行きたいと思っています。』

Q=次はアウェイ讃岐との対戦ですが、どのように臨みますか?
A=『まずは、今まで続けてきたことをもう一度見直して、それを出来るかどうかということから考えていきたいと思っています。』


■石井 秀典選手
『(前半守備的にプレーして失点0で折り返せました)前半は守備的でしたけど、何回かチャンスはあったので、押し込まれながらもうまくいっていたと思います。
(後半は少し押し込まれる時間が長くて失点してしまいました)最初押し込まれた中で、どう押し出していくか、うまくいかなかったと思います。もっと前に強気に押し出していければ、プレッシャーをかけていければうまくボールを取れる場面もあったので、そういう場面を多く作れるようにしたいと思います。
(次節へ向けて)厳しいスタートになってしまいましたが、いい時間帯もあるので、もっともっと伸ばしていけるように。悪い時間をしっかり耐えて、悪い流れをいい流れにもってこれるようにしていきたいと思います。』


■佐々木 一輝選手
『(今季初出場となったが)なかなかメンバーにも入れなくて、いつかチャンスが来ると思いながらやっていました。少しですけど出れたことが一歩前進かなと思います。
(どんな指示を受けてピッチに入りましたか?)僕の特徴を活かすというか、仕掛けていけということでした。試合を見ていて、大舞I手のところで縦に仕掛ける場面が少なかったように見えました。相手の深い位置でのクロスとかドリブルでの仕掛けが無かったので、そこを求められていたんだろうと思います。ただ、結構押し込まれていたので、あまり思うようにボールも来ませんでした。
前半から全体的にヴェルディがプレッシャーに来ていたので、そこで僕らがどう回避するのかという糸口を見つけることが出来なかった気がします。そんな感じでズルズルいってしまった試合でした。』


■藤原 広太朗選手
『チームの結果が出ていない中でのスタメンだったので、まずはしっかり自分自身もそうですしチームとして失点しないようにゲームに入ろうと心掛けてプレー出来ました。その分、大雑把な展開になってしまったので、もう少しボールをつなぎながらやっていきたいです。試合の入りの部分ではシュートまでいけていたので、相手が押し込んできたときに、どうやってかいくぐっていくのかということがもう少し出来れば良かったかなと思います。
(押し込まれた時の修正は?)後半に関してはあんまり恐れずにボールを回そうということと、少しラインを高くしてDF、中盤、FWのラインの間をコンパクトにすること、をもう少し出来れば良かったかなと思います。
(次の讃岐戦へ向けて)
なかなか結果が出ていないので、プレーが臆病になってしまっているので、もう少しポジティブにゲームに入ることと、もう少し思い切ってプレーすることが大切かなと思います。』


〜ハーフタイム監督コメント〜
・押し込まれた中、良く粘ってゼロで折り返したぞ。
・もう一度落ち着いて入って、怖がらずにチャレンジしていこう。


〜試合前日コメント〜
■木村 祐志選手
『途中から出場して、球際や切り替えの部分で負けないことと、ボールを受けてしっかり収められるように意識しました。2点追いつけたのは良かったですが、シュートが少ないのでもっと積極的にゴール前にボールを入れる場面や強引にでもシュートを打てるようにしていきたいです。
相手は若くて個人で上手い選手が多いので、そういった部分に気を付けながら、球際の部分で負けないように頑張ります。応援よろしくお願いします。』


公式ファンサイト ヴォルティススタジアム

試合後の監督記者会見コメント、選手コメントはクラブ公認ファンサイト「ヴォルティススタジアム」により、提供されています。なお、「ヴォルティススタジアム」では、監督記者会見はもちろん選手5名以上のコメントが試合当日に掲載になります。「ヴォルティススタジアム」にぜひご登録いただき、ご覧ください。

page top